(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

着こなしに新鮮なリズムを生む、パープルの魅力にフォーカス

2018/01/03

パープルと聞いて思い浮かべるのは、ミステリアスや妖艶といったイメージですが、今季は差し色としてライトに見せるテクが人気を集めています。スウェットでカジュアルダウンさせたり、スカートでフェミニンシックに仕上げたり…etc。1点投入をルールに、あくまでアクセントとして活用する。その気負わなさが、コーデを成功に導く鍵となります。

コージーなスタイルに効く、ヴィンテージ風のパープルスウェット

ポップなロゴ入りトップスは、ユーズド加工が施されたことで、ラベンダーのような落ち着いた色合いに。ほかのアイテムとの調和もとりやすく、ヴィンテージ風の着こなしにぴったり。相棒に選んだのは、対照的なフレアのリブニットパンツ。フロントだけタックインして、こなれたリラックスムードを演出してみて。

パープルの変形スカートで、いつもの着こなしを華麗にモードアップ

エフォートレスな雰囲気が魅力のハイネックのケーブルニット。カジュアルな印象が強いアイテムだけに、気の利いたボトム選びで差をつけたいところ。そんなときには、パープルの変形スカートをセット。インパクトのある発色や、アシンメトリーなシルエットがスタイルに奥行きを生み、ドラマティックな装いが楽しめるはず。

ノーブルなコートを、パープルの縦長ラインでエッジィに昇華

真っ白なチェスターを肩にひっかけ、こなれた女っぽさを意識したコーディネート。起毛仕立ての柔らかなニットは、鮮やかなパープルのラップスカートにイン。スタイリッシュなIラインをメイクして、モードなエッセンスを注入。バッグも白をチョイスすることで、スカートのヴィヴィッドな発色がより一層引き立ちます。

小物でスパイス的に取り入れる、上級者なパープル活用テク

パープル使いにまだ抵抗がある人は、小物から取り入れていくのがおすすめ。例えばこんなクラッチをポイントにしたコーディネート。フェミニンなガウン風カーデを、ワイドデニムでハンサムに着崩したら、仕上げにバイカラーのクラッチを投入。ホワイト×パープルのコンビなら、印象もクリーンに仕上がるはず。

ハッシュタグ【#mineby3mootd】をつけてInstagramに投稿していただいたコーデ写真から、ピックアップしてご紹介しました。毎日のオシャレをあなたらしく楽しんで!

------------------------------
Text:Yuri Tanaka
------------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW