(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

チェーンショルダーバッグならプラスするだけで大人セクシーさがアップ

2017/11/17

カジュアルスタイルにもボーイッシュラフなデイリーファッションにも、プラスするだけで大人セクシーな雰囲気にチェンジできる、チェーンショルダーバッグ。シンプルなデイリーコーデを格上げしてくれる、秋冬ワードローブに加えておきたい強い味方です。そんなチェーンショルダーバッグを合わせたオシャレ上級者さんのコーデをチェックしてみましょう。

グリーン系のチェーンショルダーバッグで落ち着いた雰囲気をプラス

@tei11107がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

ホワイトの刺繍トップスにブラックのワイドパンツを基調としたモノトーンコーデ。パンプスもシルバーで全体のバランスは良いけれど、少し寂し気がするというときにさりげなくオンしたい!そんなときに活躍するのがモカグリーンのチェーンショルダーバッグです。

yonさん(@yons.dairy)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

ブラウンのパンツにホワイトのフリルブラウスが洗練された大人の女性っぽさを出しているコーディネートです。アウターにデニムをチョイスすることで、大人カジュアルな子どもとお出かけスタイルに。オフグリーンのくすんだチェーンショルダーバッグがベストマッチ。

ピンク系のチェーンショルダーバッグなら華やかさをプラス

Rie.さん(@riana1128)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

しっとりとした質感のVネックニットは流行色のマスタードカラー。パンツはベージュで使い回ししやすいコーデです。差し色にもなるチェーンショルダーバッグは濃いめピンクとゴールドの合わせ技でぱっきりとしたモードな仕上がりになっています。

Yuukiさん(@yuu_renon)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

淡いオフホワイトのニットに、くすみピンクのループファーがよく合うキュートなスタイル。黒のマリンキャップと黒のボトムスを合わせることで、甘くなりすぎないMIXコーデが決まっています。チェーンショルダーバッグはベージュで大人の女性らしさをオン。

ブラック系のチェーンショルダーバッグで大人セクシーさをプラス

出典元:Instagram

パッと目を引くアウターは、流行のポケットファー。カラーはグレーなので着回しにもぴったりです。インナーはブラックのニットと、ワインレッドのスカートとブラックのチェーンショルダーバッグが大人セクシーなディティールに仕上げています。

m i k aさん(@07_m_i_)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

ざっくり開いたVネックのトップスに、レオパードのあったかストールとブラックのチェーンショルダーバッグをオンした大人セクシーなスタイル。すっきりとした脚長ラインをキープしてくれるボトムスがシルエットを綺麗に仕上げています。

YURIさん(@lily112988)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

もこもこなのにデコルテが綺麗に見える大人セクシーなふんわりブラウンニットがメインのスタイル。黒のブーツとチェーンショルダーバッグで洗練された都会の女性らしさをプラスしています。ボトムはスリムタイプで高見えするディティールに。

合わせやすいグレー系のチェーンショルダーバッグでトータルコーディネート

Miyoさん(@miyopu)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

ブラックの細見えデニムにデコルテ見せのホワイトリブバレエネックTが女性らしいラインをアピールしてくれるモノトーンコーデです。チェーンショルダーバッグとパンプスはグレー系のカーキグリーンにすることで、もう一歩上級の好シルエットに。

出典元:Instagram

ぽってり袖がかわいいグレーニットに、ブラックのふんわりAラインスカートが甘めのディティールです。チェーンショルダーバッグを重めチェーンのデザインにして、足元のブーツをメンズライクにすることでバランスの良い甘辛MIXスタイルに。

出典元:Instagram

ドットサロペットがとても目を引く大人カジュアルなホリデースタイル。トップスはワインレッドカラーのメリノブレンドベルスリーブセーターで、セクシー過ぎないデコルテ見せが大人カジュアルなディティールです。チェーンショルダーバッグはもけっとしたグレーでバランスよく。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡
みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW