HAIR

おしゃれで大人っぽ…!【ミニボブ】前髪あり・なし別ヘアカタログ&アレンジ大特集

2020/07/03

「ボブよりちょっと短くしたい」「短くしたいけれどショートにする勇気はない……」なんて方におすすめのミニボブ。ミニボブはボブのなかでもトレンド感があり今旬のヘアスタイルなんです。今回は、顔のかたち別の似合わせカットや前髪あり・なし別でのヘアカタログをご紹介! ミニボブと相性抜群なパーマやヘアカラーも合わせて紹介しているので、イメチェンしたい方や次の髪型に迷っている方はミニボブで決まり!

“ミニボブ”ってどんな髪型?

ミニボブとは、顎より短い長さのことをいい、ショートボブとも呼ばれます。ボブ特有の女性らしさと短めだからこその首元のすっきり感が合わさって大人女子にぴったりなヘアスタイルなんです。巻き髪やヘアアレンジの幅も広いので、イメチェンしたい方やショートから伸ばしている方はミニボブが今、おすすめ!

【顔のかたち別】似合わせカットのポイントをご紹介!

自分の顔のかたちを知っていますか? 実は、顔のかたちと髪型はとっても深い関わりがあったんです。ここでは、4パターンの顔のかたちに合った似合わせポイントをご紹介! 自分の顔のかたちを知ることで似合うポイントが分かり、垢抜けたり小顔見せが叶うので是非チェックしてみて。

「丸顔さん」は前下がりカットで縦のラインを強調

【POINT】

  • おでこを見せて縦のラインを意識
  • 前下がりボブでフェイスラインや頬の丸みをカバー

丸顔さんは、顔の縦と横の長さがほぼ等しい顔型。フェイスラインや頬の丸みが気になる方が多いのでは? そんな丸顔さんは、「おでこを見せること」と「前下がりボブ」で縦のラインを強調することが大切。バックから顔まわりにかけて髪が長くなる前下がりボブとおでこを見せることでナチュラルに縦のラインを作り出すことができるんです。巻き髪にするときには、頬あたりにカールはつけずトップと毛先にボリュームが出るようにすると◎!

「面長さん」は頬のラインに動きをつけて間延びを回避

【POINT】

  • 頬のラインに動きを出す
  • 前髪でおでこをカバー

面長さんは、顔の縦幅が長く年齢よりも大人っぽく見られがち。そんな面長さんは、「頬のラインに動きを出すこと」と「前髪でおでこをカバーすること」が大切。面長さんは頬のあたりに動きを出すことでひし形シルエット(サイドにボリュームが出て毛先にかけてくびれていくシルエット)ができるので間延びを回避してくれるんです。また、前髪でおでこをカバーすることで目線が下がるので小顔見せも叶って◎。

「逆三角形さん」は毛先に動きをつけてシャープさを和らげる

【POINT】

  • 毛先に動きをつけてシャープさを和らげる
  • シースルーバングでおでこをカバー

逆三角形さんは、ハチが張っていてフェイスラインがシャープなのでクールな印象を持たれることが多いのでは? そんな逆三角形さんは、「毛先に動きをつけること」と「シースルーバングでおでこをカバーすること」がポイント。毛先に動きをつけることでフェイスラインを自然にカバーできるのでシャープさを和らげることができるんです。重心も下がるのでハチから目線を逸らすことも◎。シースルーバングをつくることで女性らしさもプラスされるのでぜひ参考にしてみて。

「ベース型さん」は切りっぱなしでフェイスラインをカバー

【POINT】

  • 切りっぱなしでフェイスラインをカバー
  • センター分けで縦のラインを強調

ベース型さんは、エラが張っていて顔が大きいのがお悩みの方も多いのでは? そんなベース型さんは、「切りっぱなしでフェイスラインをカバーすること」と「センター分けで縦のラインを強調すること」がポイント。ベース型さんは顔の横幅(エラ)が気になる方が多いので、切りっぱなしボブにするとエラを自然にカバーできるんです。また、前髪はセンター分けにしておでこを見せることで縦のラインを強調できるのでぜひ参考にしてみて。

【前髪あり・なし別】最旬ミニボブヘアカタログ

ここでは、前髪あり・なしでヘアスタイルをご紹介します。前髪あり派さんもなし派さんもきっと自分に合ったスタイルが見つかるので、ぜひ参考にしてみて。

前髪あり

▼切りっぱなしボブとシースルーバングで抜け感ヘアに

今っぽい雰囲気をプラスしたいときは切りっぱなしボブで決まり! パツンと切り揃えられた髪は、トレンド感満載で一気に垢抜けちゃうんです。今っぽい雰囲気を醸し出したいなら前髪はシースルーバングがおすすめ。おでこを透けさせることで抜け感が出で、重たい印象になるのを回避してくれるんです。

▼レイヤーを入れて軽快な印象に

軽さを重視したミニボブがお好みの方はレイヤーを入れると◎! レイヤーを入れることでエアリーな印象になり、女性らしさもグッと上がります。簡単なセットで髪に動きが加わるので、すぐおしゃれになれちゃいますよ♪

▼黒髪はウェット感を出して今っぽく

お仕事などさまざまな都合で髪を染められない方もいるはず。そんな方は、黒髪を活かしてアンニュイにキメるのがおすすめです。少し長めの前髪をセンターで分けたり、ワックスやオイルで束感を出すと◎。黒髪でも思いっきりミニボブを楽しんでみてください!

▼くせ毛風で媚びないかわいらしさをGET!

ナチュラルな雰囲気を演出したいときはくせ毛っぽいスタイルがおすすめ! コテで軽くカールをつければ完成するのでセットもとっても簡単なんです。朝少しでも楽したい方や不器用さんはパーマをかけるのも◎。

前髪なし

▼ストレート×センター分けでモードに

モード系の雰囲気を楽しみたいときは前髪なしのストレートがおすすめ! アイロンで髪全体をストレートにしたあと、ワックスやスプレーで髪表面を綺麗に整えて。つるんとした表面にすることでモード系のファッションやメイクに合うヘアスタイルが完成します。くせ毛やうねりが気になる方はストレートパーマや縮毛矯正をするのも◎。

▼毛先を動かしてニュアンスをプラス

さり気なくおしゃれ度アップしたい方におすすめなのは毛先を動かしたミニボブ。毛先を動かすだけで一気におしゃれになり、大人女子でもミニボブに挑戦しやすくなります。前髪は頬にかかるあたりで緩めに巻くとこなれ感も演出できて◎。

▼細かめカールでおしゃれ上級者見え!

「今日はしっかりキメたい」「強めファッションを楽しみたい」なんてときは細かめカールにしてみて。細めに毛束をとり、根元からミックス巻きすれば完成するので難しいテクニックは必要ないんです。前髪は、オールバックにするとより雰囲気が出て◎。 オールバックはドライヤーさえあればできるのでセットも簡単ですよ。

▼毛先重めカットで韓国っぽい美しさを

韓国っぽい雰囲気を醸し出したいときは毛先重めカットがおすすめ。毛先を重めにカットすることで、凛とした大人っぽさもプラスされるので大人女子にもぴったりなんです。前髪はかきあげ前髪にすると◎。根元を立ち上げることでより韓国スタイルに近づくので、ぜひ参考にしてみて。

【パーマ】をかければ、即おしゃれな自分に出会える!

ミニボブ初心者さんや不器用さんはなかなかセットが上手にできないなんてこともありますよね。そんなときにおすすめなのがパーマ! パーマをかければすぐにおしゃれに変身できちゃうので、ぜひトライしてみては?

「デジタルパーマ」ならコテで巻いたようなカールに

デジタルパーマは、髪が細くてパーマがかかりにくい人にもおすすめ! コテで巻いたようなふんわりとした質感のカールなのでナチュラルにキマります。パーマを初めてかける方でも挑戦しやすいのでぜひ参考にしてみて。

「エアウェーブ」ならニュアンスを楽しめる

エアウェーブは、空気感のあるふんわりとしたスタイルにしたい人におすすめ! ダメージを抑えながら、女性らしいエアリー感を演出してくれたりニュアンスをプラスしてくれるのでとっても人気のパーマなんです。ミニボブのかわいらしさと相性抜群なのでこの機会にチェックしてみて。

「コールドパーマ」でおしゃれさんに早変わり

コールドパーマは、根元からしっかりとしたパーマをかけられるのが魅力。おしゃれさんがこぞってやっているのでおしゃれさんになりたい方にとってもおすすめなんです。根元からボリュームを出したスタイルにしたい方や、レトロなヘアスタイルに挑戦したい方はコールドパーマで決まり!

【ヘアカラー】を変えて印象チェンジ

ミニボブはヘアカラーひとつでガラリと印象を変えることが可能。ここではミニボブに似合うカラーをご紹介します。カラー選びにいつも迷ってしまうなんて方は次のカラーの参考にしてみて。

「黒髪」で大人かわいい印象に

大人かわいい印象になりたい方は黒髪がおすすめ! 黒髪は、重たい印象になりがちで敬遠されがちですが、ミニボブなら黒髪でも重たくならないので◎。お仕事の都合などでなかなか染められないなんて方でもセットの仕方次第でとっても楽しめますよ。

「茶髪」で柔らかく暖かみのある印象に

柔らかさや暖かみのある印象にしたい方は茶髪がおすすめ! ブラウンは、印象を柔らかくしてくれる効果があるのでとっても人気のカラーなんです。髪自体を柔らかく見せてくれる効果もあるので女性らしさもアップさせてくれるはず。

「アッシュ」で透明感あふれる印象に

透明感あふれる印象にしたい方はアッシュがおすすめ! アッシュは、髪の赤みや黄みを抑えてくれるカラーで透明感を演出するのにぴったりなんです。アッシュとひとくちに言ってもグレー系やベージュ系などさまざまなので、なりたいイメージや希望のカラーがあるときは美容師さんと相談すると◎。

「ピンク」で今っぽい印象に

今っぽいトレンド感ある印象にしたい方はピンクがおすすめ! ピンクはかわいらしいだけではなく肌なじみもいいカラーなのでとっても人気のカラーなんです。一見挑戦しにくそうなピンクカラーですが、ブラウンやアッシュを混ぜたカラーなら派手な印象にならないのでトライしやすいはず♪

「ハイトーン」でおしゃれな印象に

おしゃれな印象にしたい方はハイトーンがおすすめ! ハイトーンとひとくちに言ってもホワイトブロンドやグレー系など種類はさまざまなので、美容師さんとしっかり相談すると◎。ハイトーンのミニボブは、パリジェンヌのような印象も演出できるので外国人風の印象を演出したい方にもぴったりです。

【巻き髪・ヘアアレンジ】でミニボブはもっと楽しめる!

ミニボブをもっと楽しみたい方は巻き髪やヘアアレンジをするのがおすすめ! ここでは、初心者さんや不器用さんでも簡単にできる巻き髪やヘアアレンジをご紹介します。アレンジを取り入れてミニボブを思いっきり満喫しちゃいましょう!

「巻き髪」でダウンスタイルをもっとおしゃれに

▼外ハネ

【やり方】

  1. 熱から髪を守ってくれるスタイリング剤をつける
  2. コテを地面と水平に持ち、毛先を挟んで外向きに巻く

オシャレでトレンド感を加えたい方におすすめなのが外ハネ。外ハネは若すぎるイメージがあるかもしれませんが、大人女子の方がすることでヘルシーな印象を演出できるんです。難しいテクニックは必要ないので誰でもトライしやすい巻き髪なのもおすすめポイント!

▼ニュアンス巻き

【やり方】

  1. 熱から髪を守ってくれるスタイリング剤をつける
  2. 毛先全体を内巻きにする
  3. 表面の髪を細くとりながら、内巻き・外巻きをつくる
  4. ワックスやスプレーでセットする

“巻きすぎ感”のないナチュラルな巻き方が魅力のニュアンス巻き。しっかりと巻けなくても大丈夫なので初心者さんや不器用さんでもできるんです。顔まわりの髪を外巻きにすれば大人っぽく、内巻きにすればかわいらしい印象になるのでその日の気分によってチェンジしてみて。

「ヘアアレンジ」で変化をプラス!

▼ローポニー

【やり方】

  1. 手にワックスをとり、髪に馴染ませながらまとめる
  2. 低めの位置でひとつに結ぶ

ダウンスタイルがかわいいミニボブもたまにはすっきりまとめたいなんて日もありますよね。そんなときにおすすめなのがローポニー。ミニボブの長さでもローポニーなら簡単にひとつにまとめることができて◎。トップの毛を引き出したり、あえてうなじや顔まわりの毛を残すとこなれ感がプラスされるのでぜひ試してみて。

▼ハーフアップお団子

【やり方】

  1. こめかみ辺りから髪をとり後ろで結ぶ
  2. ゴムで結ぶときに最後まで毛先を抜かず、輪っかお団子をつくる
  3. トップや後れ毛を引き出す

ハーフアップお団子は、ラフでかわいいヘアアレンジ。ストレートのままでもできるので不器用さんでもしっかりキマります。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW