FASHION

【今月の“買わなきゃ!”】人と差がつく、脱定番な春アウター

2018/04/01

まだ肌寒いこの季節、軽めのアウターが1枚あるとありがたい。巷ではトレンチが大流行しているというウワサだけど、「定番はもう飽きた!」そんな声もちらほら。ならばヒネリのある1着で差をつけようじゃないってことで、キメるところはキメつつちょっぴり遊びの効いた、優秀コートをピック。ベーシックだけどなんだか攻めてる? そう思わせたらこっちの勝ち!

周りの視線を惹きつける! ありそうでない絶妙なカラー

まず目を奪われるのは、グレーとブルーの中間色のような、絶妙な色合い。バイク乗りのコートのデザインを踏襲、トレンチのような軽さをだしながらも、ディテールで無骨なニュアンスに。裏地はブラックウォッチ柄になっていたりと、ミリタリー要素たっぷりなこのコートは、あえてくしゃくしゃっとさせて、ヴィンテージのコートのように纏いたい。

モーターサイクルコート¥86,000/アンスクリア(アマン)

ミリタリー×エレガントのミックスで、ベーシックを脱却! 

モッズコートのワイルドな雰囲気と、トレンチコートの品の良さ。それぞれの良いところを合体させたような、ミリタリーコートをご紹介。シャカシャカっとしたナイロン地を採用し、マテリアルでも旬を意識。首元にはリボンタイとともに、格納されたフードも! ウエストのコードを絞ればシルエットも変化したりと、多彩なアレンジが楽しめる1着。

ガーメントダイコート¥62,000/ドレステリア(ドレステリア 銀座店)

アーバンの先をいく! ノーカラー&ナイロン素材に狙いを定めて 

軽やかなナイロン素材ながら、ヴィンテージのような風合いを持つコート。あえて襟を取っ払ったことで、アーバンな雰囲気に。ラグランスリーブを採用し、自然と肩が落ちたようなオーバーサイズを演出したところもポイント。ハトメをあしらったベルトも、ミニマルなデザインにエッジィな要素をプラス! 気分によってオンオフを楽しんで。

ノーカラーコート¥42,000/アストラット(アストラット 新宿店)

SHOP LIST

アマン/03-6805-0527
ドレステリア 銀座店/03-6274-6217
アストラット 新宿店/03-03-5366-6560

-----------------------------
Photographer:John Chan
Stylist:Yuka Okuno
Editor:Yuri Tanaka
-----------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW