(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

ノーカラージャケットが今キテる理由

2018/03/30

「おしゃれなお友達と今から会うのに、着て行く服が思いつかない!」ということ、ありませんか?着ていく場所を問わないファッションの一つ、ノーカラージャケットは万能アイテムです。ジャケットはどうしてもかっちりしたタイプのものが多いですが、襟無しのノーカラーはカジュアルに着こなせる上にジャケットとしての格上げ要素も。羽織るだけで可愛く、カッコよくキマるノーカラージャケットの楽しみ方をご紹介します。

ノーカラージャケットは甘くてもスパイシーでもキマる!

COCOさん(@rococo39)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

色は黒をベースとしていますが、チェックスカートのふんわり感と、ノーカラージャケットの少しかっちりとした感じが相まって明るく見える大人可愛いコーデです。ノーカラーと首回りを広く見せるトップスを合わせ、女性らしいラインを見せながらガーリーな帽子で可愛らしい一面をプラス。ジャケットのボーイッシュな雰囲気を動きのあるスカートで甘くしているので、着て行く場所を選びません。ペンダントを合わせたり、明るい色のストールを合わせてもキマる、コーデの幅が広がる着こなしです。

ソラさん(@sora.kitty.sora)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

モコモコのノーカラージャケットをメインとしたコーデです。モコモコアウターは着ぶくれしがちですが、細身のデニムやパンツと合わせることで逆に女性らしいラインが際立ちます。また、全体の色味をブルーとホワイトでまとめて清涼感を出すことで、少しかっちりめのパンプスとバッグが大人可愛く引き立つコーデに。インナーのボートネックがより映えて見える理由は、ノーカラージャケットがいろいろなインナーとの相性が良く、またインナーに目が行きやすいためです。ジャケットの裏地や縁取りが黒になっているところもワンポイントとして◎。

出典元:Instagram

定番を抑えつつも、こなれ感もあるコーデ。ノーカラージャケットとデニムを合わせてジャケットのかっちりしたイメージをカジュアルに着崩しています。また、袖をあえて折り曲げることで今風の着こなしに。ジャケットを着ていてもカジュアル感があるので、ランチにもママ友やお友達と遊ぶときでも、一目置いて見られる優秀コーデです。デニムをハイウエストにして足首までの長さにすることで足長効果もあります。

\お好きなコーデは見つかりましたか?/

ハッシュタグ【#mineby3mootd】をつけてInstagramに投稿していただいたコーデ写真から、ピックアップしてご紹介しました。毎日のオシャレをあなたらしく楽しんで!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW