shutterstock.com
LIFE STYLE

会社の上司のお家にお呼ばれ!スマートな「訪問のマナー」

2018/05/02

ホームパーティーやお茶会など、お家に呼ばれると「果たしてどうすればマナー違反にならないかな」と不安に思ってしまいますよね。しかも相手が上司となると気が重くなりがち……。
ちょっと堅苦しい感じがしますが、挨拶をきちんと礼儀正しくすることであなたの評価は間違いなくアップしますよ。
そこで今回は、企業のマナー講師としての経験もある筆者が、上司のお家にお呼ばれしたときの、基本的なマナーをご紹介しましょう。

「手土産」はどうするべき?

突然予定が決まり、手土産を用意する時間がなかった場合、訪問先の最寄り駅などでサッと買って済まそうとしていませんか? これは“間に合わせ”の印象が強く、イメージダウンに繋がるNG行為です。
きちんと相手の家族構成や好みに合わせて準備するのが正しいマナー。
上司にお呼ばれした際の手土産には、菓子折りや果物なども良いでしょう。生花なども悪くはないのですが、花には花言葉によって意味合いも変わってきますので、買うときにお店の方に上司に渡すものだと伝え、選んでもらうのがベターでしょう。

訪問中のマナーは?

和室か洋室かで、ややマナーは変わってきます。和室であれば動作は座ったままが基本になります。挨拶も下座に座ったままですが、洋室の場合は立ち上がって挨拶するのが正解です。

また手土産も、和室の場合は挨拶が済んでからお渡ししますが、洋室の場合は座る前に手土産をお渡しするなど、和室か洋室かで異なるので気をつけましょう。

なお、用件を話すのはお茶を頂いてからにしましょう。まずはお茶を頂きながら簡単な会話をし、終わり次第切り出します。もちろんお詫びなどでお伺いした場合は挨拶を済ませたら、すぐ用件に入るようにしましょうね。

帰宅時と訪問後のマナーは?

お暇を切り出すのは、訪問した側からというのを忘れないようにしましょう。およそ1時間を目安にお暇を切り出し、引き止められても帰るようにします。またコートは玄関の外で着るのがマナーですよ。
訪問後3日を目安にお礼状を出すのが基本ですが、親しい上司であれば帰宅後に電話かメールですぐにお礼を伝えると感謝の気持ちがすぐに伝わり、良いでしょう。

お家訪問は緊張しますが、あまり考えすぎて良いことはありません。基本的なマナーを守り、あとはリラックスしながら楽しく過ごすように心がけましょう。

------------------------
Editor:Hitomi Maehama
------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW