植物療法士の森田敦子さんに聞く「感じるカラダのための膣ケア」①
BEAUTY

植物療法士の森田敦子さんに聞く「感じるカラダのための膣ケア」①

2018/03/09

仲のいい友達同士でもなかなか話せないセックスのこと。カップルや夫婦間でのセックスレスが取り上げられるこんな世の中だからこそ、パートナーと素敵な関係を築くためになるべく早く知っておきたい、ベッドでの「夜の♡お作法」を大特集! まずは、いざコトに及ぶ前にやっておくべき【プレケア編】をご紹介します。
女性のデリケートゾーンのケアの大切さについて説いた著書、『潤うからだ』で話題の植物療法士、森田敦子さん。日本ではまだまだ浸透していない「膣ケア」について、詳しくお話を伺って来ました。

「日本女性の膣ケアは遅れている」!?

「美白やメイクなどの美容には意識が高い日本人女性ですが、膣ケアに関してはかなりの〝後進国〝と言えます」と、のっけから森田さんの厳しいお言葉。
 森田さんが植物療法(フィトテラピー)を学び20数年暮らしたフランスでは、母親が月経を迎えた娘にデリケートゾーンのケアの仕方を教えるのが、当たり前のことだそう。

「セクシュアリティとセンシュアリティ、そしてマスターベーションの大切さもきちんと教えられます。そもそも性欲は食欲と睡眠欲に並ぶ、人間の三大欲求のひとつ。恥ずかしいことでも罪悪感を感じることでもないんです。セックスライフの充実のため、そしていつか出産するときのため、自分の身体の中でいちばん重要な場所である膣をケアすることは当然のこと。膣を日常的にケアすると、粘膜が潤うことで濡れやすく感じやすい身体になってくれるので、セックスをより楽しめるようになります。しかも膣の持つ免疫力が高まり、ガンジダ菌やトリコモナスなどの感染症を防げるようになるんです」

 セックスを楽しむために重要だという膣ケア。このほかに、自分の膣の状態を知ることで、毎月の生理が順調かどうかやオリモノの匂いの変化など、自分の子宮の状態に気付きやすくなる効果も。
「MINE世代なら、絶対におろそかにはしてはいけないケアだと思ってください」と、森田さん。

今すぐに始めたい、「膣ケア」って?    

そう聞いたら今すぐにでも始めたい! でもそもそも「膣ケア」とは一体、どんなものなのでしょう?
 森田さんによると、デリケートゾーンのお手入れのマナーの基本はふたつ。第一にVIOゾーンの脱毛、第二に洗って潤すこと。

基本1:VIOゾーンの脱毛

「欧米ではVIOのヘアのお手入れはマナーなんです。見た目だけじゃなくて、生やしっぱなしではムレやすくなるから痒くなったり匂いがキツくなったり、衛生的にもよろしくないと考えられています」衛生面を考えると、より心地よく過ごすためにも今からVIO脱毛を始めた方が良さそう。

基本2:洗浄と保湿

「シャンプーで顔を洗う女性は居ませんよね? それと同じで、膣にはデリケートゾーン専用のソープを使用して、保湿も専用のモイスチャライザーを使うべきなんです。洗浄力の強いボディソープでは膣の潤いを奪い過ぎてしまいますし、子宮という大事な臓器に繋がる部分ですから、身体に優しいオーガニック成分の製品を使わないとダメ。顔のスキンケアと同じで、膣もケアしないと潤いがなくなりどんどん老化してかさかさになるんです。MINE読者の皆さんなら、今から始めることで10年後、20年後の膣の老化に、大きな差がつくことになりますよ」
 膣ケアが浸透しているフランスでは、デパートやドラッグストアにはスキンケアやボディケア用品と並んで、デリケートゾーン用品コーナーというものがあるんだとか。

第2回目の「夜のお作法」では、森田敦子先生お勧めのデリケートゾーン専用ケアグッズをご紹介するのでお見逃しなく!

森田敦子さんプロフィール

日本における植物療法の第一人者。CA時代にダストアレルギー気管支喘息を発病したことがきっかけで、フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学び、劇的に改善。帰国後は、植物療法に基づいた商品とサービスを社会に提供するため会社を設立し、自身がプロデュースした「アンティーム オーガニック」の商品開発や「ルボア フィトテラピースクール」を主宰する。著書『自然ぐすり』、『潤うからだ』(ともにワニブックス刊)、『自然のお守りぐすり』(永岡書店)も好評発売中。

膣ケアのことがもっと知りたければ……

森田さんの著書、『潤うからだ』は女性の性と膣の重要性について説いた、膣ケアのバイブル。いつか出産し、更年期を迎えておばあちゃんになっても付き合う自分の膣や子宮のこと、今から知ってケアしておきたい。『潤うからだ』(ワニブックス刊)¥1296(税込)

------------------------
Editor:Moyuru Sakai
------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW