(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

スタイルアップだけじゃない!ハイウエスト×ボトムで叶える洗練された冬の着こなし

2017/12/16

「“ハイウエスト×ボトム”といえば足長効果」というのは、今や常識。トップスをウエストインして腰を高く見せるというテクニックも、オシャレに敏感な大人女子たちは既に上手に取り入れています。これからは、普段の着こなしから少し離れて、新たなジャンルに挑戦するステップ。これから紹介するインスタグラマーたちを参考に、手持ちの“ハイウエスト×ボトム”を使って新鮮なコーデにトライしてみましょう!

ワイドパンツで魅せるエレガントな“ハイウエスト×ボトム”

nakkooさん(@nakkoo555)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

とろみ感が女性らしい“ハイウエスト×ボトム”は、上品な着こなしが叶う優秀アイテム。ウエストのフリルやリボン、爽やかなホワイトカラーが着こなしをパッと華やかにしてくれます。ウエストは細く見せながらも、ゆったりと着られるところも◎。冬らしいスモーキーカラーとも相性抜群です。

出典元:Instagram

腰部分の折り返しが個性的な“ハイウエスト×ボトム”。メンズライクなチノ素材のワイドパンツですが、ファーバッグやレザーアイテムを上手く合わせて、エレガントな大人の着こなしになっています。少しカジュアル感を足したいときに真似したいコーデです。

出典元:Instagram

こちらの“ハイウエスト×ボトム”コーデは、クラシカルなグレンチェック柄パンツをスニーカーでカジュアルダウン。ワイドパンツにオーバーサイズのコートだとバランスをとるのが難しいですが、クールなモノトーンカラーでまとめてすっきりと見せています。

デニム派のマニッシュな“ハイウエスト×ボトム”スタイル

出典元:Instagram

こちらのデニムの“ハイウエスト×ボトム”は、個性的な腰回りのデザインがコーデのいいアクセントになっています。全体的にはラフな雰囲気でありながら、ボリュームたっぷりのファーを取り入れてレディ要素もプラス。息抜きしつつ適度なオシャレも忘れない、大人の余裕を感じさせるコーデです。

AYUさん(@ayuuu_mam)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

テーパードデニムの“ハイウエスト×ボトム”は、マニッシュコーデにおすすめ。カラーソックス×レオパード柄シューズや、ハイブランドのボストンバッグなど、小物使いにもセンスが光ります。ざっくりとしたオーバーサイズニットとも相性がいいです。

出典元:Instagram

グレンチェックのビスチェと合わせれば、デニムの“ハイウエスト×ボトム”も、レディな雰囲気になります。野暮ったくなりがちなカラーリングを、ハイセンスにまとめるテクは真似したくなるコーデ。存在感のあるベルトでウエストマークするのもおすすめです。

ミディスカートで“ハイウエスト×ボトム”をセクシーに魅せる

M i h oさん(@miho_ike)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

ベージュの“ハイウエスト×ボトム”は、ごつめのバックルが付いたベルトがクールな印象。レザーのジャケットやブーツ、ハイネックニットを合わせて、かっこよくもセクシーな大人の女性を演出しています。ベージュのスカートをクールに着こなしたいときに、参考にしてみましょう。

#Aiさん(@lve_xxxx)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

オールブラックな“ハイウエスト×ボトム”コーデ。タイトなハイウエストスカートで、全体のシルエットを細く見せるバランスが絶妙です。ロゴトップスは、上半身に視線を集中させる効果があるため、ハイウエストのときにおすすめ。コーデを引き締めてくれます。

出典元:Instagram

ふわっとひろがるAラインスカートを使った“ハイウエスト×ボトム”コーデは、エレガントな雰囲気が魅力。コンパクトなトップスやピンヒールパンプスを合わせて、華奢に着こなしましょう。少しオシャレしていきたいディナーやカジュアルパーティーにもおすすめです。

出典元:Instagram

鮮やかなイエローの“ハイウエスト×ボトム”は、冬にこそ着たい華やぎアイテム。ブラックやグレーといった渋めカラーの中に、明るさをプラスしてくれます。シャツの袖をウエストで結んだようなデザインもオシャレ。技ありデザインは、それだけでセンスアップさせてくれる万能アイテムです。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW