HAIR

【前髪の分け目】で簡単イメチェン!顔型別似合わせ術からクセの直し方まで丸わかり

2020/07/14

気分次第で180度イメチェンできちゃう“前髪の分け目”。でも時間が経つとせっかくのスタイリングが崩れてしまう……なんてことはありませんか? 今回はそんなお悩みに応えるべく、癖をなくすブローのやり方から、分け目の作り方、違和感なしでイメチェンが成功する顔型別の似合わせスタイリングをお届けします。

そもそも前髪が分かれる原因って?

いつも同じところで前髪がぱっくり分かれてしまう。なんてことはありませんか? その原因は“前髪の根元の生え癖”。人は必ず生え癖があるのですが、お風呂上がりに濡れた髪を自然に乾燥するまで放っておくと、癖がそのまま出てしまいます。癖を出さないためには『お風呂から出たらすぐにブローをする』ことが大事になります。

同じ分け目を長く続けると起こる3つのトラブル

  • 分け目部分の日焼け
  • 乾燥やフケが出やすくなる
  • 薄毛に繋がる

髪の分け目は長年同じだと、紫外線などの影響で髪や頭皮にダメージが加わる原因となってしまいます。分け目の地肌が目立ってしまったり、ボリュームダウンに繋がってしまうことも……。ワンシーズンに一度、約3か月ごとに分け目を変えることがおすすめ。

【セット方法】形が定着する正しいブローのやり方

お風呂上がりのブローは生え癖をなくすように髪を馴染ませていくことが目的です。このブローをしっかりしていることで、分け目のセットが長時間キープするのにも繋がります。

【お風呂上がり】どう乾かすのがいい?

《乾かし方》

  1. 下を向いて上からドライヤーの風を当てていく
  2. 生え癖をぼかすように根元を指でこする
  3. 右に髪を引っ張り左上からドライヤーを当てる
  4. 左に髪を引っ張り右上からドライヤーを当てる
  5. 乾ききったら冷風を当てて冷ます

前髪は一番量が少なく、乾き始めが早いので髪全体より先に前髪からブローすることが大切。髪は根元から乾き始めるので根元に風を当てると熱が伝導しブローの時短に繋がります。お風呂上がりのターバンは変なクセがつきやすいのでやめましょう。

【朝のセット】自分の分けたい位置で癖づけるには?

《乾かし方》

  1. 分け目の位置で分け、根元部分を十分に濡らす
  2. 分け目をつくりたい方と反対側から温風を当て、根元にコシをつくる
  3. 分けたい方向へ髪を戻して温風を当てる
  4. 乾ききったら冷風を当てて冷ます

髪は冷えたときの形状を記憶するので、癖づけた後も完全に冷めるまで触らないように注意。癖が頑固な場合は割れるところをシングルピンで押さえ5分放置してからドライヤーを当てると分け癖がつきやすいです。夕方になると分かれてくる方は汗や皮脂が原因の可能性があるので、あらかじめ額や前髪の内側にベビーパウダーをはたいておくと崩れにくくなります。

前髪の分け目の位置で印象が変わる!

「イメチェンしたいけどカットもカラーもしたくない……。」という方必見! 前髪の分け目を変えるだけで手軽にイメチェンできちゃうんです! 分け方によって与える印象も異なるので、自分の出したい印象に合わせてスタイルをつくってみて。

《右分け》でフェミニンに

右目の上で分けた前髪は優しく女性らしい印象に。幼さのないナチュラルなかわいらしさが出るので、女性アイドルにも右分けが多いと言われています。フェミニンな印象に見せたい方におすすめです。

《左分け》で知的に大人っぽく

左目の上で分けた前髪は大人っぽく知的な印象に。リーダーシップをとれるような真面目でしっかりした印象に見られるのでビジネスシーンやきっちり見せたい場では左分けがおすすめです。

《センター分け》で美人ルックに

美人で大人っぽく見えるだけでなく、フェイスラインなどの気になる部分も程よく隠せるので小顔見えの効果も期待できます。最近では目にかかるくらいの長さの前髪でセンター分けするのも人気で、頬のラインを隠したい方におすすめ。髪を巻いて動きを出し、オイルで濡れ感を出すのがこなれ感アップの秘訣。

《ぱっつん》で若々しいかわいらしさを

分け目なしのぱっつんスタイルは丸いシルエットでかわいらしい印象に。額が隠れるので、額が狭い方や面長さんにぴったりです。目の上でぱつんと切れたラインが目元を強調し、デカ目に見せる効果が期待できます。若々しく、幼く見せたい方におすすめ。

【顔タイプ別】おすすめの前髪スタイル

「分け目を変えてみたけどなんだか上手く決まらない......」なんてことありますよね。実は顔の形によって似合う髪型があるんです。自分の顔タイプと特徴を知ったうえで、自分により似合った分け方に挑戦してみましょう!

\ まずは自分の顔タイプと特徴をチェック! /

画像提供:MINE

【丸顔】さんはセンター分け

《GOOD:センター分け》
丸い輪郭や頬を和らげるために縦長を意識するのがポイント! 額をしっかり見せることで縦に長い印象に見え、頬や輪郭の丸みも隠せます。童顔を抑えたいときはかきあげヘアでウェーブをしっかり出すと大人っぽい印象に。

《NG:重めぱっつん》
丸みと幼さを強調してしまう重めのぱっつんとの相性は悪いです。もし前髪を切りすぎてしまったときはサイドに分けたり、シースルーにして額が見えるようにするのが大切。

【面長】さんはぱっつんヘア

《 GOOD:ぱっつん》
面長さんは縦の印象が和らぐように額が隠れたスタイルがおすすめ。元が大人っぽい印象なのでぱっつん前髪でも子供っぽくならず、柔らかな雰囲気になります。

《NG:センター分け》
センター分けだと縦のラインを強めてしまうので、もし挑戦する場合はウェーブで横に広さを与えるイメージでスタイリングすることが大事。

【ベース型】さんはかきあげ

《GOOD:かきあげ》
ベース型さんはエラが隠れるようにかきあげヘアでウェーブの動きを与えるのがおすすめ。このとき、巻く向きは外巻きにするとくびれができ、顎のシャープなラインが引き立ちます。トップにボリュームを出すと縦のシルエットが生まれ、より小顔に。

《NG:ぱっつん》
ぱっつんなどの短めの髪の毛は顔の横面積を広く見せ、頬の張りやエラを強調してしまいます。もし前髪が短い場合は薄さを与え、トップにボリュームをもたせることで目線を上にもってきて。

【逆三角形】さんはサイド流し

《GOOD:サイド流し》
逆三角形さんは顎のキリっとした印象を和らげるために、前髪をふわっと分けたサイド流しがおすすめ。ほんのりヘアオイルをつけたり程よく隙間を出して額を見せて、重さを押さえるのがポイントです。

《 NG:ぱっつん》
同じ短め前髪でも、重めに見えるぱっつんだと頭のハチを強調してしまいます。髪の毛のトップにボリュームを持たせたり隙間をつくることで、頭部のシルエットをごまかして。

【おまけ】伸ばしかけ前髪はヘアアクセサリーでおしゃれにクセを解決

分け目を変えるために前髪を伸ばしたいのに流すのも分けるのも難しくてじれったい……。そんな中途半端な長さにはオシャレ感と安定感が同時に手に入るヘアアクセサリーがおすすめ! 今トレンドのアイテムで前髪イメチェンに挑戦してみて。

《カチューシャ》で上げながら固定

オールバックをカチューシャで押さえたトレンド感満載のスタイル。全部上げるのではなく、ほんの少し引き出すのがポイント。上げた髪の毛はアメピンで固定すればカチューシャで隠れ、より強化に。髪を耳掛けにするとすっきりオシャレな印象に仕上がります。

《ヘアクリップ》で留めるだけ30秒アレンジ

前髪を適当にジグザグ左右に分け、ヘアクリップで留めるだけの簡単ヘアアレンジ。きっちり分けないことでボリュームが出て一気にこなれヘアに。残った毛先は軽く巻くと毛流れに馴染みやすくなります。

《ヘアターバン》で小顔見せに

オールバックに抵抗がある方でも、ボリューム感のあるターバンがフェイスラインをぼかし顔周りをスッキリ見せてくれます。好きな柄や色をチョイスして、周りとかぶらないオシャレを楽しめるのも魅力。ターバンはどんなヘアアクセサリーよりも崩れにくいので、とっておきのオシャレヘアにおすすめです。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW