(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

ワントーンコーデはどう着こなす?こなれ感のあるワントーンコーデ必勝法

2017/09/14

「洗練された綺麗目なファッションを楽しみたい」、そんな方におすすめのコーデと言えばトップスとボトムスを同色でまとめたワントーンコーデです。上下を単色で揃えるワントーンコーデは統一感が生まれるので綺麗目な着こなしにピッタリ。とは言え、ただ色を揃えるだけではのっぺりとした地味なコーデに仕上がってしまうことも。そんなことにならないためにも、今回はこなれ感のあるオシャレなワントーンコーデ術をご紹介します。

ワントーンコーデは素材感を変えて

Atsukoさん(@onxoxo)がシェアした投稿 -

ただ色を揃えるだけではメリハリのないのっぺりとした印象を与えてしまうこともあるワントーンコーデ。トップスとボトムスの素材感をガラリと変えるだけで、立体的な着こなしが生まれます。ブラウン系のワントーンコーデもニットに艶感のあるボトムスと合わせればメリハリのあるコーデに。

白のワントーンコーデも上下で素材感を変えることが重要。質感が違う白のレース素材をトップスに持ってくることで、同色でもぼんやりとしない立体的なコーデが完成します。またレース素材は今年のトレンドアイテムのひとつなので、今風な着こなしを楽しむことも。

肌見せをプラスしたワントーンコーデ

ワントーンコーデは肌見せを意識することで肌の質感、色をプラスした抜け感のあるコーデを作ることができます。特に気温も低くなる秋は肌の露出も減り、重ね着などでファッションも重くなりがち。手首や足首を意識的に出すだけでも単調な着こなしが華やかになります。

#Aiさん(@lve_xxxx)がシェアした投稿 -

秋に着たくなるモノトーンの黒でまとめたワントーンコーデは着こなし次第では重過ぎに見えることもありますが、肩を露出したオフショルダーにするとやり過ぎ感が防げます。クールなダークカラーでも肌見せは女性の華奢感も演出できるのでおすすめ。

ワントーンコーデは濃淡を変えてみる

同色と言っても濃淡を変えるだけで立体的な着こなしを楽しめます。ブルーでまとめたワントーンコーデも濃いめのブルーを上半身に、淡いブルーを下半身に合わせるだけで綺麗なグラデーションに。程よいメリハリ感が生まれるためのっぺりとしたコーデにはなりません。

ブラウン系のカラーは落ち着いた大人の女性らしさと秋の季節感を出すのに最適。ワントーンコーデとしてブラウンを着る時も、濃淡を意識することで奥行のある華やかな着こなしになります。特にシックな色合いを好む秋冬は濃淡を変えるだけで軽やかな印象を作ることができるのがポイント。

ワントーンコーデには差し色使いも重要

@muua777がシェアした投稿 -

ワントーンコーデは靴やバックなどの小物まで同色でまとめるよりも、差し色として別のカラーをポイント使いするのがおすすめ。そうすることで目線を分散させ、ぼんやりとなりがちなワントーンコーデもこなれ感のある着こなしを作ることができます。

ブルーのデニムシャツにブルーのワイドデニムパンツのワントーンコーデ。ブルーと相性の良いイエローのパンプスを差し色として投入することで、綺麗目な印象に。反対色やそれに近いカラーを差し色として投入することでより立体的な着こなしが完成します。

セットアップで簡単ワントーンコーデ

@mmmcoco07がシェアした投稿 -

のっぺりしがちなワントーンコーデの着こなし方を色々とご紹介しましたが、簡単にこなれたオシャレを楽しみたい方にはセットアップはいかがでしょう。すでに完成されたセットアップなら、着るだけでトレンド感のあるオシャレを楽しむことができます。

ブルーのセットアップにブルーのパンプスで揃えたワントーンコーデ。完成されたセットアップはこれだけでも充分こなれ感のある着こなしになりますが、差し色としてのイエローの小物と肌見せをアクセントとしてプラスすることで、より上級者なファッションに。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW