(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

子供っぽくならないおしゃれなスニーカーコーデを大研究!

2017/09/24

カジュアルファッションに欠かせないスニーカーは、アイテムや服装をうまく組み合わせないとなんとなく子供っぽい印象になってしまうことも。大人の女性らしいスニーカーコーデとはいったいどんなものでしょうか?パンツスタイルからスカートスタイルまで、大人が試したいおしゃれなコーデを大研究してみました。

ヘルシーコーデにスニーカーは欠かせない!

出典元:Instagram

スポーティーなデザインのワンピースには、シンプルなスニーカーを合わせてスポーツ女子のコーディネートにチャレンジしてはいかがでしょうか。帽子やバッグでより元気な女の子をアピール。バーベキューやピクニックなど、アクティブな遊びに向いています。

出典元:Instagram

かっちりとしてしまいがちなビジネスライクのファッションも、足元をスニーカーにするだけでカジュアルチェンジすることができます。会社までちょっと歩いてみたり、仕事帰りにスポーツジムに通ったりする方にもおすすめしたいコーディネートです。

大人女子のお散歩デートはスニーカーで決まり

COCOさん(@rococo39)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

都会を離れて赴く自然には、肩ひじ張らないスニーカーコーデがぴったり。いつもの大人っぽいファッションでも、スニーカーで外すことによってカジュアルダウンすることができます。ヘアバンドなどの小物は、スニーカーと色を合わせると統一感が出るように。散歩やピクニックにもおすすめのファッションです。

出典元:Instagram

原色カラーや花柄など、派手めのコーディネートはダークカラーの小物で引き締めるとメリハリがつきます。黒のスニーカーはあらゆるファッションに合わせられる履き回しのきくアイテム。1足持っておくだけで、かわいさもカジュアルさも対応できるように。

フェミニンスタイルを外すアイテムとしてスニーカーを使おう

出典元:Instagram

透け感のある素材や、レースのついたワンピースなどはデートにも着ていけるフェミニンスタイルにはもちろんのこと、レギンスやスニーカーと組み合わせれば一気にスポーティーな印象に変えることもできます。モノトーンで統一すれば、子どもっぽくなりすぎずに、大人かわいいファッションにチェンジすることも。

kei.さん(@kei.2727)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

ワンピースやオールインワンなど、1枚で存在感のある服を着るときは、小物で勝負。特に足元で印象が大きく変わるので、ピクニックなどのアクティブな予定を組んだときはスニーカーがおすすめ。カゴバッグなどのかわいらしいアイテムでバランスをとって。

ワイドパンツとスニーカーの女子らしい組み合わせとは?

ayaさん(@a.y.a_21)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

カーキ色のワイドパンツとスニーカーは相性がとてもよいですが、どうしても男っぽくなってしまいがち。バッグやアクセサリーでかわいらしいアイテムをプラスしたり、トップスはフェミニンなものを選ぶなど、コーディネートに幅を持たせるとよいです。

@sykaaa_u3u_12がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

スニーカーとパンツスタイルを合わせるときは、女性っぽいカラーを取り入れるとボーイッシュになりすぎないのでおすすめ。暗めのピンクは大人の女性でも履きやすい色使いですし、黒のトップスで引き締めれば、もったりとした印象を防ぐこともできます。

帽子とスニーカーの組み合わせでこなれたスタイルに

Atsukoさん(@onxoxo)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

ダークカラーのスニーカーは大人っぽいスタイルにも相性がよいです。落ち着いた色合いでまとめて、動きやすいスタイルに。そのままだとシンプルになりすぎてしまう場合は、帽子をプラス。キャスケットはこなれ感を出しながらも女性らしく見せてくれるアイテム。

出典元:Instagram

スポーティーな気分のときは、スニーカーにデニム、Tシャツの定番スタイルで。ただし、カジュアルになりすぎてしまったり、手抜きっぽくなりやすいので小物を使いまわすのがおすすめです。落ち着いた色のキャップはカジュアルすぎず、大人の女性が使いたいアイテムとして大活躍。スニーカーとの相性もよいです。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡
みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW