FASHION

誰でも簡単!ウエストマークのベルト活用法【22コーデ】

2019/02/26

いつものお洋服をガラッと印象チェンジできる「ウエストマーク」。飽きてしまったりしてワードローブに眠っているお洋服も、ベルトなどで「ウエストマーク」するだけでコーデが見違えるかも!?
アイテム別に、「ウエストマーク」のコツやベルトの選び方をご紹介。ぜひチャレンジしてみて。

「ワンピース」をウエストマーク

1枚で様になるワンピースですが、印象が強い分、何度か着ると飽きてしまったりまわりに覚えられてしまったり……という点が悩みどころ。
そんなときにウエストマークのテクニックを使えば、同じワンピースでも印象チェンジが叶います! ベルトやウエストバッグを使えば、着こなしの幅が驚くほど広がるから、試してみて。

小花柄ワンピース×ウエストバッグでモードにシフト

可憐な印象の小花柄ワンピースは、1枚ならフェミニンな雰囲気ですが、黒のウエストバッグでウエストマークすればモードにシフト。さらに黒のスカートを重ねて下半身のボリュームに変化をつければ印象がガラリとチェンジ。ウエストマークすることで、スカートのボリュームが重くならずクリア!

シンプルワンピース×ウエストバッグでこなれレイヤード

ワンピース×パンツのレイヤードスタイルは、奥行きのあるコーデを作るテクニック。さらにワンランクアップさせるなら、ウエストマークでメリハリをつけるとこなれ感たっぷりに。丸い形が珍しいウエストバッグで個性を光らせて。

黒ワンピース×黒太ベルトの同色コーデですっきり

黒のワンピースに同色の太ベルトをONしてさりげなくメリハリをつけたコーデ。オールブラックですっきりしつつ、ワンピースの生地感とベルトのツヤ感のコントラストでしっかり奥行きもメイク。シャープな大人のワンピーススタイルに。

ベージュワンピース×リボンベルトでアクセント

シンプルなベージュのマキシ丈ワンピースに、細いリボンベルトを巻いてアクセントに。さりげなく、バッグの持ち手の色とリンクさせたバランスが秀逸。ワンピースと色差のあるベルトなら、小さな面積でも着こなしをブラッシュアップする効果は絶大!

「Tシャツ」をウエストマーク

ストレスフリーな着心地が魅力のTシャツ。シンプルなアイテムだからこそ、ウエストマークが映えるアイテムです。
ベルトそのものを着こなしのアクセントにしたり、シルエットを変化させる脇役として使ったり。アイデア次第で着こなしの幅は無限大!

黒ビッグTシャツ×カーキワイドパンツ×トライバル柄ベルト

黒ビッグT×カーキワイドパンツのゆる×ゆるコーデに、トライバル柄が目を惹くベルトを巻いてアクセントに。あえてきちんと結ばず、さらっとひと結びして長く垂らしたバランスがこなれた雰囲気。ウエストの高い位置にベルトを巻けば、脚長見えだって叶う!

アシンメトリーTシャツ×デニム×ウエストバッグ

裾のアシンメトリーデザインがおしゃれな白のロンTにデニムを合わせた大人カジュアル。ウエストバッグでトレンド感を漂わせてパーフェクトな装いに。流行アイテムを取り入れるときは、コーデ全体の色味をベーシックにまとめれば大人っぽい。

ウエストマークでロング丈Tシャツの丈・シルエットを調整

こちらは、ベルトを脇役として使ったウエストマークコーデ。普通に着るとヒップまで隠れるロング丈Tシャツを、ベルトでブラウジングして短く調整。ウエストまわりのふんわりギャザーが立体感もプラスして、シンプルコーデが格段にアップデートします!

「シャツ・ブラウス」をウエストマーク

ハリのある布帛素材のシャツ・ブラウスをウエストマークすると、構築的なシルエットがメイクできておしゃれ感が段違い!
ハンサムな雰囲気漂うシャツ・ブラウスですが、細いウエストを際立たせることで着こなしに女っぽさもONできます。これから来る春夏にピッタリのウエストマークテクニックをぜひマスターして。

白シャツ×カーキニットパンツ×パンツ同色のベルト

オーバーサイズの白シャツにニットパンツを合わせた今どきリラックスコーデ。パンツと同じ色のベルトをシャツの上から巻くことで、全身の色味に統一感が。ルーズで野暮になりやすいシャツ×ニットパンツの着こなしをウエストマークが引き締めてくれます。

カーキシャツ×ニットワンピをウエストマークで女っぽく

Iラインのニットワンピにカットオフデザインが辛めなカーキシャツを羽織ったスタイル。このままだとハードな印象ですが、ウエストバッグでウエストの細い部分を強調するとほんのり女っぽさが漂う。メンズライクなお洋服は、ウエストマークのシルエットでレディなエッセンスを足すと◎。

白ブラウス×コルセットベルトでモードに

ハリのあるコットンのパフスリーブブラウスに、同じ白のコルセットベルトをプラスして構築的でモードなシルエットに。キュッとマークされたウエストと、ふんわり広がる袖のコントラストが素敵。デニムを合わせて上半身のデザインポイントを主役にして。

「ニット」をウエストマーク

ウォーム感のあるほっこりニットをシャープなシルエットに変化させたり、シンプルなリブニットにアクセントを加えたりと、ウエストマークはニットとも相性◎な組み合わせ。
メリハリが出しにくい柔らかなニットも、ベルトを使えば簡単におしゃれなバランスが作れます。ほんのひと手間で一気に垢抜けるから挑戦しなきゃもったいない!

オーバーサイズニット×ベルトでシャープに

白のゆったりしたケーブルニットに、ベージュのベルトをハイウエストの位置でON。ほっこりしがちなケーブルニットがこのひと手間でシャープな印象にシフト! 着膨れしがちな厚手のニットもすっきり着こなせます。

リブニット×コルセットベルト×ニットカーディガン

ベーシックなリブニットにコルセットベルトをプラスしてスタイリッシュに。ベルトと同じベージュのニットカーデを羽緒って色味をなじませて。ハードな印象のコルセットと、カーディガンのふんわり感がMIXされて今っぽい大人感が演出できる。

ベージュニット×キャメルベルト×レオパード柄スカート

ベージュニット×レオパード柄スカートのベージュワントーンコーデ。キャメルのベルトをさりげなくアクセントにしつつ、ウエスト位置を高く見せてスタイルアップ。ブラウジングすることでワントーンコーデの深みがぐっと増します。

「アウター」をウエストマーク

ウエストマークのテクニックは、アウターにだって活用できる! 着膨れしがちなアウターをキュッと引き締めてスタイルアップできるだけでなく、ベルトがアクセントになって何倍も奥行きのある仕上がりに。
秋冬は毎日お世話になるアウターだからこそ、ベルトを使って着こなしの幅を広げるとコーディネートが楽しくなるはず。

ピンクミドル丈コート×黒ベルト

青みピンクのミドル丈ウールコートに黒ベルトでアクセントをつけたモードコーデ。スカートや小物も黒で統一して色味をまとめて。ウールコートをウエストマークすると、シルエットが引き締まって360度どこから見ても美人見えが叶う!

茶色ロングコート×黒ウエストバッグ

ロング丈のウールコートもウエストマークすることでメリハリの効いたスタイルに。ウエストバッグなら、ミーハー感も注入できて今どきにアップデート。インナーでしか変化が付けられなかったアウターも、ウエストマークなら簡単に印象チェンジ可能!

茶色ジャケットコート×黒リングベルト

ジャケットコートをシャツ感覚でウエストマークしたスタイリング。黒リングベルトの留め方がとってもおしゃれ。普通に羽織るだけだと着膨れしそうなサイズ感のアウターも、ウエストマークすればゆるっとしたワイドパンツとの組み合わせも怖くない!

白ケーブルニットカーディガン×ベージュベルト

ガウンタイプのニットカーディガンは、衿を抜いてルーズに羽織ってベルトでウエストマーク。そうすることで、ゆるっとしたリラックス感とメリハリの両方を兼ね備えた欲張りスタイルに。

黒キルティングベスト×黒の細ベルト

キルティングベストに細ベルトを巻いてさりげなくアクセントにしたスタイルは、キャスケットを添えてきちんと感をプラス。カジュアル素材の中綿キルティングも、ベルトをプラスすることでピリッと引き締まり大人コーデに昇華。

「ハイウエストボトムス」はトップスインで

今までは、トップスをウエストマークするテクニックをご紹介してきましたが、ハイウエストボトムスにトップスインすることでより簡単にウエストマークが実践できる!
確実にスタイルアップできるので、ぜひ活用してみて。

黒カットソー×ハイウエストトレンチ風フレアスカート

チェック柄に切り替えられたトレンチ風フレアスカートにシンプルな黒カットソーを合わせてスカートを主役に。共布ベルトでハイウエストを強調すれば、上半身が小さく見えて脚長効果も◎。

黒ニット×カーキハイウエストテーパードパンツ×黒ベルト

ハイウエストのカーキテーパードパンツに黒ニットをイン。さらに黒ベルトをプラスしてウエスト位置をぐっと高く見せたスタイル。ベルトの色をニットやコートと揃えることで統一感を。

ブルーTシャツ×ベージュハイウエストラップスカート

メンズのブルーTシャツをIラインのラップスカートにインしたジェンダーレスコーデ。オーバーサイズのトップスは、ハイウエストボトムスにインするとウエストの細さが強調されてより華奢見えが叶う! ブルー×ベージュのスモーキーな色合いが大人っぽい。

黒ノースリーブトップス×イエロータイトスカート×リボンベルト

黒ノースリーブトップスに、フレッシュなイエローのタイトスカートをコーデ。長くデザインされたウエストに華奢なリボンベルトをプラスして女っぽさをON。さりげないアクセントですが、このリボンベルトがあるだけでぐっと深みが増します。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW