FASHION

ネックレスと服装の合わせ方で、印象ガラリ!アクセサリー選びのコツ

2018/12/10

ネックレスは身につけやすいアクセサリーであることから、おしゃれの初心者も上級者も気兼ねなくつけられるアイテムです。お気に入りのネックレスがある人も多いのではないでしょうか?しかし、いつも同じネックレスではファッションもマンネリ化してしまうというもの。今回はコーディネート別にネックレスの合わせ方をご紹介します。

シンプルコーデでネックレスを目立たせて

シンプルなコーデにはネックレスを主役にさせることで、よりあか抜けた雰囲気に。

タートルネックには大ぶりなネックレス

タートルネックはあごの下までピッタリ覆い、顔周りをシャープに。大ぶりのパールネックレスと合わせると華やかさがプラス。また、大ぶりなピアスやイヤリングと合わせれば小顔効果も。

赤のタートルネックはパールのネックレスと相性がバツグン。ネックレスを何連も重ねてシンプルなコーデに華やかさをプラス。

ヘアカラーも黒だと、地味に見えやすい黒のタートルネックニットの着回し。CHANELのネックレスで豪華なイメージに。

Vネックには短めで小ぶりなネックレス

Vネックには首の見える部分に収まる形のアクセサリーがベスト。長いネックレスや、大ぶりのものは、Vネックの形とネックレスの形がアンバランスでダサ見えする危険アリ。

ブルーのVネックニットに小ぶりなネックレスを合わせた上品コーデ。短めなネックレスで首回りをスッキリ見せ。

クルーネックにはロングネックレス

クルーネックとは、丸首型のネックラインのこと。クルーネックは襟が開いていないので、バランスが良く合わせやすい。

ネイビーのつなぎに2連白ネックレスでアクセントを加えた着こなし。首元が開いていないクルーネックにロングネックレスを合わせてゆったりとしたコーデに。

モノトーンコーデにはシルバーのアクセサリーでクールに

モノトーンコーデと合わせるときは、シルバーのアクセサリーでスッキリとした印象に。

黒のクルーネックニットにグレーのワイドパンツの着こなし。シルバーのネックレスでクールに映えさせて。

ブラウン・ベージュと金色のアクセサリーで華やかな印象に

ベージュと金のアクセサリーコーデで、温かみを出しつつ大人の華やかな雰囲気に。

白のトップスにゴールドのネックレスで大人の女性らしいコーデ。フェミニンとブルゾンのカジュアルさを組み合わせたおしゃれな着回し。

カジュアルな着こなしにネックレスで一層おしゃれに

カジュアルなコーデにきれい目のアクセサリーを使うことで、ミックス感がうまれて突然おしゃれに。

ダンガリーシャツはパールのネックレス

ダンガリーシャツにパールのネックレスと合わせると、カジュアルにきれい目のテイストが加わり絶妙なコーディネートになります。

ダンガリーシャツにパーカ―を重ね着したラフなコーデに、パールの大粒ネックレスでカジュアルときれい目のバランスを整えてあか抜けた印象に。

ボーダー柄には青色か大ぶりなアクセサリー

ボーダー柄とブルー系統のアクセサリーを組み合わせることで、海をイメージさせて見栄えがよくなります。

アクセサリーが目立ちにくいボーダーに、大ぶりなブルーのペンダントできれい目のエッセンスを加えて。

秋冬は大きめアクセサリーで目立たせて

秋冬はニットやアウターなど、ボリュームがある洋服が多く、秋冬はブレスレットやピアスが目立ちにくい季節。アクセサリーでインパクトをつけておしゃれさんに。

こちらはべっ甲色のイヤリング。秋冬の定番カラーのブラウン系で季節感を演出して。アウターの色ともマッチしておしゃれがランクアップ。

ニットワンピにスキニーのオールブラックコーデ。シルバーの大ぶりイヤリングで派手すぎずシックで大人な印象に。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW