LIFE STYLE

海に行ったら思い出を残したい!インフルエンサーが教えるビーチで映える写真の撮り方

2017/08/04

海の季節、夏。
ビーチへ行く機会も増えるこの時期には、せっかくだから海での思い出をオシャレな写真と共に残してみてはいかが?

宮古島在住・EL Flamingoデザイナー&オーナーのmihoさん、オーストラリア在住のChiiさんに、ビーチでSNS映えする写真の撮り方を教えてもらいました。
ビーチライフを送る彼女たちだからこそ分かるテクニックを取り入れてみて。

EL Flamingoデザイナー&オーナー:mihoさん

■Profile

ジュエリーブランド「EL Flamingo」のデザイナー&オーナー。
2年前に夫婦で関西から宮古島に移住し、大好きな海のそばでジュエリーを制作しながら生活を送る。
6月30日に第一子誕生。

mihoさんのInstagramはこちら

Q1 ビーチで人物を写すときのコツは?

ビーチで写真を撮る時は、髪の毛はまとめ髪よりナチュラルなダウンヘアを意識しています。
ビーチといえば風が強いのでそれを利用し、何枚も連写した中で風でなびく髪が良い感じの写真をチョイス。

Q2 物撮りのコツは?

撮りたいモノが少ない時は、奥に海を入れ込むことによって奥行きが生まれ、海の臨場感が伝わります。

撮りたいモノが多い時は基本真上から撮影します。
そして並べず、決め過ぎず、ナチュラルな配置にするよう意識しています。
これは色味をブラックメインで揃えて、格好いい大人の雰囲気を意識しました。

Q3 ビーチに欠かせないアイテムは?

麦わらのハット 、サングラス、カメラ(goprohero4、CASIOFR100、Nikon1j5)。

Q4 オススメのビーチは?

日本なら池間島のフナクスビーチ。宮古島の前浜ビーチ。
海外なら、バリ島からスピードボートで行ける、レンボンガン島のビーチがオススメです。

オーストラリア在住/フリーランス:Chiiさん

■Profile

オーストラリア在住。
移住前は、ニューヨークがベースの投資会社の東京支社で秘書を務める。
現在はフリーランスで記事の執筆、本の出版、PRをこなす。出版にByron Bayの魅力を伝える「Byron Baby」やSNSで映える写真の取り方などが記載された「HOW TO INSTAGRAM IN BALI」がある。

Q1 ビーチで人物を写すときのコツは?

ビーチには大体お気に入りのマキシワンピを着ていきます。お気に入りのファションを身につける時は自然とハッピーになり、その瞬間は必ず良いショットが撮れると思うので、ビーチootdは必須です!

Q2 物撮りのコツは?

今回の写真は、テイクアウトしたランチと、愛読書のELLEを砂浜に置いたら、絵になって可愛かったので撮影しました。テイクアウトのお店は Leaf & Grain というお店です。お気にりアイテムを並べてみると素敵な写真に仕上がります。

Leaf & Grain公式Instagramはこちら

Q3 ビーチに欠かせないアイテムは?

サンバス中に読む本をいつも持参しています。

Q4 おすすめのビーチは?

私が一番好きなビーチはオーストラリアのブラウリーにあるシャークベイで、別名リトルビーチと呼ばれているほど小さな可愛らしく、人のいない静かなビーチです。
日本では葉山がお気に入りです。周辺にお洒落なレストランがあるのと、落ち着いた雰囲気が素敵なのでおすすめです。

-----------------------
Editor:Fumika Abe
-----------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW