(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

キャスケットを活用!おしゃれな秋マリンコーデまとめ

2017/11/25

ニットのトップスやファー素材の小物など様々なアイテムが出てくる秋は、おしゃれが楽しめる季節。でも、アイテムが豊富だからこそ組み合わせ方が難しくなります。特にトレンドのキャスケットは、子どもっぽい印象になりがちです。そこで今回は、キャスケットを活用したおしゃれな秋マリンコーデを紹介します。今年は秋マリンコーデに挑戦したい!と思っている人は、ぜひ参考にしてください。

ボーダートップス×キャスケットはカジュアルにキマる!

COCOさん(@rococo39)がシェアした投稿 -

ボーダートップスにキャスケットを合わせたコーデは、マリンコーデとして夏の印象があります。しかし、近年は秋マリンコーデが流行中。長袖のボーダーや秋らしい小物と合わせると秋の印象にすることができます。このコーデのように、ファー素材のバッグや秋色パンツと合わせて秋マリンコーデをしてみてはいかがでしょうか。

秋マリンコーデをよりカジュアルにしたい人は、カーキのジャケットとスニーカーを合わせるのがおすすめ。ボーイッシュな印象のアイテムを組み合わせるだけで、カジュアルに仕上がります。このコーデのように、女性らしいシルエットのキャスケットを選ぶと大人カジュアルコーデにもなります。

@peony12108がシェアした投稿 -

ボーダートップスにキャスケットを合わせたシンプルコーデ。柄のあるトップスはシンプルなアイテムをプラスすると、スタイリングしやすくなります。シンプルコーデはビビットカラーの指し色を入れるのがおすすめ!女性らしい赤の指し色は、シンプルコーデを格上げしてくれます。

定番!キャスケットにパンツを合わせたコーデ

@m317fがシェアした投稿 -

ビビットな黄色のトップスとパンツを合わせた大人カジュアルコーデ。キャスケットやジレ、パンプスを黒で統一することでおしゃれ感がグンとアップしています。暗い印象になりやすい秋冬コーデは、指し色を入れると◎!人と差が付くおしゃれコーデが完成します。

RIN.さん(@_rinco._)がシェアした投稿 -

明るめのトップスを着る時は、ダークカラーのパンツやキャスケットを合わせてみてください。締め色を上下に加えることで、全体がきれいにまとまります。コーデにアクセントを加えたい人は、アニマル柄の靴を取り入れてはいかがでしょうか。このコーデのようにパイソン柄のパンプスを履くとかっこよくキマります。

manaさん(@ma_anmi)がシェアした投稿 -

ロングシャツにサッシュベルトやストールを合わせた女性らしいコーデです。女性らしいコーデは、キャスケットなどボーイッシュな印象のアイテムをいくつか取り入れると◎!印象の違うアイテムをミックスすることでこなれ感を出すことができます。

白のトップスに黒のパンツを合わせたコーデ。キャスケットと靴を黒で統一し、コーデ全体をきれいにまとめています。このコーデのようにモノクロコーデをするときは、色物のアイテムをいれるとおしゃれ度がアップ。シンプルなモノクロコーデもおしゃれに格上げすることができるでしょう。

キャスケットにスカートやプリーツパンツを合わせると女性らしくなる!

キャスケット×スカートのコーデを初めてチャレンジする人は、まずデニムのスカートを合わせてみてはいかがでしょうか。カジュアルなデニムはボーイッシュなキャスケットと合わせると、大人カジュアルに仕上がります。ワンランク上の大人カジュアルコーデを目指すなら、小物選びも大切!ファー素材の靴やスカーフをベルト代わりにすれば、おしゃれ度が増すでしょう。

カーキのトップスにボルドーのスカートを合わせたコーデ。夏をイメージさせるキャスケットは、秋らしい色合いのスタイリングを合わせると秋マリンコーデが完成します。コーデをシンプルにまとめたら、小物でアクセントをつけると華やかに!ファーパブーシュやゴールドが付いたピアスなどは、女性らしさを強調してくれます。

黒トップスにプリーツパンツを合わせた大人コーデ。このコーデは、カジュアルなデニムジャケットとキャスケットを組み合わせて、こなれ感を出しています。歩くたびに揺れるプリーツパンツはエレガントに見えるので、大人女子におすすめ!カジュアルなコーデも上品にまとめることができるでしょう。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡
みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW