ブランド創設者のデザイナー初来日! ウエディングドレスブランド「ガリア・ラハヴ」とは
FASHION

ブランド創設者のデザイナー初来日! ウエディングドレスブランド「ガリア・ラハヴ」とは

2018/03/01

贅沢な素材使いとクチュール美で世界中の花嫁を魅了するウエディングドレスブランド「Galia Lahav (ガリア・ラハヴ)」。同ブランドの創設者であり、現在もデザイナーを務めているガリア・ラハヴ氏が先日、トランクショー開催のために来日した。その来日に際し催された「Galia Lahav Night Event -MAGNOLIA WHITE meets Florence by Night-」の様子をお届け。

ウエディングドレスブランド、ガリア・ラハヴとは

裁縫を生業とする家に生まれ、若い頃より縫製とデザインに強い情熱を持っていたガリア・ラハヴ氏。アートの教育者を経て、作品をファッションに昇華させていきたいという思いから、自身のブランドをスタート。それが「ガリア・ラハヴ」。上質な素材に施された繊細な刺繍やビージング、バックスタイルの美しさが特徴。世界中のセレブリティや花嫁達を魅了している、注目のニューヨークブランドだ。

写真上はトランクショーを開催するため来日した、ガリア・ラハヴ氏。
トランクショーとは、かつてデザイナーがトランクケースにドレスを詰め込み、世界各国の顧客を訪ねて回ったことにちなんだ、お客様に似合うドレスを提案する受注会。今回のトランクショーでは、彼女が近い将来花嫁になる一般女性たちの採寸を自ら行い、その場で似合いのドレスやカスタムアイディアを提案した。

ガリア・ラハヴ初来日イベント

MINE編集部が訪れたのは、数日に渡るトランクショーの合間に、ウエディングサロン、「マグノリア・ホワイト」によって開催されたイベント「Galia Lahav Night Event -MAGNOLIA WHITE meets Florence by Night-」。

同イベントでは、南青山ル・アンジェ教会にて、モデルたちが「ガリア・ラハヴ」の人気コレクションを身にまとった姿を披露。

「ガリア・ラハヴ」の最新コレクションは、“香り”がテーマ。香り立つような、繊細で柔らかなイメージで作ったという。今回は、人気コレクションからイベントにてモデルが着用した注目のドレスを3着ご紹介。

ボディコンシャスなトップに対し、柔らかく広がるオーガンジー素材を膝上からレイヤードした、クラシカルなマーメイドラインドレス。上半身の大胆なカッティングが艶やかなオーラを放つ一着。

ボディラインに隙間なくよりそうようデザインされた上質なレーストップから、透明感のある繊細なチュールへと切り替わる、清らかな印象のマーメイドラインドレス。バックスタイルに重ね付けするようにあしらった真珠の淡い光が肌にベールをかけ、純な美しさで彩ってくれる。

ガリア・ラハヴ氏のお気に入りがこちら。上半身部分からこぼれ落ちるように施された刺繍が可憐な印象を与える、Aラインシルエットのドレス。スカート部分には、空気をまとうように軽やかなチュールが幾重にも重なり広がっている。あしらわれたスワロフスキーの輝きが、ドレスだけでなく表情まで華やかに演出する。

今回、トランクショーやイベントは終了を迎えてしまったが、「ガリア・ラハヴ」のドレスは、Couture Wedding Salon “MAGNOLIA WHITE”(マグノリア・ホワイト)にて直接触れることが可能。世界から愛される「ガリア・ラハヴ」のドレスを一度、堪能してみるのはいかが?
次回の「ガリア・ラハヴ」トランクショーは、7月を予定。詳しくはドレスサロンまで。

MAGNOLIA WHITE(マグノリア・ホワイト)
東京都港区南青山 5-12-3
03-6434-1313
営業時間 10:00~19:00
定休日 火曜(祝日除く)※完全予約制
www.magnolia-white.com

--------------------------
Text : Momoka Kowashi
--------------------------

SHARE ON

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW