HOROSCOPE

ヴィーナスマイの愛の女神通信【vol.6 失恋とヘアスタイルの関係性】

2018/05/04

人気の美人占いユニット、mailoveのヴィーナスマイさんの単独連載が読めるのはMINEだけ! 読むだけで女性の生まれ持った美しさと本来の魅力が輝き出す、スピリチュアルコラムを隔週でお届け。
HOROSCOPEカテゴリーでも占いの連載を行っているのでどちらもチェックしてみて。

「失恋をしたら、髪を切る」。

古今東西まことしやかに言われていることだけれど、さて、本当に、実際に、効果があると思うかしら?

…… 答えは、「イエス」よ。
髪を切ると、気分がさっぱりするだけではなくて、見えないエネルギーの部分も一新することができるの。

髪に溜まった古いエネルギーは、古い恋の想い出。たとえまだ気持ちに整理がついていなくても、エネルギー的に、そして物理的に、過去を手放すことで、
新しい恋を迎える準備ができるわ。
だから、「失恋したときには髪を切る」は、やっぱり正解ね。


これは、失恋のお話だけじゃない。
もしあなたが、仕事に悩んで答えが出ないとき。毎日同じようなルーティンが続いて、気分が飽きてしまっているとき。運気が停滞しているなって感じるとき。

机の前でうんうん唸って出口を探そうとするよりも、髪にハサミを入れた方が、新しい風が吹いてくるわ。無駄な思考や古い思い込みが、切った髪とともに離れていって、あなたを自由にしてくれる。

なぜならば、髪はあなたの意志そのものを表すからよ。意識していようとしていまいと、新しい考えも古い考えも、すべてが髪の毛につまっている。

__________________

何度かこのコラムでもお話しているけれど、人間を含む、すべての物質は火・風・水・土の「四大元素」でできているわ。12星座もこのカテゴリーで分けられると、聞いたことはないかしら。

火は情熱やアイデア、風は思考と意志や言語、水は愛情や癒し、そして戦略。土は行動力と実際の結果などを象徴している。
そして風にたなびく髪の毛は、まさに「風」の元素の象徴。「自分がこうありたい」という意志=人生のベクトルを示しているの。

毛先にいけばいくほど、それは過去の意志、過去の思考。頭の中は先に進んでいても、髪を伸ばしたままだと過去を残しているのと同じことだったりするわ。

だから、失恋して髪を切るのは、古い自分を手放すための儀式のようなものよ。「もうこの恋を引きずらない」という意志を、宣言しているのと同じことだから。

私自身が体験したのはまた逆で、髪を切ったことで恋を終わらせたこと。

長年ロングだった髪の毛を、ある日突然切りたくなって、ボブヘアに大胆チェンジをしたの。

それからしばらくして、長年のパートナーと思いきって距離を置くことにした。ずっとその決断ができなくて、時間を過ごしてしまっていたのだけれど。今思えば、先に髪の毛を切って、お別れするためのエネルギーの準備をしていたのね。

実は髪を切ったその日、すごくさっぱりしたと同時に、もはやロングの自分がそこにいないことが急に悲しくなって、家に帰ってから訳も分からず泣いてしまったの。
それは、いつまでも彼と一緒にいたいと思っているロングヘアの過去の自分を
手放すことが怖かったせいだと、今はわかるわ。

髪を切ることは、かつて自分だと思っていたものとさよならすることでもある。時にそれは、鈍い痛みも伴うものよ。いつまでも、同じように変わらない自分や関係でいられたらどんなにいいだろう、って思うわよね。
けれど、なんとなく髪を伸ばしっぱなしだとしたら、それは、人生をなんとなく過ごしているということ。

__________________

思い切ってハサミを入れて、動かさなくてはいけない時がやってくるわ。意志とは、決断するということに他ならないのだから。

髪は切っても伸びてくる。だから、ちょっとハサミを入れるぐらい、怖くはないはずよ。そうやって、少しづつ古いものを手放して、新しい自分になっていくの。

軽やかに、自由に生きたかったら。いつもの日常に、少しでも変化を起こしたいなら。まずは古い髪、そして古い自分とさよならすること。

五月の気持ちいい風とともに、新しい運気が舞い込むわ!

Venus mai Profile

大手出版社のファッションエディターからスピリチュアルビューティコンサルタントに転身、魔女ユニットmailoveとして活動中。3000年以上続く魔法学校で学んだ、ヒーリングやホロスコープ、タロットなどを駆使してクライアントの女性性を開かせ、その人が本来生まれ持った魅力や才能を輝かせることを中心としたセッションは、業界内でも「怖いくらいに当たる!」、「人生が変わった」と口コミで話題。愛と美の女神アフロディーテと深い縁を持ち、そのメッセージも伝えている。

mailoveホームページ

-----------------------
Editor:Moyuru Sakai
-----------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW