FASHION

この秋冬はこっくりカラーを取り入れてみない?【定番7色】を使ったお手本コーデをレクチャー

2019/09/20

そろそろ秋ムードなこの時期、街ではこっくりカラーを取り入れたファッションが目につくようになってきました。今回はそんな秋冬のおしゃれをぐっと引き上げてくれるこっくりカラーを上手に使ったコーデのご紹介です。

こっくりカラーってどんな色?

こっくりカラーとは深みのある落ち着いた色味のことで、 ブラウン、オリーブグリーン、マスタード、ボルドーなどの秋を感じさせるカラーをさします。特に秋冬の雰囲気とマッチするこっくりカラーをファッションに取り入れて、オシャレ感度を上げていきましょう!

【ブラウン・ベージュ】で大人の上品さを演出

取り入れるだけでコーデを格上げしてくれる「ブラウン・ベージュ」は大人の女性にぴったりのカラー。こっくりとしたブラウン・ベージュカラーの着こなしは、 大人女性の上品さと優しさを装わせてくれる。

「トップス」編

▼ベージュのコート×ブラウンのブラウス

ベージュとブラウンで上品にまとめたコーデは、女性らしいフリルブラウスでポイントを作って無難さを回避。同系色でまとめずにパンツを黒にしてコーデを引き締めて。

「ボトムス」編

▼モカカラーのニット×ペイズリー柄ブラウンパンツ

モカ×ブラウンの同系色コーデは柄×無地の組み合わせで飽きさせない着こなしに。ペイズリー柄のブラウンパンツもトップスが無地なら品よく着こなせる。仕上げにシルバーやゴールドのアクセサリーをちりばめてコーデをブラッシュアップさせてみて。

「アウター」編

▼ブラウンのノーカラーコート

シックなブラウンのコート×黒のニットでとことん大人ムードな着こなしに。コートの裾から覗くドット柄のプリーツスカートがレディな要素も加えてくれる。ベルト代わりに腰に巻いたポシェットでシルエットにメリハリをつけたら、ベージュのファーバッグでアクセントを作って大人上級コーデの完成。

「セットアップ」編

▼ブラウンのフレアスリーブセットアップ

フレアスリーブとテーパードパンツのセットアップは、モカカラーをチョイスすることで甘くなりすぎない新鮮な印象に。黒の小物をちりばめてコーデを引き締めたら、上品さが漂う大人の着こなしへと昇華。

【オリーブグリーン・カーキ】でクラシカルなムードを出して

ナチュラルな印象でファッションに取り入れやすい 「オリーブグリーン・カーキ」はどこかクラシカルな雰囲気漂うこっくりカラー。ベージュと合わせてナチュラルに、ブラックと合わせてクールに、気分で雰囲気を変えてみるのも◎。

「トップス」編

▼オリーブグリーンのニット×チェック柄スカート

オリーブグリーンのニットと紺のチェックスカートの組み合わせがおしゃれな配色。暗めな色調もスカートのチェック柄の白ラインで明度を出せば、バランスの取れた上級カジュアルコーデに仕上がる。

▼ダークグリーンのカットソー×ベージュのフレアスカート

知的でクールなダークグリーンにはベージュの柔らかさが良くマッチして落ち着いた印象にまとまります。袖のファーとトレンチスカートで女性らしさを装わせたら、小物はブラウンでまとめてコーデを引き締めて。

「ボトムス」編

▼ダークグリーンのキルトスカート×ライダースジャケット

ダークグリーンと黒でクールにまとめたダークカラーのコーデは、ライトベージュのファーバッグを合わせて抜け感をオン。ライダースジャケットとキルトスカートの異素材感がこなれて見える大人の着こなし。

▼カーキのプリーツスカート×黒のニット

黒で統一したコーデにカーキのスカートという一見地味な色合わせですが、光沢感のあるプリーツスカートは他を全部黒でまとめてちょうどいいくらいの華やかさ。スタッズバッグで遊び心を加えたら、大人のお出かけコーデの完成!

【ボルドー・ワインレッド】で女らしさを底上げ

「ボルドー・ワインレッド」カラーは取り入れるだけで大人の色気を引き出し、女度を上げてくれる魅力的な存在。オフショルダーのトップスやミニのスカートで肌見せして、とことんレディな装いにトライしてみて!

「トップス」編

▼ボルドーのカットソー×花柄シフォンスカート

ボルドーカラーのVネックセーターと花柄シフォンスカートがなんとも女性らしい着こなし。不思議と、甘くない落ち着いた大人の雰囲気に仕上がるのはボルドーカラーの特徴です。カゴバックとスケルトンサンダルの肌見せで、女度をさらに加速させて。

▼ワインレッドのニット×ベージュスカート

ディープなワインレッドカラーにはベージュの明るいトーンが好相性◎。夏でもこっくりカラーを取り入れられるノースリニットはハイウエストスカートと合わせてバランスのとれた着こなしに。

「ボトムス」編

▼ボルドーのフレアスカート×黒のワンショルダー

黒×ボルドーの組み合せがなんとも大人っぽいコーデは、ショートブーツとワンショルダーのトップスで媚びない色気を漂わせて。かごバッグでコーデに軽やかさをだしたら完成!

「ワンピース」編

▼ワインレッドのミニワンピース

気分を上げてくれるワインレッドのミニ丈ワンピースは、黒小物でフェミニンさをおさえて上品に着こなして。

【マスタードイエロー】で大人のかわいさを上手に引き出す

イエローよりも落ち着きのあるマスタードイエローは 大人の女性でも気軽にコーデに取り入れやすく、コーデを華やかに彩ってくれる。コーデの差し色としても活躍してくれるマスタードイエローはとても重宝するこっくりカラー。

「トップス」編

▼マスタードイエローのトップス×グレンチェック柄のワイドパンツ

デニムジャケット×ワイドパンツのマニッシュコーデにマスタードイエローのトップスを差し色にした秋コーデがかわいい! ネイビーとマスタードイエローの好相性な組み合わせに、ボトムはグレンチェックのグレーワイドパンツで明度を上げて色のバランスを整えて。ブーツやベレー帽など小物で季節感をちりばめたら大人のおでかけコーデのできあがり。

▼マスタードイエローのニット×デニムパンツ

秋冬はどうしてもコーデの色味が暗くなりがちですが、マスタードイエローをさし色にオンすると一気に明度が上がりメリハリをつけてくれます。やぼったくなりがちなニットの着こなしも、デニムパンツにタックインしてウエストポーチで目線を上へ持ってくることでこなれた印象に。足元はローファーできちんと感もプラスして。

「ボトムス」編

▼マスタードイエローのサーキュラースカート×ブラウンのノースリーブ

上下をこっくりカラーで組み合わせた秋の配色ですが、目を惹くマスタードイエローのサーキュラースカートが、いきいきとした大人の印象を与えてくれます。ベージュのサンダルでトーンを落ち着かせてまとまりある着こなしに。

▼マスタードイエローのスカート×黒のノースリーブ

黒×マスタードイエローのコントラストの強いコーデは、ぱっと目を惹く華やかさがあります。小物を黒でまとめて、より洗練された着こなしに仕上げて。

こっくりカラーの【小物】がかわいい!

コーデに色味を足したいとき、こっくりカラーの靴やバッグなどの小物を取り入れると、ぐっとこなれた印象に仕上がります。

▼ボルドーカラーのパンプス

パープルやレッドの色味に抵抗のある人も、ボルドーカラーやワインレッドなら取り入れやすく大人の女性にぴったりです。

▼ワインレッドのモカシンシューズ

ベージュニットのセットアップはさし色にワインレッドのモカシンシューズをチョイスして、ほっこりかわいい大人のゆるコーデのできあがり。

▼ボルドーのブーティー

黒のセットアップにボルドーのブーティーで外すところがさすがな上級コーデ。ファーバッグに同系色のワインレッドが入っているところもお見事!

バッグ

▼ブラウンのハンドバッグ

持っているだけで気分が上がるこっくりカラーのバッグは、差し色としてコーデを華やかにしてくれる存在。基本色のバッグにプラスして、揃えておくと便利なアイテムです。

▼オリーブグリーンのショルダーバッグ

無彩色コーデにオリーブグリーンのショルダーバッグをプラスしてコーデをグッと格上げ。ボリューミーなニットとロングスカートの着こなしに小さめのショルダーバッグが全身のバランスを良くしてくれる。

▼ボルドーのバッグ

黒×キャメルのシンプルな着こなしに、ボルドーのバッグが大人の女性の魅力をプラスしてくれる。無難にならない着こなしはバッグの色使いで実現させて。

タイツ

▼ボルドーのカラータイツ

大人の女性はなかなか取り入れずらいカラータイツも、こっくりカラーなら安心してトライできます。グレイッシュなトーンのコーデにボルドーカラーのタイツで色味を足したら、一気にこなれた印象に。

▼マスタードイエローのカラータイツ

こちらもダークトーンでまとめた着こなし。ストールとスニーカーに明るめのグレーを持ってきて抜け感を作ったら、差し色にマスタードイエローのカラータイツをはいてコーデにスパイスを効かせて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW