LIFE STYLE

多彩な東京カルチャーを体験! 「koé」のホテル併設型旗艦店が渋谷に登場

2018/02/14

ストライプインターナショナルが手掛けるライフスタイルブランド「koé(コエ)」が、2018年2月9日(金)にホテル併設型グローバル旗艦店「hotel koé + tokyo(ホテル コエ トーキョー)」を渋谷にオープン!

1Fにはダイニングとイベントスペースを設置

「hotel koé + Tokyo」は、“ステイ”“ファッション”“ミュージック&フード”を軸に、「koé」のブランドコンセプトである「new basic for new culture」を、様々なコンテンツで体感できる「hotel in shop」。
店舗全体のクリエイティブディレクション・設計・インテリアデザインには、国内外で活躍するSUPPOSE DESIGN OFFICE Co.Ltdの谷尻誠氏と吉田愛氏を、そしてロゴのリニューアルやグラフィッグデザインなどには、国内外で数々の賞を受賞するartless inc. の川上シュン氏を起用。

音楽を中心とした文化と食を提供する1Fには、ブレッド&ダイニング「koé lobby」と、イベントスペースの「koé space」、ホテルのレセプションを設置。
「koé lobby」では、パン屋、カフェ、洋食屋、居酒屋、ラーメン屋という日本の食文化をミックスしたユニークな東京フードを提供。代官山で人気のフレンチレストラン「Ata(アタ)」の掛川哲司シェフがプロデュースした斬新なフードの数々には、グルメな人もきっと満足できるはず。

そして「koé space」では、東京カルチャーの発信を目的に、音楽イベントや、高感度なPOP UP SHOPなどを定期的に開催する。POP UP SHOP第1弾は、「koé × THOM BROWNE」。「Summer Beach」がテーマの今回のコレクションは、ボーダー使いが目を引くアイテムが並ぶ。
音楽イベントは、毎週金曜日と土曜日に、注目のアーティストが続々と登場する予定なので、音楽ファンは定期的にイベントのチェックを!

2Fのショップでは、アパレルから雑貨まで多彩なアイテムを販売

2Fにはセルフ&キャッシュレスのレジを導入し、21~23時の間は無人営業を行う、新たなアパレル・雑貨ショップを展開。アパレルでは、ウィメンズ・メンズともに幅広い年代に対応するベーシックなアイテムに、トレンドのエッセンスを落とし込んだリアルクローズをラインナップ。また、オリジナルトートバッグやマグカップ、フォトジェニックなお菓子や伝統工芸品など、雑貨アイテムも豊富。さらに、オープン記念として、人気アーティストの長場雄氏、大図まこと氏、ノンチェリー氏らとコラボレーションした渋谷限定商品も登場! 「日本・東京・渋谷・ホテル」をテーマにしたイラスト入りのTシャツやキャップなどは、渋谷土産としてもおすすめ。

3Fのホテルでは上質な非日常体験を

そして3Fのホテルは、「茶室」をコンセプトに装飾や加工を極力そぎ落とした、シンプルで上質なデザインが特徴。ゲストルームには和の要素である「離れ」や「小上がり」を取り入れてモダンにアレンジし、スタイリッシュな空間を演出。また、「The Tea Company」とコラボレートした日本茶、抹茶、そして日本茶をベースとしたカクテルなど、「hotel koé + Tokyo」限定の特別なドリンクが楽しめるプライベートラウンジも併設。フロア内通路には、ニューヨークをベースに活動しているデジタル・デザイン/プロダクト・イノベーションスタジオ「PARTY
NEW YORK」が手掛けるデジタルアートを展示しており、伝統的な「和」のテイストと現代のテクノロジーがミックスされた空間で、非日常体験を満喫できる。

■ルーム料金
S(Standard 定員1~2名):¥36,000〜
M(Medium 定員2名):¥85,000〜
L(Large 定員2名):¥110,000〜
XL(Extra Large 定員4名):¥250,000〜
※各ゲストルームの料金は、時期や予約のタイミングによって変動あり
※別途、消費税、サービス料10%追加

ショッピングからイベント、食事、宿泊まで、全館を通して多彩な体験をできる 「hotel koé Tokyo」。これから東京のitアドレスになること確実なので、早耳ガールは 今すぐGO!

INFO

hotel koé Tokyo
東京都渋谷区宇田川町3-7
10:00~23:00

http://hotelkoe.com

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW