(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

一足あれば大活躍!大人っぽくもカジュアルにも使える”ローファー”特集

2017/08/14

コーディネートにきちんと感を与えてくれる「ローファー」。シンプルなデザインのものを選べば、カジュアルファッションからマニッシュコーデまで幅広く合わせることができる便利なアイテム。ヒールが無かったり、つま先が広かったりするものがほとんどで、履き心地がいいのも魅力。そんな頼れるローファーの数々や、ローファーを使ったコーディネートについてご紹介します。

ブラックコーデをローファーでカッコよく

マニッシュな雰囲気をプラスする、ゴールドのバックル付きのローファー。こちらは実はかかと部分がないので、素足で履けば肌見せ効果で女性らしい印象にもなります。サンダル感覚で気軽に履けるのも嬉しいポイント。ソックスやタイツとの組み合わせも楽しみやすいタイプのローファーです。

SHIORIさん(@sr0321)がシェアした投稿 -

ヒールがない上に、つま先も広々したローファーは、履き心地も楽ちん。きちんと感があるので、パンプスを選ばなくても大人っぽく上品な印象に仕上げることができます。「今日はショッピングでたくさん歩き回りたい」などヒールを履くのはしんどいけど、おしゃれも楽しみたい、という日にはぴったりです。

マニッシュコーデはローファーにお任せ

バックルやタッセルなどの飾りが無い、ごくシンプルなローファー。甲部分のラインが直線的であるのに加え、ポインテッドトゥになっているので、スタイリッシュな印象を受けます。艶を抑えた質感ですが、クールな雰囲気で存在感がある一足です。

コーディネートを爽やかに仕上げてくれる、白のローファー。イエローのアンサンブルも爽やかさをプラスしています。「白は汚れが心配」という場合は履き始める前に防水スプレーを。汚れが付きにくくなるので、安心して履くことができます。革が柔らかいものを選べば、素足でも靴擦れせずに履くことができます。

秋色の大人ローファーコーデ

秋らしいボルドー。足元から季節感を取り入れられます。差し色にも便利なカラーなので、「コーディネートが何だか物足りない」、というときにもおすすめです。ダメージジーンズでも、ローファーを合わせればきちんと感が出て、カジュアルになり過ぎません。

SHIORIさん(@sr0321)がシェアした投稿 -

ワイドシルエットのシャツに、ワイドパンツの組み合わせ。ちょっと個性的なアイテムでも、ベーシックでシンプルなローファーを合わせれば、きれいにまとまります。コーディネートで悩んだときは、足元をローファーにすればしっくりなじむことも多いはず。

こなれ感のでる白ローファー

ボーダーTシャツに白のパンツで秋マリンなコーデ。足元には白のローファーを合わせて、とても爽やかな雰囲気にまとまっています。白のパンツ×白のローファーでも、パンツが半端丈で、肌見せにより抜け感があるので、やり過ぎ感がありません。

白×黒のシンプルなモノトーンコーデ。フラットシューズのイメージが強いローファーですが、ヒールがあるものを選べばスタイルアップも期待できます。特に、脚のラインが気になる細身のパンツを履くときには、おすすめのアイテムです。

コーデのアクセントになるローファー

@dainty1015がシェアした投稿 -

Tシャツにビビッドカラーのコットンスカート、というカジュアルめのアイテムの組み合わせ。ついスニーカーを合わせたくなるところですが、ここであえてかちっと感のあるローファーを合わせることで、いつもと違う新鮮なコーディネートになります。

@dainty1015がシェアした投稿 -

「派手過ぎ?」と思いきや、意外と使いやすいのがゴールド。ベージュ感覚でコーディネートに取り入れられる上、きらめき感でほどよいアクセントになります。ベージュのパンツと合わせれば、同系色でつないだ大人っぽいコーディネートの完成です。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW