こなれ感には意味がある!春夏秋冬こなれ感コーデ【29選】
FASHION

こなれ感には意味がある!春夏秋冬こなれ感コーデ【29選】

2019/10/16

最近よく聞く“こなれ感”というワード。なんとなく雰囲気はわかるけど、「ファッション上級者じゃないと難しそう」「具体的にどうしたらいいかわからない」いう人も多いはず。ここでは、“こなれ感”を出すにはどうしたらいいか、具体的なコツと実際のコーデをご紹介します。ぜひ“こなれ感”コーデにトライしてみて。

デニム×デニムだけれど、おしゃれに見えちゃう“こなれ感”コーデ。ポイントは、“隙”を作る袖まくりと足元のロールアップ。かっちりし過ぎない着こなしが“こなれ感”を生んでいます。

夏の“こなれ感”コーデ

夏の“こなれ感”コーデは、清涼感がポイント。ルーズなゆるっとシルエットや肌見せで涼やかなムードを漂わせて。大人のコーデにはシックな色のチョイスが◎。

ゆるっとシャツ&フロントイン

ゆるっとシャツ&フロントインしたコーデ画像

ゆるっとしたサイズ感のトップスを、“フロントイン”。白いトップスは涼しげで、大きなサイズ感もあいまって見事な“こなれ感”に。袖をまくるのもルーズさがプラスされてGOOD。

カジュアルワンピ&シックなカラー

カジュアルワンピ&シックなカラーのコーデ画像

夏に着やすいゆるっとワンピは、シックなカラーをチョイス。カジュアルなアイテムこそシックなカラーを選ぶのが、“こなれ感”を出すテクニックです。

ワントーンコーデ

ワントーンコーデ画像

全身黒の、ワントーンコーデ。ワントーンでそろえるのも、“こなれ感”を出すコツです。トップスのゆるっと感も大事。黒で引き締まるので、大きめサイズでもダボついた印象にはなりません。

バックコンシャス&アップヘア

バックコンシャス&アップヘアのコーデ画像

背中がほどよく開いた“バックコンシャス”がポイント。デニムを合わせてもフェミニンで上品な印象に。“バックコンシャス”にはお団子などのアップにしたヘアスタイルが似合います。

秋の“こなれ感”コーデ

秋のコーデで“こなれ感”を出すには、ルーズなサイズ感や秋っぽい色味が大事。肌寒くなりジャケットが必要になるこの季節。ジャケットを“抜き襟”でルーズに着たり、くすみカラーをチョイスしたりして秋らしさを演出しましょう。

ゆるっとアウター&抜き襟

ゆるっとアウター&抜き襟のコーデ画像

ウェストマークのコーデュロイジャケットを“抜き襟”で。ジャケットのゆるっとしたサイズ感も“こなれ感”を出すのに一役買っています。しかもワントーンコーデでさらに“こなれ感”を演出。

秋色ジャケット×抜き襟

秋色ジャケット×抜き襟のコーデ画像

秋色ジャケットを“抜き襟”で着用。それだけでも自然と“こなれ感”が漂います。さらりと流行を取り入れて着こなすスタイルが、おしゃれな“こなれ感”なのです。

次ページ> 冬の“こなれ感”コーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW