(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

クローゼットの万能選手、ボーダーを今年らしく取り入れる秘策とは

2018/01/02

ストリートからモードまで幅広くフィット、ワードローブの鉄板として殿堂入りしているボーダートップス。今季もタートルやボートネックなど、様々なデザインが登場しています。ボアコートやライダースなど、アウターとのマッチングで差をつけるのはもちろん、ピッチやカラバリでも遊びながら、自分らしいボーダースタイルを確立させて。

ボーダーをクールに見せたいなら、ブラックの分量を多めに

今の季節だからこそ取り入れたい、ボーダーのタートルニット。ピッチ太めのカジュアルデザインも、黒をベースにすると大人っぽい雰囲気に。ベージュのパンツやロゴ入りトートでシンプルシックに仕上げつつ、ライダースでロックなムードを注入。色数は3つに絞り、シャープに仕上げると好バランスをキープできます。

ムートンとの合わせワザで、ボーダーを今年のトレンドコーデに昇華

クローゼットに1枚は眠っていそうなボーダーカットソー。ピッチ細めの柄なら、ムートンのようなインパクトアウターと合わせても、主役を邪魔することなく自然となじみます。デニムをロールアップして白ソックスをチラ見せしたり、サングラスを足したり。細かなディテールまで気を配り、見え方を今っぽくアップデートさせて。

ミニマルなボーダールックは、シャギーファーで大胆に着崩す

niko and…のVネックボーダーを、ブラックデニムとコンバースで辛口カジュアルに。黒×白のバイカラーで魅せるシンプルな合わせながら、アウターにもふもふのシャギーファーをプラスしたことで、一筋縄ではいかないインパクトコーデが完成。ハズシとして、超ビッグなキャンバストートを選んだのもニクい!

ハッシュタグ【#mineby3mootd】をつけてInstagramに投稿していただいたコーデ写真から、ピックアップしてご紹介しました。毎日のオシャレをあなたらしく楽しんで!

------------------------------
Text:Yuri Tanaka
------------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW