どう買い足す? スタイリスト別、春のワードローブ計画【鈴木美智恵編】
FASHION

どう買い足す? スタイリスト別、春のワードローブ計画【鈴木美智恵編】

2018/04/04

季節が変わり、春夏アイテムへとシフトしていく今、どうアイテムを買いそろえたり、新調していく? というのが悩みどころ。そこで、人気スタイリストたちに「春のワードローブの揃え方」をヒアリング。今回は、鈴木美智恵さん。これからの季節の参考にしてみて。

【4月上旬】暖かくなる頃には、ワンピースにもなるアウターから

「暖かくなってくる4月の頭には、ワンピースとしても使えるサージカルコートをゲット。ホワイト、ベージュもあったけれど、グレーであれば中にホワイトを合わせてもいいし、色物を合わせてもなじみやすそうなので選びました。グレーのアウターを持っていなかったので合わせるのが楽しみ」
サージカルコート¥6,900/サンタモニカ表参道店

【4月下旬】春夏ムードを高める、柔らかいイエローアイテム

「季節のムードにマッチするイエローが気分。トップスは、レイヤードしてフリルをちらっと見せても◎。このバッグは、絶妙なチェック柄が好きなのと、今年はメッシュバッグがキテいるので。今のムードにはまるアイテムです」
右:ブラウス¥21,000/ハンナ クリスティーナ メッツ(アメリカンラグ シー 新宿店)、左:スタイリスト私物

【5月上旬】一枚でも、インナーにも!目を引くアイコニックなTシャツを投入

「キャッチーなロゴが入っているプリントTが好き! どこで買ったの?と聞かれるようなデザインに惹かれ、つい何枚も買ってしまいます」
一枚ではもちろん、インナーとしてチラ見せしても。心踊るアイコニックなデザインのTシャツはマスト。
右:Tシャツ¥9,500/アンフォーチュネイト ポートレート(アメリカンラグ シー 新宿店) 左:スタイリスト私物

【5月下旬】ワードローブの仕上げに、ボトムス投入

落ち感とシルエットがドラマティックなスカート

「アイテムを新調するとき、ボトムスが最後になることが多いです。トップスを揃えてから、そのアイテムに合うボトムスを探す、という感じ。このスカートは、Aラインのシルエット、長めの丈感、小尻効果のあるプリーツに惹かれました。ロングスカートの裾から、ギンガムチェックのサンダルを覗かせたい」
リーダスカート¥25,000/ステーレン(ニード サプライ)、サンダル¥12,000/イーエイト(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)

キュートさも機能性も叶えるオーバーオール

「仕事柄よく動くので、現場でも重宝するオーバーオールを新調。刺繍と大きめポケットがついたデザインが可愛い一枚です。キャメルカラーが新鮮!」
オーバーオール¥13,000/UNIVERSAL OVERALL(ナノ・ユニバース カスタマーサービス

紹介してくれたのは、鈴木美智恵さん

【プロフィール】
鈴木美智恵
大学卒業後、渡米。
2011年に帰国しアシスタントを経て2017年に独立。

SHOP LIST

アメリカンラグ シー 新宿店/03-5366-5425
サンタモニカ表参道店/03-3498-3260
ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム/03-3401-5001
ナノ・ユニバース カスタマーサービス/0800-800-9921
ニード サプライ/03-5738-2136

---------------------------
Stylist:Michie Suzuki
Photographer:Kevin Chan
Editor:MINE
---------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW