(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

秋のカジュアルはコットンパンツで決まり!ゆるっと&きれいめムードにこなれよう

2017/11/15

いつものデニムもいいけれど、トラッドなムードが高まる秋にはコットンパンツがおすすめです。タック入りならトラッドアイテムとも好相性。ワイドなシルエットなら、きれいめをキープしながらも、ゆるっとリラックス感のある雰囲気に仕上げることができます。動きやすいのにきれいめに見えるところは、ママにも嬉しいポイントです。秋らしいコットンパンツのお洒落スナップを集めてみました。

ベージュのワイドコットンパンツは着回し力高し

出典元:Instagram

オトナ女子のデイリーカジュアルには、着回し力の高いベージュのワイドコットンパンツがおすすめです。どんなアイテムとも合わせやすく、トレンド感の漂うゆったりシルエットにまとまります。黒やボルドー、ブラウン、マスタード色と、合わせる色を選ばないのも魅力です。

出典元:Instagram

こちらはベージュのワイドコットンパンツに柄アイテムをうまく合わせて、洒落感たっぷりのカジュアルになっています。ボーダーTシャツとチェックストールという柄同士の技ありコーデも、シンプルでちょいトラッド感のあるベージュコットンパンツだからこそ上品にまとまります。

ベージュのタックコットンパンツできれいめトラッドに

AYUさん(@ayuuu_mam)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

ベージュのタックコットンパンツは、トラッドでマニッシュなムード。秋のカジュアルスタイルを大人に着こなすのにおすすめです。このように黒やブラウンのアイテムと合わせて、シックな色使いにまとめて。シューズのレオパード柄がさりげないアクセントになっています。

出典元:Instagram

こちらはベージュのタックコットンパンツをボーダーTシャツ&スナップカーディガンと合わせてシックなカジュアルに。フレンチシックなカジュアルにまとめるかと思いきや、あえてアメリカントラッドな『US. POLO(ユーエスポロ)』のロゴバッグでハズしているところが、オシャレ上級者です。

白のコットンパンツで抜け感をプラス

出典元:Instagram

暗くなりがちな秋冬のコーデに、白のコットンパンツで抜け感を出すのが今っぽい着こなし方。こちらはライダースジャケットをモノトーンのグラデーションコーデで大人っぽくまとめています。コットンパンツの程よいゆとりと、折り返した裾がかわいらしい印象です。

#manaさん(@mana.801)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

こちらは白のワイドコットンパンツに黒の袖コンシャストップスを合わせて、キャップで今っぽ顔にまとめています。トップスをワイドコットンパンツにインしてウエスト位置を高くすることで、足長効果が期待できます。織り模様のフェミニンバッグをシンプルカジュアルのポイントにプラスしてこなれて。

カーキのコットンパンツでちょこっとワーク感

出典元:Instagram

カーキのコットンパンツはワーク感漂うメンズライクなアイテムですが、ワイドならば男っぽくなりすぎず、トレンド感のあるムードになります。ベーシックな杢グレーのスウェットとワークっぽく合わせたら、ウエストインするとぐっと洗練されたシルエットに変身。

#manaさん(@mana.801)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

カーキのコットンパンツでも、このようにウエストリボンのデザインなら、程よくフェミニンなムードに。全体を黒でまとめてカーキをプラスすることで、こびない大人なムードが漂います。シンプルカジュアルには、ファーバッグでさりげなくリズム感をプラスして。

こんなカラーもおすすめ!秋色コットンパンツ

出典元:Instagram

秋色のコットンパンツも続々と登場しています。こちらはきれいなボルドーのコットンパンツで、ちょいおすまし顔のお出かけカジュアルに。マニッシュなコーディネートですが、パンツのカラーとインしたレーストップスで程よい甘さを加えて、全体をバランスよくまとめています。

出典元:Instagram

ネイビーのコットンパンツはカッチリとした印象ですが、サスペンダータイプならイマドキスタイルになります。あえてトラッド感とは対照的な鮮やかなアビスカラーを合わせて抜け感をプラス。黄色の挿し色で遊べば、ぐっとこなれた雰囲気のカジュアルに格上げできます。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW