MINE
LIFE STYLE

【みずがめ座】2020年下半期占い/運勢

2020/07/07

人気占い師、真木あかりさんによる2020年下半期占い。さて、みずがめ座/水瓶座(1月20日~2月18日)の運勢は?

<総合運>

わくわくするような好奇心が胸に宿ります。2020年前半はどうにも“内にこもる”ような傾向が強かった人も、だんだんと外の世界に目を向けることが増えていくでしょう。

向学心もアップし、学びたいテーマが見つかる人も。「いつか」と言わず、思い立ったらすぐに取り組んでみるといいでしょう。この下半期のうちに始めたことは長続きしやすく、満足のいく結果に結びつく可能性も高いでしょう。場合によっては、12月22日にみずがめ座で起こる特別なイベント「グレート・コンジャンクション」においても、プラスに働くに違いありません。

グレート・コンジャンクションというのは、木星と土星が同じ場所で重なる、20年に一度のイベント。時代の変わり目となる出来事が起きやすく、みずがめ座の人にとっては「時代が自分に合わせてくる」ような感覚すらあるかもしれません。その“前夜”とも言える下半期、好奇心と学びによってしっかりと充実させていきましょう。

<恋愛運>

5月から6月にかけてはやや不調気味だった人も、7月から8月上旬は絶好調。自分から行動を起こすことでいい波に乗れるときですから、好きな人にアプローチしてみるのはおすすめです。

カップルの人は8月から9月、会話が増えたり愛情を再確認したりすることに。そして12月後半から来年にかけては、どんなミラクルが起きてもおかしくない好調期。さまざまな運が折り重なるようにして、あなたを本当の幸せに導いてくれるでしょう。

<仕事運・金運>

人と会ったり話したりするなかでチャンスをつかめる好調期。じっとしているよりフットワーク軽く動いてみることで運も動きます。
本来はあまり活動的なマインドではない時期ですが、できる範囲で行動を起こしてみるといいでしょう。

11月、12月はいつ転機が訪れてもおかしくありません。新しいオファーが来る暗示も出ていますので、面白そうと思ったことはぜひ話だけでも聞いてみるといでしょう。12月後半、大躍進期のスタートです。

▼家族・恋人・友達の運勢もチェックする!

▼上半期を振り返ってみよう

PROFILE

真木あかり(まきあかり)
占い師。学習院大学卒業後、フリーライターなどを経て占いの道に。『2020年上半期 12星座別あなたの運勢』(幻冬舎)や女性誌での連載など、著書・連載・アプリ監修多数。占星術や四柱推命で運命を紐解き、人が自分の人生をより良く生きるためのアドバイスを行っている。

公式ブログはこちら

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW