(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

秋のマストアイテム“羽織りもの”は野暮ったく見えないことが重要

2017/10/15

すっかり秋らしくなった今日この頃。羽織りものが必需品になってきました。しかし秋の羽織りものは、トップスとボトムのバランスをうまく取らないともたついてしまうことがあります。そんな野暮ったさを回避する、羽織りものを上手く着こなすコツをご紹介します。

羽織りもの:黒カーディガンでシックに

#Aiさん(@lve_xxxx)がシェアした投稿 -

『ModeRobe(モードローブ)』の羽織りものに、センシュアルなキャミソールを合わせたシックスタイル。漆黒のトップスに、ライトな色落ちデニムの配色が媚びない女性を彷彿とさせ、クールなムードにまとめています。キャップやスニーカーも黒で統一。

@kumixがシェアした投稿 -

『UNIQLO(ユニクロ)』のトップス、ボトムスのプチプラファッションです。パキッとしたオレンジスカートがヘルシーさと女性らしさを兼ね、トップスと羽織りものの黒が派手見えを抑えます。都会的でありながらも、スニーカーで外しの効いたスタイリングに。

羽織りもの:カジュアルな使い方

カーキのオールインワンはスタイリッシュだけどクールになり過ぎず、大人にちょうどいい塩梅に。『Mila Owen(ミラオーウェン)』のライトグレーの羽織りものをさらり肩掛けし、ラフなリラクシームードに傾けます。かっちりバッグが大人に格上げ。

『The Secret Bean(ザシークレットビーン)』の羽織りものはボーダー、そして『UNIQLO』のブルートップスで爽やかさ満点の好感度コーデです。オフィスコードも難なくクリアするスタイリングは、個々がベーシックなアイテムで着回し力高めです。

羽織りもの:ジャケット肩掛けが大人らしい

『GU(ジーユー)』のグレンチェックジャケットを肩掛けするだけで、イマドキコーデの完成。インナーの白トップスと合わせることで、シンプルさがよりこなれ感を増幅させ、秋にしかできないスタイリングです。ベーシックな装いが羽織りものでブラッシュアップ。

白×黒×ブルーの配色がマリンルックに仕上げます。明るめのデニムジャケットは表情を軽やかにし、全体をトーンアップ。夏仕様のマリンスタイルも、羽織りものを足すだけですっかり秋にシフトチェンジしてくれます。一枚あると便利なアイテム。

羽織りもの:絶妙バランスコーデ

ワークでミリタリーな雰囲気を醸す羽織りものは、『TODAYFUL(トゥデイフル)』のアイテム。ゆったりラフなフォルムながらコンパクトな丈感で、野暮ったく見えることなくまとまりの良いスタイリングに仕上げています。黒のワイドパンツは腰の張りをカバー◎。

リラクシーでカジュアル度高めのサロペットデニムには、ロング丈の羽織りものを使ってIラインを作り、縦長のバランスに整えます。ショート丈にすると幼さが増しキュートな雰囲気に傾け、また違ったニュアンスにシフトチェンジすることができます。

羽織りもの:ロング丈なら憧れレディに

エッジィで媚びないムードは、女子ウケばっちり。ゼブラ柄のボトムスが辛口で、ハイセンスな仕上がりです。さらにマキシ丈の羽織りものを合わせれば、パンチ力が和らぎ、ゼブラ柄がナチュラルにハマってくれます。

颯爽な立ち振る舞いを叶える羽織りものは、『ZARA(ザラ)』のもの。オフホワイトの色味が柔和に馴染み、大人女子に取り入れやすいのも魅力です。細身のパンツでスタイリッシュに、ワイドパンツやロングスカートでハンサムにも振れる有能アウターです。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW