(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

体型カバーには縦ラインを意識して!重ためコーデの秋に打ってつけの縦ラインコーデ

2017/09/15

徐々に肌寒さも感じるようになる秋のコーデ。重ね着やニットなど夏に比べて重くなりがちな着こなしになる季節だからこそ、視覚的に全体をスッキリと見せてくれる縦ラインを意識してはいかがでしょう。縦ラインを強調したコーデは軽やかに見えるだけじゃなく、着痩せや脚長効果などの体型カバーにも打ってつけ。今回はそんな秋口に試してほしいコーデをご紹介します。

縦ラインにはやっぱりストライプ

ASAHIさん(@__asa_hi)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

縦じまのストライプは縦ラインを意識したコーデには欠かせないアイテムのひとつ。ボトムスとして取り入れると足を細く、長く見せてくれるので身長が低目の方におすすめです。ストライプは太い線よりも細い線の方が、より視覚的な効果が高まります。

出典元:Instagram

自然と縦ラインを意識したコーデが完成するストライプは、膝丈のシャツワンピースとしてサラッと羽織ることで全体をスッキリと見せてくれます。着痩せ効果に期待できるストライプのシャツワンピースに締め色の黒のボトムスは相性ピッタリの組み合わせ。

ワイドパンツで縦ラインコーデ

出典元:Instagram

縦ラインを作るならボトムスはパンツが鉄板。でもスキニーなどの足の形が綺麗に出るパンツに抵抗がある方は、ゆったりとした太めの縦ラインを作ってくれるワイドパンツはいかがでしょう。腰回りからゆったりと裾へと広かるシルエットは脚長効果に役立ちます。

出典元:Instagram

ワイドパンツの縦ラインをうまく体型カバーに活用するなら、トップスはコンパクトなタイプがおすすめ。上下でメリハリのある着こなしになるので、腰回りを隠しつつスッキリとしたコーデに仕上がります。トップスの裾はボトムスにインする方がより美脚に。

ロングカーディガンで縦ラインコーデ

COCOさん(@rococo39)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

朝夕には肌寒さも感じる秋口には1枚羽織る物が欲しくなるもの。そんな時に役立つカーディガンは、ショートタイプよりロングタイプにすることで縦ラインを強調した体型カバーコーデに仕上がります。足首まで隠れるロング丈なら縦長効果がバッチリ。

@muua777がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

白のシャツと白のパンツは清潔感のある綺麗目な組み合わせですが、膨張色でもあるので着こなし方次第では太って見えてしまうことも。縦ラインを強調したロングカーディガンをサラリと羽織れば、膨張色の白もスッキリとした印象になります。

ジレで縦ラインコーデ

出典元:Instagram

カーディガンを羽織るほど寒くはないけど、腰回りから太ももにかけて何かで隠したい、という方はジレを使うとロングカーディガンと同じ効果を得ることが可能です。縦ラインを意識しつつ袖がない分重ね着をしても重い印象になりにくいのも嬉しいポイント。

出典元:Instagram

縦ラインを強調し下半身を隠してくれるジレは体型カバーに打ってつけのアイテムですが、より華奢感を出すなら肩幅は細めの方がおすすめ。またカッチリし過ぎないゆる感のある素材をチョイスするとカッコよく、それでいて女性らしい着こなしに。

タイトスカートで縦ラインコーデ

出典元:Instagram

縦ラインを強調できるスカートと言えば、細身のシルエットが特徴のタイトスカートです。大人の女性らしさを演出できるタイトスカートは足のラインやお腹周りが綺麗に出るため穿きづらいと思っている方も少なくありませんが、ゆとりのあるトップスを選べばメリハリのある着痩せしたスタイルの完成です。

accoさん(@acco.mama)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

ミモレ丈のタイトスカートならより縦ラインを強調できるため細身の着こなしに仕上がります。デニム素材のタイトスカートならその硬い素材と張り感が足やお腹周りを隠すのにも最適。サッシュベルトをオンすればトレンドのハイウエストな着こなしにもなるうえ、足を長く見せてくれる効果も。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡
みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW