MINE
LIFE STYLE

【いて座】2020年下半期占い/運勢

2020/07/07

人気占い師、真木あかりさんによる2020年下半期占い。さて、いて座/射手座(11月23日~12月21日)の運勢は?

<総合運>

愛の半年間がいよいよスタート。「情熱と闘いの星」と呼ばれる火星が恋愛を強く刺激し始めるうえ、夏の間は「愛と美の星」と呼ばれる金星がパートナーシップに追い風をもたらすなど、2重に愛が後押しされるのです。
そして愛というのは、何も人に対してだけ用いられるものではありませんね。というわけで、趣味や好きなものにとことん愛を注ぐにもぴったりでしょう。

自分の手で何かを作り出したり、楽器を演奏したり、歌ったり……と、思うがままに自分を表現してみることで運気も上がっていきます。ただ、こうした時期はどうにも気持ちが緩みやすく、やるべきことをそっちのけで楽しみごとに没頭してしまう危険も。

仕事のときは仕事、オフは完全にオフと、メリハリをつけて。特に9月中旬から11月中旬は、そうした傾向が強く出やすい暗示です。また12月中旬以降、学びたいテーマが見つかる人も。ここでの向学心は、長続きするはず。さっそくトライを。

<恋愛運>

下半期を通して恋愛運は絶好調。シングルの人にもカップルの人にも、嬉しい時間が多くなるでしょう。特に6月下旬から8月上旬にかけてと12月下旬は、大切な人の仲が進展する見通し。

これまで経験した恋がどのようなものであっても、「自分は幸せになる」と心に決めておいてください。

幸せになりたいと願う気持ちはあるのに出会いがないという人は、行動パターンや行動範囲を変えてみること。それだけで運命も変わります。

<仕事運・金運>

確実に年収アップを狙っていける、頑張りがいのある半年間。12月中旬に大きな運気の節目を迎えるのですが、それまでにしっかりと実力を発揮していきたいところです。仕事では得意なことを活かすチャンス。

なかでも、自分が好きでやってきたジャンルについては「向かうところ敵なし」状態で強みを発揮していけるはずです。なお、9月中旬あたりには、キャリアの新スタートと呼べるような出来事が。前向きにチャレンジして。

▼家族・恋人・友達の運勢もチェックする!

▼上半期を振り返ってみよう

PROFILE

真木あかり(まきあかり)
占い師。学習院大学卒業後、フリーライターなどを経て占いの道に。『2020年上半期 12星座別あなたの運勢』(幻冬舎)や女性誌での連載など、著書・連載・アプリ監修多数。占星術や四柱推命で運命を紐解き、人が自分の人生をより良く生きるためのアドバイスを行っている。

公式ブログ

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW