暖かいオシャレコーデはどう作る?トップスから足元まで着ぶくれしない正解コーデ術
FASHION

暖かいオシャレコーデはこう作る!着ぶくれしない正解コーデ術

2019/12/25

暖かさを追求すると、どうも着ぶくれしがちになったり、重ね着するアイテムが合わずアンバランスな仕上がりになったりしてしまうこともしばしば。そんな残念コーデを防ぎたい! と思っている人のために、トップスから足元に分けてあったかおしゃれアイテム&着こなし術をMINEが徹底紹介します! 正解コーデをマスターしてまわりと差をつけましょう♪

暖かいオシャレを作る【2つの工夫ポイント】

適当に洋服を組み合わせると、残念コーデになりかねない。そこでまずは、正解コーデを作るためのふたつのポイントをご紹介します!

(1)素材選びにこだわって

暖かそう! と思っても実は涼しい素材だった……なんて経験がある人もちらほら。防寒目的なのに、体が冷えてしまったら元も子もない。オススメの暖かい素材は『ウール』『カシミヤ』『コーデュロイ』。ぜひ意識して試してみて。

(2)重ね着しすぎない

寒いからといって重ね着をしすぎてしまうと、着ぶくれの原因に。必要なものだけを重ねて、抜け感を出すことが重見えしないポイントです。

暖かい『トップス』コーデ

寒い時期は、自然とコーデが暗くなってしまったり、一歩間違えると太見えしてしまったりするのが悩み。でも、トップスの色味をチェンジ&コーデを一工夫するだけで、そんな悩みは解決するかも。おしゃれさんを参考に、あったかオシャレコーデをマスターして!

ニット

ニットのコーデ画像

秋冬になると着ない人はいないほど人気の高いニット。とくに、首元が隠れる「タートルネック」「ハイネック」は暖かさが倍増する万能アイテム。体のラインが出にくいゆったりニットを選ぶときは、太見えしないように抜け感を出したり、すっきりしたボトムスをチョイスするのが正解。タイトスカートは脚のラインが出て、女性らしさをアップしてくれる効果もあるのでオススメ。足元の寒さが気になるなら、レギンスを履いて暖かさ&こなれ見えを。

ボアパーカー

ボアパーカーのコーデ画像

見ているだけで暖かくなれるボアパーカーは、もちろん着心地も◎。そのかわいらしいモコッとした見た目に惹かれて、おしゃれファンも急増中! デニムと合わせればカジュアルに、スカートと合わせると女性らしくキマります。

重ね着

重ね着したコーデ画像

ビスチェはオールシーズン使える優秀アイテム。春夏は単品使いや薄手のトップス合わせで活躍しますが、秋冬はニットやトレーナーと合わせてシフトチェンジするとGOOD。幼くなりがちなチェック柄は、落ち着きのある色味のグレンチェック柄を選ぶと大人顔へと変身できちゃいます。トップスの色味を変えるだけでイメージチェンジを図れるので、コーデの幅が広がること間違いなし。

暖かい『ボトムス』コーデ

クールに見せたり、女性らしく見せたりいろいろな表情が楽しめるボトムス。でも、寒くなるとパンツ派になりスカートはお休み……なんて声も。そんな女性のために、寒くてもOKなパンツ&スカートコーデをレクチャーします。

ニットパンツ

ニットパンツのコーデ画像

ラクかわなニットパンツは、旬顔になれちゃうおしゃれ女子のマストアイテム。秋冬向きに見えて、コーデしだいでは春夏にも着用できる着まわし力抜群なところも魅力のひとつ。ニット×ニットコーデは、新鮮味&暖かさを同時ゲットできる組み合わせ。

ベロアパンツ

ベロアパンツのコーデ画像

光沢感が魅力でリラックスムードも高めてくれるベロアパンツ。寒くなると頻繁に見かけるようになるけれど、「着こなしが難しそう」「似合わなさそう」なんて声も。でも、実はいろいろなトップスと合わせやすくてカラーバリエーションも豊富なので、初心者さんでもテクいらずで真似できる優れモノ。敬遠していた人もこの機会に挑戦して、おしゃれさんの仲間入りをしてみては?

キルティングスカート

キルティングスカートのコーデ画像

中綿が入ったキルティングスカートは、暖かさとおしゃれ見えの両立を叶える一品。大人っぽい雰囲気が楽しめるボルドーカラーには、黒を合わせてシックにキメて。秋冬感満載のキルティングスカートは、個性的な見た目でまわりと一味違ったスカートコーデが楽しめるかも……?

ロングスカート

ロングスカートのコーデ画像

足元を覆うロングスカートは、足の冷えをカバーするのに最適! さらに、ロング丈は落ち着きを感じさせてくれるので、大人女性にピッタリ。薄緑に白トップスを合わせるときは、ぼんやりしないように黒のアイテムを投入してメリハリを効かせて。

暖かい『ワンピース』コーデ

一枚でコーデが完成するワンピースは、初心者さんも上級者さんも助かる便利アイテム。でも、ラクちんだからこそマンネリ化しがちな人もいるのでは? そこで、マンネリを防ぎつつ、着まわし力も抜群のあったかコーデをピックアップ!

ニットワンピース

ニットワンピースのコーデ画像

ワードローブに一枚は持っている! なんて人も多いニットワンピース。定番のパンツをレイヤードしたスタイルは、より暖かさをゲットできる定番コンビ。ちょっと飽きた……なんて人は、ワンピースのなかにトップスを仕込んでチラ見せするテクでマンネリを回避して。

コーデュロイワンピース

コーデュロイワンピースのコーデ画像

見るからに暖かく、そしておしゃれ見えするコーデュロイワンピース。秋冬特有の着ぶくれが気になる人は、ウエストマークされたワンピースでスタイルアップを狙うのが正解。落ち着いたトーンの紫は、大人っぽさを際立ててくれる万能色です♪

重ね着

ワンピースの重ね着コーデ

暖かい時期に一枚で着られるワンピースは、寒くなってきたら重ね着をしてオールシーズン着まわして。色や形がシンプルなワンピースには、特徴のある形のブラウスもしっかりなじむ。深緑と好相性な黒を選べば、簡単にコーデがキマります!

暖かい『アウター』コーデ

アウターを着ると一気に着ぶくれしてしまう人は、バランスが大切。いつも似たようなアウターになりがち……着こなし方がわからない……という人のために、おしゃれコーデを3選お届けします!

ダウンコート

ダウンコートのコーデ画像

軽さと暖かさの両立が叶うダウンコート。動きやすさも◎なので、おでかけシーンにもピッタリ。ボリュームがあり、暖かさが期待できるぶん着ぶくれしてしまうことに悩む人も多いのでは? そんなときは、広がりの少ないワンピースや、ピタッとしたボトムスと合わせると解決するかも。白ワンピース×白ダウンコートで清潔感をアピールしたら、足元は黒が入ったスニーカーでバランスを取って。

ファーコート

ファーコートのコーデ画像

主役級の存在感を発揮するファーコート。モノトーンフラワーがデザインされたロングワンピースと合わせると、エレガントな雰囲気に。髪を結んで首見せをすると、重見えを回避できてコーデの格上げが叶う。

重ね着

パーカーにアウターを重ねたコーデ画像

パーカーにアウターを重ねたあったか重ね着コーデ。パーカーのフードや袖元を出すと、アウターを一枚で着るよりグッとこなれ感やおしゃれ度がアップします。足元は差し色役として赤パンプスを追加。足元からじわじわとレディ感漂うスタイリングに。

暖かい『足元』コーデ

「おしゃれは足元から」なんて言葉があるけれど、寒いと同じ靴になってしまったり、足の甲がでるパンプスは避けたりする人も多いはず。でもそんなのもったいない! 寒い日でも安心して履きこせる足元コーデをマスターして、まわりと差をつけて。

ムートンブーツ

ムートンブーツのコーデ画像

秋冬の定番アイテム、ムートンブーツ。暖かくてかわいいけれど、子供っぽくなりそうで抵抗感のある人も多いのではないでしょうか。そんなときは、シンプルな茶ニット&ボトムスと合わせて大人っぽくキメて。

パンプス×靴下

パンプス×靴下のコーデ画像

パンプス×靴下は冷える日に最適のおしゃかわな組み合わせ。合わせ方が分からない人は、白靴下を選択しておけば◎。グレーニットにデニムを合わせたシンプルコーデは、足元に明るいカラーを選択して色味を調整するのがコツ。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW