LIFE STYLE

カネボウ、コフレドールなど新製品&恋とスキンケアの関係を発表

2018/01/31

「カネボウ化粧品・2018年春夏新製品発表会」にMINE編集部が潜入! いち早くお披露目された新アイテムの中から、厳選した魅力的なアイテムをお届けします。suisaiによる「恋愛とスキンケア」に関する調査結果も必見です。

カネボウ化粧品の人気ブランドの新製品が一足先にお披露目される、同社の新製品発表会。まずは、コフレドールとケイトから、注目アイテムをご紹介。

にじむツヤと立体感。コフレドールで「ハンサム・ビューティー」に

(コフレドール ヌーディインプレッション アイズ 全4色(左から01 コーラルブラウン、02 ゴールドブラウン、03 ブルーベージュ、04 ピンクベージュ)各2,800円(税抜)(※編集部調べ) 2018年3月16日発売)

今年10周年を迎えるコフレドールは、人気のアイシャドウを一新した、ヌーディインプレッション アイズを発売。
新アイシャドウの左側には、3つの異なる質感のパウダーからなる「3Dツヤベースゾーン」がセットされています。それをブレンドしてまぶたになじませ、その上からシェードカラー、ツヤカラー、ディープカラーを重ねていくだけで、内側からにじみ出すようなツヤと立体感を手にいれることが可能に。
穏やかなツヤと立体感で、洗練されたハンサムな目元にチェンジしてみては。

まぶたの中央を、「丸く抜く」。ケイトの新発想・陰影メイク

ブランド誕生から、欧米人に比べ凹凸の少ないアジア女性に向けた「陰影」のある大きな目もと、立体感のある顔立ちつくりにこだわり、研究を重ねてきたケイト。

今年はこれまで培ってきた技術を活かした、丸みを帯びた立体感のある目もとを簡単につくれる「まぶたの中央を丸く抜く」アイシャドウが登場します。

(ケイト スモーキーラウンドアイズ 全6種 各1,100円(※編集部調べ) 2018年2月1日発売)

全色共通に、右側には丸く模られたスペースにライティングカラー(左)とシェードカラー(右)の2色がセットされているのが特徴です。
左側の2色でグラデーションをつくった目もとの上から、付属の筆でシェードカラーを使いアイホールをなぞると、くっきりとアイホールが強調されます。さらに、ライディングカラーを上まぶた中央に置くようにのせることで、その部分だけ明るく“抜け”、立体的な目元に。
会場で実際に試したところ、まぶた中央が明るく“抜ける”ことで、簡単に立体感が出て驚き! 百聞は一見に如かず。アイメイクにマンネリを感じている人はぜひトライを。


酵素洗顔パウダーが大人気のsuisaiが、恋とスキンケアの関係性を発表

今回の新製品発表会では、話題の酵素洗顔パウダーをはじめとした商品を扱うスキンケアブランドsuisaiによる、ミレニアル世代(20~34歳)の男女336名を対象に行った「恋愛と女性の肌」に関する意識調査結果も発表されました。そのなかから、注目の調査結果を一部お届けします。

スキンケアブランドsuisai アイテム

(左)スイサイ ビューティクリア パウダーウォッシュ 0.4g×32個入り

(右)スイサイ ローション Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 各150mL

【必見】男性にとって、女性の肌表面の“ツヤ”が内面の印象を左右している!

男性が「好感を抱く女性の肌」は、「ザラつきがない、つるつるすべすべ肌」が約7割で1位という結果に。
さらに、全国の男性200名に調査した結果から、ツヤが控えめの肌からは「真面目」「クール」といった、堅く静かな印象を受け、反対に肌表面のツヤが強く、広範囲にツヤが増すにつれて「明るい」「おしゃべり」 といった、柔らかく活発な印象を受けることが判明。

男性から見た、女性の「理想的なツヤ肌」は、関係性によって異なる

男性にとって理想的な「ツヤ肌」の調査では、関係性が「初対面」から「彼女」と近くなるにつれて、「表面のツヤが強い肌」を理想とする傾向が。
男性は、ツヤが控えめな肌は「初対面」や「同僚」という関係性が遠い相手の場合に理想的であり、反対にツヤが強い肌は、「彼女」という自分と関係性が近い相手の場合に、理想と感じるよう。

同イベントにて発表された調査結果から、ツヤの強弱や範囲を変化させれば、自分が男性に与えたい印象をそのときどきで変化させられる傾向にあることがわかりました。


注目アイテム、調査結果の発表など、盛りだくさんの内容だった「カネボウ化粧品・2018年春夏新製品発表会」。ご紹介した最新メイク情報を、今後のメイクやスキンケアにぜひいかしてみて!

問い合わせ/カネボウ化粧品 0120-518-520
www.kanebo-cosmetics.co.jp


-------------------------
Editor:Yukino Tamae
-------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW