shutterstock.com
LIFE STYLE

ひとりの時間もちゃんと持つ!「安定感のあるカップル」の共通点

2018/05/03

仕事も趣味も友人関係も充実していて、恋人がいる気配はそんなに感じないのに、実は長く付き合っている彼氏がいるという女性に心当たりはありませんか?
しっかりと信頼関係が築けていて、安定したお付き合いができているからこそ、仕事もプライベートも充実した環境を作りあげられているのかもしれません。
そこで今回は、「安定感のあるカップル」の共通点を紹介します。

「不満」を溜め込まない

恋人に対して、不満に感じる部分や納得できない部分があっても、「嫌われたくない」とか「雰囲気を悪くしたくない」という思いがあると、つい我慢してしまったりもするでしょう。でも、不満は溜め込みすぎると、どんどんストレスになっていくだけ。

また、適度に不満を吐き出すようにしないと、いずれ溜まりに溜まったストレスが大爆発するようなことも。お互いに納得のいかない部分は話し合って改善していけるようなふたりであれば、いつまでも一緒にいられるはずですよ。

「ふたりなりのルール」がある

「ケンカをしたあとはお互いに謝る」とか「帰宅をしたらLINEを送る」など、ふたりだけのルールがあると、自然と絆も深まり、カップルであるという実感を感じることができるはず。

ただ、ルールをたくさん作りすぎると重荷になるだけですし、縛り合うかのようなルールにしてしまうと、次第に息苦しくもなっていくものです。ちょっとした暗黙の了解をお互いに持ち合うようにすると、“ふたりの世界”もどんどん出来上がっていくことでしょう。

「ひとりの時間」も持つ

恋人同士だからといって、いつも一緒にいれば、時にはマンネリ状態も訪れるはず。付き合っていても、お互いに「ひとりの時間」を持つのは、とても大事なこと。

一緒にいないときの方が相手のことを考えるし、「会いたい」という気持ちが芽生えたり、久しぶりに会ったときにも新鮮さを感じるもの。また、趣味や友人との時間を持った方が精神的にも満たされるし、「ひとりの時間」を与えてくれるという理解や信頼を相手に対して感じることでしょう。

「違い」を受け入れる

長続きしないカップルは、お互いの価値観や考え方が同じであると考えがち。価値観がピッタリと合う人はなかなか見つからないものですし、逆に何に対しても同じような考え方だったら、刺激が無くつまらないと感じることも。

安定感のあるカップルは、お互いの「違う部分」を受け入れることができます。「そういう考え方もあるのか」と、違いを受け入れることができると、新たな成長にもつながります。違うことを許せなかったり、価値観を押し付けると、最後には耐え切れずに関係が終わってしまうかも。

周りの人たちからも羨まれるような「安定感のあるカップル」になるには、やはり相手への思いやりや尊重が何よりも一番大事。そういった部分を大切にしてくれる相手を見つけられたら、いつまでも一緒にいられることでしょう。

------------------------
Editor:Syuhei Yamada
------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW