【週末どこ行く?】ゴールデンウィークを満喫する屋内スポット5
LIFE STYLE

【週末どこ行く?】ゴールデンウィークを満喫する屋内スポット5

2018/04/27

ゴールデンウィークの予定が決まってない人に朗報! 近場で楽しめるお出かけスポットをMINE編集部が5つセレクト。いよいよ今週末から始まるゴールデンウィークに注目の、天候に左右されない「屋内イベント」を今すぐチェック!

1.ADASTRIA 美女採集 by ASAMI KIYOKAWA

女優やモデル、ミュージシャンなど、社会で活躍する〝輝きを放つ女性〟を撮影し、その人の内面や本質的な部分を動植物が持つ習性に見立て、写真に刺繍をするという「美女採集」。針と糸を使い数々の作品を生み出すアーティスト、清川あさみの人気シリーズだ。今回は15周年を記念して、ダンサーの菅原小春によるパフォーマンスや、ゆりやんレトリィバァのトークショーなど、「輝きを放つ女性」のテーマにふさわしいゲストを迎えてお届け!

INFO

開催期間:2018年4月27日〜5月6日
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 本館 B3F スペース オー
電話:03-3497-0310
開館時間:11:00~21:00(4月30日と、最終日の5月6日は20:00まで)
定休日:会期中無休
料金:入場無料

2.ヨシダナギ×NAKED “Sing-Sing!”

西武渋谷店の50周年を記念して、アフリカを始めとする世界中の少数民族を撮影することで話題の写真家、ヨシダナギが、渋谷のショーウィンドーをジャックした展覧会を行う。展覧会のタイトル「Sing-Sing(シンシン)」は、パプアニューギニアの伝統舞踏のことだそう。南太平洋の最後の楽園・パプアニューギニアの山深くで出会ったオモマサライ族や、サハラ砂漠の青の民と呼ばれるトゥアレグ族など、世界中の少数民族をモチーフにした作品が揃う。4つの構成からなる会場内は、プロジェクションマッピングなど光のアートで知られる「NAKED」が演出した空間が広がっている。特に、展覧会のタイトルにもなっている体感型の展示エリア「Sing-Sing」は必見!

INFO

開催期間:2018年4月19日〜5月13日
住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町21-1 西武渋谷店 A館7階=特設会場
電話:03-3462-0111
開館時間:
[月〜土]10:00〜21:00
[日・祝]10:00〜20:00 (最終日のみ〜17:00)
定休日:会期中無休
料金:一般500円(高校生以下無料)

3.こいのぼりなう!須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション

須藤玲子+アドリアン・ガルデール 《こいのぼり》 2014年 フランス国立ギメ東洋美術館展示風景

国立新美術館の高さ8mの天井を生かし、約300匹のこいのぼりが、展示室をダイナミックに泳ぎまわるというインスタレーション。日本を代表するテキスタイルデザイナー、須藤玲子が、フランスの展示デザイナーのアドリアン・ガルデールとコラボレーションし、日本の伝統行事を鮮やかに表現。今回は、先鋭的なメディアアート作品をで知られる「ライゾマティクス」の齋藤精一も加わり、より一層演出にも期待が高まる。色とりどりのこいのぼりが生み出す「なう!」な空間は、SNS映えも間違いなし!

INFO

開催期間:2018年4月11日〜5月28日
住所:〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館 企画展示室2E
電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)
開館時間:10:00〜18:00
※5月26日は「六本木アートナイト2018」開催にともない、22:00まで
※毎週金・土曜日と、4月28日~5月6日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
休館日:火曜日 ※ただし5月1日は開館
料金:入場無料

4.TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA ~夜桜バージョン~

「春の朧月夜に咲き誇る桜」をテーマに、夜景に3Dプロジェクションマッピング映像を融合させたイベント「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA」。通常のメインデッキから以外に、六本木方面を臨む西側では、ゆっくりと夜桜の色に変化していく東京タワーが、皇居・丸の内方面を臨む北側では舞い散る桜吹雪と月が重なる様子が映し出される。今だけピンク色に染まる東京タワーからの夜景は、デートスポットとしてもおすすめ。

INFO

開催期間:2018年2月20日〜5月6日
住所:〒105-0011 東京都港区芝公園4-2-8 東京タワー大展望台2F
電話:03-3433-5111
開館時間:18:30~22:50
定休日:会期中無休
料金:入場無料 ※一部有料

5.寺社フェス「向源」

「寺社でフェス!?」とぱっと見、目を疑うけれど、宗派や宗教にとらわれずに日本の伝統文化を体験できるというイベント。DJから僧侶になった総合プロデューサーの友光雅臣が2011年にスタートし、今年で開催8回目。前夜祭では、ロウソクの明かりのみで静まり返った正覚寺を会場に、僧侶の怪談話が響く。イベント当日はオリジナルの朱印帳やお守りを作るワークショップが開催されたり、境内の庫裏内でDJとともにヨガや抹茶をたしなむことができたりと、ここでしか体験できないイベントが目白押し。ここでの体験が、今の自分を見つめ直して、理想の姿を見つけるきっかけになるかも?

INFO

開催期間:2018年5月5日〜5月6日 ※前夜祭は5月4日
住所:
[5月5日] 〒153-0061 東京都目黒区中目黒3-1-6(中目黒 正覚寺)
[5月6日] 〒153-0064 東京都目黒区下目黒3(目黒三ヶ寺)
電話:各お寺へお問い合わせください
開催時間:9:00〜19:00 ※前夜祭は19:30〜20:30
定休日:会期中無休
料金:入場無料 ※一部有料

※本記事に記載の営業時間・サービス内容・料金は、取材時点に確認したもの

【週末どこ行く?】ゴールデンウィークが充実する屋外スポット7

--------------------
Editor:MINE
--------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW