美人の象徴『アーモンドアイ』の魅力

見惚れるほどの美しさ、アーモンドアイの大きな魅力に迫ります。

『アーモンドアイ』とは

アーモンドアイとはその名の通り、アーモンドのように中心部分がふっくらし、横幅の広い切れ長な目を指します。クールビューティーでありながらかわいらしさも兼ね備えた瞳はその印象的な眼差しから大きな魅力を醸し出すことができるんです。

『アーモンドアイ』がもつ魅力《3つ》

▼美しさとかわいらしさを兼ね備えた無敵の目力

中心部分はふっくらふくらみ、目頭と目尻はすっきりシャープ。流し目ながらぱっちりとした印象で、かっこよさのみならずかわいらしさをも演出。落ち着きと知的さを感じる魅力がアーモンドアイにはあります。

▼ミステリアスな雰囲気がなんともセクシー

目力のあるアーモンドアイはどこかミステリアスな印象も。目が合うと逸らすことのできない魅惑的な雰囲気が人々を虜にし、忘れられない存在感を放ちます。

▼上品な眼差しで男性にも好印象

クールな眼差しから気品や色気が感じられるのもアーモンドアイならでは。媚びない美しさから男女共に愛されるアジアンビューティーな輝きを放つことができちゃいます。

【メイク方法】魅惑のアーモンドアイをつくるコツ

アーモンドアイは生まれ持った目の形に関係なく、メイクで叶えることが可能。これから伝授するポイントをしっかり押さえて憧れの美人eyeを手にいれて。

『アイシャドウ』で深みのある目元に、カラーはブラウン系が◎

【アイシャドウの塗り方】

  1. アイホールにゴールドorベージュ系の明るいカラーをのせる
  2. 上まぶたの下2/1程度に薄いブラウンをのせる
  3. 上まぶたの目のキワに濃いブラウンをのせる
  4. 下まぶたの黒目の外側から目尻にかけて3と同じ濃いブラウンをのせる
  5. 下まぶたの目頭から3/1程度に1と同じ明るいカラーをのせる

アーモンドアイメイクにはブラウン系のアイシャドウがベスト。アイホール全体にナチュラルカラーを、目のフレームに沿って濃いブラウンをいれることで自然な陰影が生まれ、シュッと引き締まった印象に仕上がります。また、マットタイプよりもパールやラメ感のあるものを選ぶとより立体的に見えて◎。瞳にグラデーションを施して奥行きを演出しましょう。

『アイライン』は目尻より2~3mmはみ出す程度長めに引いて

【アイラインの引き方】

  1. 1.上まぶたの黒目の上から目尻かけてまつ毛の隙間を埋めるようにインラインを引く
  2. 2.上まぶたの目頭から目尻の外側2~3mm程度はみだすあたりまでラインを引く(黒目の上あたりから徐々に太くしていくのがポイント)
  3. 2.下まぶたの黒目の外側から目尻にかけてラインを引く
  4. 3.目頭部分にくの字を描くように切開ラインを引く

アーモンドアイメイクをするうえでいちばんポイントとなるのがアイライン。ブラックやダークブラウンなど深みのあるカラー、ペンシルよりもリキッドタイプの使用がおすすめです。いつもよりしっかりラインを引くことで目力のある魅力的な目元を演出することができますよ。

『マスカラ』はボリューム重視

【マスカラの塗り方】

  1. まつ毛の中央部分にブラシを当て、根元から毛先に向かって左右に動かしながら引き抜く
  2. 目頭・目尻にブラシの先端を当て、斜め上、外側方向へ引き抜く
  3. 下まつ毛の目尻にブラシの先端を当て、目尻→中央→目頭の順に真下に引くようなイメージで塗る
  4. まつ毛用コームでとかす

マスカラはボリュームタイプがおすすめ。中心部分をたっぷり塗り、両端よりボリュームをもたせるのがポイントです。最後にダマにならないよう丁寧にとかせばOK。アーモンドの形を意識しながら丸みを帯びた目元に仕上げましょう。

【一重・奥二重・二重】注意すべきポイント

ここからは一重・奥二重・二重それぞれ異なるメイクポイントをレクチャーしていきます。自分の目の形に合った方法を知って、理想のアーモンドアイに仕上げましょう。

『一重さん』は横グラデーション&ナチュラルラインで目元に奥行きを

▼『アイシャドウ』目頭を薄く、目尻は濃くして横幅を拡張

一重さんは横幅を強調することが大切。まず目を開けた状態で、上まぶたの目のキワから2~3mm上にアイシャドウで目印となる線を引きます。次に上まぶたの目のキワから目印の線まで色をのせていくのですが、このとき目尻側から目頭に向けて広げるように塗るのがポイント。こうすることで目尻側に重点を置いた美しい横割りグラデーションをつくることができ、立体感のある切れ長アーモンドアイに仕上げることができちゃいます。

▼『アイライン』は目尻のみが◎

一重さんの場合アイラインをしっかり描きすぎると腫れぼったい印象になってしまうので注意が必要。上まぶたの目尻側3/1から目尻の延長5mmあたりまで段々太くなるように引いてあげるだけで、抜け感のあるモードな雰囲気に仕上がります。あくまでアイラインの役割は目の引き締めではなくフレーム拡大として控えめに使用するのがぱっちりeyeを叶える秘訣ですよ♪

『奥二重さん』はフレーム強化にポイントを

▼『アイシャドウ』締め色は目頭を太く、目尻を細く

奥二重さんば締め色の入れ方がポイント。目頭をやや広めに、目尻にかけて段々細くなるようのせてあげれば目のフレームが強化され、自然とデカ目に見せることが可能。仕上げに涙袋にハイライトカラーをのせ縦幅を強調してあげれば色気のある涼しげアーモンドアイの完成です。

▼『アイライン』は目のキワにさりげなく仕込むべし

アイラインはなるべく目の内側に、インラインを主役に仕上げるのが奥二重さん流。まず上まぶたのまつ毛の隙間を埋めるようインラインを仕込みさりげなく目のフレームを強調します。目のキワに引く魅せラインは細く、目尻側はスッと引き抜くように流して。そして最後に下まぶたの黒目の外側から目尻にかけてラインを引くのですが、奥二重さんの場合目尻側は上まぶたのラインとつなげず、少し余白をおいておくのがポイント。こうすることで抜け感が生まれ、吸引力のある目元に仕上げることができますよ。

『二重さん』はアイラインをしっかり引いてより印象的な瞳に

▼『アイシャドウ』はナチュラルに

二重さんは目の形がはっきりしているためアイシャドウは控えめに。ブラウンベースでほのかに色づける程度にとどめましょう。物足りなさを感じるようなら大粒ラメを目尻から上まぶたの中心にさりげなく重ねれば◎。光に反射して放つ輝きがエレガントさを醸し出し、洗練された瞳へと導いてくれますよ。

▼『アイライン』はしっかり引いて目元を引き締めて

アイシャドウをナチュラルに仕上げる代わりに、アイラインはしっかり引いて意志のある瞳に仕上げましょう。上まぶたのまつ毛の隙間を埋めるようにインラインを仕込んだら、上まぶたの目頭から目尻にかけて段々太くなるよう跳ね上げ気味に魅せラインを施します。最後に目尻下に上まぶたのラインと合わせてくの字になるようラインを引けば完成。目のフレームをしっかり引き締めて、モードな色っぽさを魅せつけて。

アーモンドアイが主役のトレンドメイクにTRY!

ここではアーモンドアイが主役のトレンドメイクをご紹介。媚びない色っぽさを意識すればあなたも旬顔を手に入れることができますよ。

『ナチュラルアーモンドアイ』の女優顔メイク

センシュアルな女優顔メイクはベーシックなアーモンドアイでナチュラルに。肌馴染みのいいブラウンシャドウを指でワイパー塗り。目頭から目尻にかけて段々濃くなるようグラデーションを施して。輪郭にそってアイラインをやや長めに入れぼかしたらまつ毛をしっかりカールさせ、芯の強さを感じさせる表情に。眉は太めに描いてエッジを効かせ、最後にリップで赤みを一点施せば目が離せないほどの色気を漂わせることができますよ。

『切れ長アーモンドアイ』の韓国アイドルメイク

透明感が魅力の韓国アイドル風に仕上げるには白くてツヤのある肌がマスト。クッションファンデを優しく肌に馴染ませ陶器肌をつくったら、ピンクシャドウで愛らしさを底上げ。アイラインはやや跳ね上げ気味に横幅をだすようしっかり引いて切れ長に仕上げるのがポイントです。眉はふんわり平行に。チークで血色感をほのかに与えたらピンクリップでじわっとにじむ色気を添えて完成! 思わず守りたくなるアンニュイな表情に誰もが心奪われるはず。

『丸形アーモンドアイ』の儚げメイク

彼を夢中にさせる儚げメイク。血色感より透明度を重視した厚塗り感のない色白の肌に仕上げたら、濡れ感のあるブラウン系シャドウをまぶたにのせうるうるの瞳に。アイラインは跳ね上げずややタレ目がちに引いて目の丸みを強調。肌馴染みのいいコーラル系チークにリップはシアー&ぷるんと感を重視した発色のいいピンクカラーでかわいらしさを演出したら◎。思わず見惚れる愛らしさに誰もが虜になる予感♪

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW