いつがベスト?会社への結婚報告マナー
shutterstock.com
LIFE STYLE

いつがベスト?会社への結婚報告マナー

2018/05/30

人生の一大イベント「結婚」。嬉しい出来事だからこそ、会社への報告は礼儀正しくスマートに行えたらいいですよね。そこで、彼との結婚が決まった時の、会社への報告手順や押さえておきたいマナーをご紹介します。

会社に報告するときの順番は?

結婚が決まったら、入籍の3~4ヶ月前には会社へ報告することが望ましいです。「結婚します」という報告はもちろんのこと、結婚後にどうするのかを整理して伝えるのが大人のマナーです。

(1)仕事を続けるのか
(2)引越しの予定はあるのか
(3)苗字が変わるのか(社内での呼び名が変わるのか)
(4)結婚式を挙げるのか

など、会社に影響がありそうな情報をまとめ、まずは直属の上司に報告を。
上司の上長(直属の上司が課長なら部長)へは、あなたが直接伝えるか、上司から報告をしてもらうのかは、上司に判断してもらうとよいでしょう。

同僚への報告は、上司・上長への報告が終わった後にしましょう。嬉しさのあまり勢いでSNSに書いたり、うっかり先に同僚に話してしまい、あなたが報告する前に上司に伝わってしまうのは、社会人としてNG。

特にSNSは彼にも影響することがあるので、発表の仕方には十分に気を付けて。

夫婦が同じ会社の場合に気を付けることは?

社内恋愛の末に結婚することになったなら、いつそれを周りに伝えるのか発表日を二人で決めましょう。彼と同じ部署なら揃って上司に報告、違う部署なら同じくらいのタイミングでそれぞれが直属の上司に報告するのが望ましいです。
同じ部署内での結婚の場合、会社によってはどちらかが異動になることもあるようです。これまでの慣習を事前に調べておき、もし異動がある場合はどうするのか、事前に彼と話し合っておくとよいですね。
また、あなたと彼の言っていることが違うということにならないように、前章の(1)から(4)については、きちんと話し合い同じ認識をもっておきましょう。

上司や同僚を結婚式へ招待する時のポイントは?

結婚式への招待客決めには、事前に基準を設けておくのがおすすめです。
例えば、同じ部署の方だけを招待することもあるでしょうし、同期は全員招待するということもあるでしょう。あの人は呼ぶけどこの人は呼ばないというふうに感覚で決めてしまうと、後にトラブルのもとになることもあるので、基準に沿った人選を。
また、もし結婚式で上司にスピーチをお願いするのであれば、式の前に彼の紹介もかねたお食事会にご招待するとよいですね。
「結婚式は花嫁が主役」なんて言われることもありますが、新郎新婦はゲストの皆様をおもてなしする側でもあることを忘れないで。きちんと礼を尽くしましょう。

おめでたいことだからこそ、結婚を報告する側もされる側も、気持ちよく対応できたらいいですよね。あなたの結婚が決まったときには、ぜひポイントをおさえて実践してみてください。

------------------------
Editor:Megumi Fukuchi
------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW