(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

オーバーサイズが旬!ブルゾンジャケットで作る辛口コーデ

2018/02/17

秋から引き続き大活躍のブルゾンジャケット。旬なオーバーサイズを選べば、厚手のニット・スウェットやパーカーももたつかずインナーとして着やすくなります。冬には、トレンドのファーやボア、キルティング素材のものもオススメ。今回は、スポーツミックスやミリタリー風など辛口なブルゾンジャケットコーデをInstagramから集めてみました。ボトムスとのバランスのとり方など、こなれ感たっぷりなコーデのアイデアをぜひチェックしてみてください。

華奢見え効果も!ビッグブルゾンジャケット×コンパクトボトムス

NOAさん(@noaaa.wear)がシェアした投稿 -

ブルゾンジャケットの代表格、MA-1もビッグサイズをチョイス。肩を落としてラフに着こなしてみましょう。こちらのコーデでは、全体を黒とカーキのみで統一し、とことんカッコよく辛口に仕上げています。上下の色を揃えるとIラインが強調されるため、スタイルアップ効果が狙えて◎。スキニーパンツでボトムスをコンパクトにした分、足元に少しボリュームを持たせると、バランス良くまとまります。毎シーズン大人気の『Dr.Martens(ドクターマーチン)』のショートブーツは、スカートにも合い幅広く活躍するアイテムです。

#Aiさん(@lve_xxxx)がシェアした投稿 -

シャーリング入りのボリューム袖がぱっと目を引くブルゾンジャケット。秋冬らしいベロア素材となっています。一見他との組み合わせが難しそうにも感じますが、ショート丈で身頃がコンパクトなシルエットとなっているため、意外にもボトムスを選びません。今回のように、タイトスカートでクールな中に女性らしさを感じられる着こなしの他、ワイドパンツのような広がりのあるアイテムを合わせても素敵です。

ゆるっとしたサイズ感が絶妙なブルゾンジャケットを使った辛口カジュアルコーデです。全体がモノトーンでシンプルですが、ファーバッグやボアアウターなど異素材のアイテムを取り入れることで、よりオシャレ感がアップ。スニーカーやキャップなどスポーティーな要素もありつつ、レトロなケーブル編みニットでほんのりガーリーな雰囲気も漂います。黒のアウター・スキニーパンツの間にニットの白を挟むことで、メリハリのついた着こなしとなっています。

\お好きなコーデは見つかりましたか?/

ハッシュタグ【#mineby3mootd】をつけてInstagramに投稿していただいたコーデ写真から、ピックアップしてご紹介しました。毎日のオシャレをあなたらしく楽しんで!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW