MINE
LIFE STYLE

【おひつじ座】2020年下半期占い/運勢

2020/07/07

人気占い師、真木あかりさんによる2020年下半期占い。さて、牡羊座/おひつじ座(3月21日~4月19日)の運勢は?

<総合運>

2020年下半期、12星座のなかでも最も強い光が降り注ぐことになっているのがおひつじ座の人、守護星である火星がおひつじ座に滞在し、半年間ずっと応援してくれることになっているのです。

上半期に引き続き、キャリアに強い追い風が吹く1年だけに高い目標を抱いて頑張っている人も多いかと思いますが、夢を叶えるだけのエネルギーは充分にそなわっています。持ち前の瞬発力、行動力をフルに発揮して、頑張っていかれるのがベストでしょう。

ただ、闘争心が高まりやすいのが難といえば難。衝突や摩擦、反発が生まれることもあるでしょう。何事に対しても一生懸命なのはあなたの素敵なところですが、それを前向きなかたちで活かすためにも、引き算や協調といった隠し味も、心のストッカーに準備しておきたいところです。

9月半ばから11月半ば、迷うことがあればそれは「熟成」のとき。2011年~2019年あたりの自分が、進むべき道に光を投げかけてくれるかもしれません。

<恋愛運>

ドラマティックな動きが予測される下半期。自分から仕掛けていくような、積極的な動きがいいご縁やパートナーシップにつながっていきます。

特に盛り上がりを見せるのは9月、11月。いつもの自分ならしない行動、行かない場所にこそご縁があります。一緒に過ごす友達や、行動範囲を変えてみるのは恋愛運のいいブースターとなるでしょう。

復縁を願っている人は7月上旬、それから10月末から11月頭にかけてチャンスが得やすいかも。

<仕事運・金運>

上半期に続き、キャリアの追い風は12月中旬まで続きます。夏の間は試行錯誤が多くなる人もいそうですが、それもまた重要な時間。

迷ったからこそ自分が本当に目指すものに気づける人もいるはずです。秋口からは絶好調に。

新しいミッションがスタートしたり、人脈や裁量に広がりが出てきたりと、社会のなかで自分の実力を見せつけていけるでしょう。ポジションと年収アップを狙っている人は、12月上旬までが頑張りどきと言えそう。

▼家族・恋人・友達の運勢もチェックする!

▼上半期を振り返ってみよう

PROFILE

真木あかり(まきあかり)
占い師。学習院大学卒業後、フリーライターなどを経て占いの道に。『2020年上半期 12星座別あなたの運勢』(幻冬舎)や女性誌での連載など、著書・連載・アプリ監修多数。占星術や四柱推命で運命を紐解き、人が自分の人生をより良く生きるためのアドバイスを行っている。

公式ブログはこちら

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW