(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

スタイルアップの決め手は“トップスイン”!ダサ見えしないウエストマーク術

2017/09/14

トレンドの着こなしは、トップスイン!でも抵抗があったり、ダサく見えてしまうと心配の声が上がったりもします。そんなときは、トップスインしたおしゃれコーデを見習って、自身のデイリーユースに活躍させましょう。簡単にスタイルアップが実現します。ボリューム感のあるシルエット、インパクトベルト、キレイめやナチュラルコーデのウエストマーク術などをご紹介します。

ゆるっとフォルムにはトップスインがお役立ち

『UNIQLO(ユニクロ)』のワッフルクルーネックT のゆったり感、そしてナチュラルな色味のベージュ、ラフなデニムのシンプル楽チンコーデです。やや大きめのシルエットに整えたときは、トップスインするのが◎。野暮ったさを回避して好バランスです。

ダボッとしたワイドパンツのシルエットが、ボーイッシュに寄せています。トップスインさせて上半身はコンパクトにし、ボトムスとのメリハリが効いてウエストを強調させます。下にボリューム感があるから、トップスは引き締め色のブラックがおすすめ。

すっきり見せのトップスインはキレイめにマッチ

@miccie3030がシェアした投稿 -

スタイル良く見せる着こなし方は、キレイめコーデにピッタリ!上下とも『GU(ジーユー)』のプチプラですが、高見えのコスパファッションです。黒×赤のコントラストがファッショナブルに格上げし、エレガントな印象を与えます。トップスインして、リボンベルトをアクセントに。

@kazumint20がシェアした投稿 -

『Ron Herman(ロンハーマン)』のクリアな白シャツ×『MACPHEE(マカフィー)』のペンシルスカートで、大人レディーな装いに。トップスインすることで、Iラインを形成し縦長効果が期待できます。編み上げフラットシューズが華奢に見せます。

トップスイン×ハイウエスト

『d'un a dix(アナディス)』のハイウエストパンツの特性を活かすなら、トップスインが鉄則!幅広のウエスト部分が太ベルトのような役割を果たし、何もしなくても自然にスタイルアップが可能です。『DAISO(ダイソー)』のベレー帽が素敵!

股上深めのハイライズデニムにトップスインすれば、頑張った感がなくスタイル良く見せてくれます。シンプルコーデでも季節感をキャッチした色選びや、女度高めのパンプス、かっちりバッグをチョイスすることでデニムの鮮度上げが可能に。

トップスインで上半身のボリュームを抑える

幅広フリルのラッフルブラウスは『BASEMENT(ベースメント)』のもの。トレンドの盛り袖はボリュームが出がちですが、トップスインすることで下半身をスッキリ見せ、バランスを整えてくれます。キレイめなトップスに、カーキのパンツでカジュアルダウン。

袖に丸みを持たせたトップスに、デニムのロングスカートを合わせたナチュラルファッションです。ボトムスは裾にかけて広がったAラインのシルエットですが、トップスインすると重さを軽減できます。シルエットにこだわれば、小柄な人でも挑戦可能に。

トップスイン×インパクトベルト

インパクトベルトはトレンドのアイテム。トップスインした上に、コルセットを巻くことでウエストを一層強調できます。膨張して見えがちな配色ですが、収縮色のブラックベルトでキュッと引き締めて見せます。秋らしいカラーが◎。

トレンドをおさえながらもベルトを目立たせたくないなら、服に馴染んだ色のベルトがおすすめです。ジャケットを使うと、どうしても上半身にボリュームが集まりますが、トップスインすることでコンパクトにまとまります。ヒールじゃなくても、スニーカーで好バランス。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡
みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW