MAKEUP/COSMETICS

《セルフネイルで簡単にマーブルができるやり方》配色のコツを知ってもっとオシャレに

2020/09/02

セルフネイルがグッとおしゃれにみえるマーブルネイル。今回はそんなマーブルネイルの魅力をたっぷりお届け! 爪楊枝やラップを使った簡単なマーブルネイルのやり方から、かわいさアップ間違いなしの配色のポイントまでしっかりレクチャーしちゃいます。さらに、シーン別のおすすめデザインもあわせてご紹介! ジェルだけじゃなく、マニキュアでも十分楽しめるマーブルネイルで素敵な手もとを演出しちゃいましょう!

ケア&準備をしっかりしておこう

まずはじめにケアと準備をしっかりしておきましょう! なんだかいつもきれいな仕上がりにならない……なんて人はネイル前の準備を見直してみて

甘皮処理はきちんと

甘皮とは爪の根元についている薄い皮のこと。これがそのままだと、根元からネイルが浮いてきてしまう原因に! プッシャーを使って押し上げるか、ぬるま湯でふやかしてからカットする処理方法があります。押し上げる場合は強くやらずにやさしくやるのがポイント。

ベースコートは必須アイテム

ネイルカラーを塗る前には、必ずベースコートを塗っておきましょう。ベースを塗ることで、カラーの色うつりや爪へのダメージをおさえることができます。100均やドラッグストアでも簡単に手に入るので、セルフネイル派さんは1本持っておいたほうがいいアイテム!

使う道具は事前に用意しておくと◎

マニキュアでセルフネイルをするなら、事前に使うものを決めて用意しておくのも大事なポイント! アート中に乾いてあせらないように、ポリッシュだけでなく使う道具もあわせて準備しておきましょう。

簡単!マーブルネイル基本のやり方

いよいよマーブルネイルにトライ! 今回は爪楊枝を使ったやり方と、ラップを使ったやり方の2種類をレクチャー。とっても簡単なのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

“爪楊枝”を使えば細かいマーブルも自由自在

画像提供:MINE
  1. マーブルにしたいカラーを、2~3色選んでランダムに点置きする。
  2. マニキュアが乾かないうちに、ジグザグと爪楊枝でマーブル模様をつくる。
  3. サイドのカラーがたりないところにたして修正する。トップコートを塗って完成!

3色以上使う場合は、バランスを取るのが難しくなるので注意して! 初心者さんは2~3色でやるのがおすすめ。ジェルでやる場合は、クリアジェルをプラスすると抜け感のあるマーブルに仕上がります。

“ラップ”なら初心者さんでもトライしやすい

画像提供:MINE
  1. マーブルにしたいカラーを2~4色えらんで少し多めにのせる。
  2. ラップを小さく切り、少しくしゃっとしてからマニキュアが乾かないうちに爪にのせる。そのまま境目をぼかすように動かし、トップコートを塗って完成!

ラップでつくるマーブル模様は、コーヒーにミルクを入れたときのようにふんわりしたマーブルになるんです! カラーの境目をぼかすようなイメージでやってみてくださいね。

【配色のポイント】をCHECK

マーブルネイルにトライしたいけど、配色が難しい……なんて人も多いはず。ここではそんな人のために、配色のポイントをご紹介します! なりたい雰囲気やシーンにあわせて、ぜひ参考にしてみてくださいね。

《同系色》なら失敗しにくい

▼ビタミンカラーでフレッシュな雰囲気に

見ているだけで元気の出るビタミンカラーは、同系色でまとめるのが正解! 派手になりすぎず、統一感のある手もとに仕上がります。マーブルをポイント使いにして、ほかの指はシンプルに単色塗りでまとめるとバランスもGOOD!

▼寒色系は初心者さんでもトライしやすい

ギャラクシー感のある寒色系でまとめたマーブルネイルは、色があわせやすいので初心者さんにおすすめ。パキっとしたカラーよりも、シアーな発色のものを選ぶのが失敗しないコツ! ラメやホログラムでキラキラ感を出してもかわいい♪

▼ニュアンスでオトナ女子を目指す

最近サロンでも大人気のニュアンスネイル。大人っぽさとおしゃれを兼ね備えたニュアンスネイルは、くすみカラーで統一するのが◎! ブラウンやベージュをベースに、くすんだグリーンやグレーを重ねてもかわいいんです。トレンドのニュアンスネイルをセルフでも楽しんでみてはいかが?

《ブラック×カラー》で大理石やべっ甲にチャレンジ

▼ブラック×ホワイト・ベージュで大理石風も簡単にできちゃう

ホワイト×ブラックで簡単に大理石風ネイルにチャレンジしてみませんか? ポイントはカラー同士を混ぜすぎないこと。黒の分量を少なくして、線を描くようにするのがポイントです! はじめは少し難しいかもしれませんが、なれれば簡単にできるのでぜひ試してみてくださいね。

▼ブラック×ブルーでターコイズ風ネイルでまわりと差をつけて

ターコイズカラーに少しブラックをプラスすればおしゃれなターコイズ風ネイルに! 単色でターコイズカラーを塗るより深みのあるデザインに仕上がります。

▼ブラック×ブラウンのべっ甲風ならファッションにもあわせやすい

最近ネイルアートの定番になってきたべっ甲風ネイル。一見難しそうですが、じつはシアーなブラックとブラウンのカラーを使えば簡単にできちゃうんです! シアーなカラーがないときは、ネイル専用のうすめ液を使うのがおすすめ。どんなファッションにもあわせやすいデザインなのでぜひ一度トライしてみて!

《ホワイト×カラー》であか抜けネイルにトライ

▼ホワイト×ピーチカラーでナチュラルな印象に

落ち着いたオレンジ色のピーチカラーは、ホワイトとあわせることでナチュラルな印象に仕上がります。マーブルにすることで、甘くなりすぎず大人かわいい指先に。

▼ホワイト×ネイビーでさわやかさをプラス

単色だとキツい印象になりがちなネイビーは、ホワイトとあわせてさわやかさをプラスして。上品さはそのままに、知的な印象に仕上げてくれます。

▼ホワイト×モーヴなら今っぽく仕上がる

最近トレンドのモーヴカラーをホワイトと組み合わせれば一気に今っぽい手もとに! 落ち着いたデザインなのでオフィス使いにも◎。くすんだモーヴカラーが上品なエレガントさを引き出してくれます。

《コントラスト強め》で個性を出して

▼6色使って本格ギャラクシー風ネイルにトライ

セルフネイル上級者さんは色を多めに使ったネイルにもぜひトライしてみて。6色をバランスよく配色すれば、奥行きのあるギャラクシーネイルに! ブルー系をベースにほどよくレッドやグリーンをさし色にするのがポイントです。

▼パステルカラー×ブラックで甘さをおさえて

アイボリーとパステルグリーンの組み合わせだけだと、淡いカラー同士で甘くなってしまいがち。そこにコントラストの強いブラックをプラスすることで、全体がキュッと引き締まったデザインになるんです! まわりと差をつけたい! なんて人はぜひトライしてみて。

マーブルネイルのデザインカタログ

最後はオフィスやデートなど、シーン別におすすめのデザインをご紹介します。どれも簡単なデザインばかりなので、初心者さんでもトライしやすいのがポイント。ぜひデザインや配色の参考にしてみてくださいね!

「オフィス」ではシンプルに2色配色が正解

▼ラメ入りブラウン×ホワイトでさりげないきらめきを仕込んで

落ち着いたブラウン×ホワイトの組み合わせも、ブラウンをラメ入りにするだけでキラキラと華やかな印象に! マーブルなら主張しすぎないので、さりげなく手もとのおしゃれを楽しめます。

▼コントラスト強めもバランス次第でオフィス向きに

まるでヨーロッパのヴィンテージ陶器のようなアイボリーとネイビーの組み合わせ。ネイビーの分量をさし色程度にすることで、コントラストの強い配色もふんわり上品にまとまります。シアーな発色のネイビーを使うと初心者さんでも失敗しずらいのでおすすめ!

▼テラコッタオレンジで大人かわいい手もとに

温かみのあるテラコッタオレンジをメインにしたマーブルネイル。少しシアーなホワイトとあわせるのが一体感を出すポイント。ゴールドと相性バツグンなので、ゴールドラメで全体を締めるのが◎!

「デート」ならホワイトを取り入れて

▼濃いめピンクなら甘すぎず女の子らしさを出せる

ピンクは甘くなってしまうのが苦手……なんて人におすすめしたいのが濃いめピンク。女の子らしさはそのままに、モードな雰囲気も演出してくれるカラーなんです! ホワイトとマーブルにすればおしゃれでかわいらしい手もとに仕上がります。

▼コーラルピンクで上品なお姉さんネイルに

肌なじみのいいコーラルピンクはデートにピッタリのカラー! ホワイトのマーブルをアクセントにすることで、シンプルすぎない上品な指先に。大人っぽさを出したいときにおすすめのデザインです。

▼パステルブルーでさわやかさを演出

デートだからといってピンクはベタすぎて嫌! なんて人にはパステルブルーとアイボリーを組み合わせたデザインがおすすめ。さわやかさとほどよい女の子らしさを両立してくれます。

「普段使い」はファッションにあわせやすいデザインが◎

▼ベージュ×ブラウンで地層風ネイル

落ち着いたファッションが多い人には、ベージュ×ブラウンでつくる地層風ネイルがおすすめ。どんなファッションにもあわせやすく、こなれ感バツグンのデザインです。

▼寒色マーブルでポップ&クールな指先に

ブルーやパープルを使った寒色マーブルは、ベースをホワイトにするのがポイント。クールになりがちなブルー系ネイルにポップさをプラスしてくれます。マットコートで仕上げればさらにおしゃれ度がグッとアップ!

▼ピンク×ブルーでゆめかわネイル

ほんのりくすんだピンクとブルーの組み合わせは、コットンキャンディーのようなゆめかわネイルにピッタリ! マーブル部分はベースにホワイトを加えることで、全体のコントラストが強くなるのをおさえましょう。

「パーティー・イベント」は華やかさを意識して

▼ふんわりマーブル×ゴールドパーツで大人っぽく

シアーなホワイトとブラックを使ったふんわり大理石風ネイルが上品さを引き出してくれるデザイン。ゴールドのパーツをたっぷり使うことで、上品さだけでなく大人っぽい華やかさをプラスできちゃうんです! 派手すぎない華やかネイルで、パーティー中の視線をひとりじめしてみませんか?

▼ビビッドなオレンジで周りと差をつけちゃおう

上品な印象の大理石風ネイルに、ビビッドなオレンジカラーが目を引くデザイン。パーツやラメを使わず、オレンジカラーを主役にすることでこなれ感のある手もとを演出してくれます。フェスやイベントにもピッタリなデザイン!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW