HAIR

ミニボブは『アレンジ』でかわいさ100倍増し!ゴムだけ・巻き髪・シーン別アレンジを大特集

2020/06/23

顎のラインでカットしたミニボブ。「髪が短いからアレンジできない」なんて考えている方必見! 今回は、ゴムだけでできる簡単アレンジからコテを使った巻き髪アレンジ、結婚式やお仕事向きのアレンジまでたっぷりご紹介します! アレンジを取り入れてキュートなミニボブをもっと楽しんじゃいましょう♪

まずは〈顔型別〉のアレンジポイントを押さえておこう

アレンジをしたときに、「いつもより顔が大きく見える……」「なんだかキマらない」なんてことありませんか? 実は、 顔のかたちよってアレンジのときに気をつけるべきポイントが違うんです。ポイントを押さえるだけで、一気にアレンジが似合うようになるのでまずはここからチェックしてみて。

「丸顔さん」はおでこを見せて縦のラインを意識

【POINT】

  • トップにボリュームを出す
  • 逆にサイドはボリュームが出過ぎないようにすっきりと
  • おでこを見せて、縦のラインを意識すると◎
  • 前髪あり→シースルーバングや斜め前髪で抜け感を出す

頬やフェイスラインが丸く、幼く見られがちな丸顔さんは思い切っておでこを出すと◎。おでこを出すことで縦のラインを強調することができるので、大人っぽい印象になります。前髪ありの方は、シースルーバングや斜め前髪でおでこを少し見せると抜け感が演出できて丸顔カバーできます。

「面長さん」は横幅を活かしたアレンジで間延びを回避

【POINT】

  • サイドにボリュームをつける
  • 前髪なし→チークラインにカールをつける

顔が縦に長く大人っぽく見られることの多い面長さんは、サイドにボリュームを与えることが重要! 結んだときも、耳の周りをたゆませてサイドのボリュームを意識してみて。トップをふんわりさせたり、おでこをしっかりと見せてしまうと顔が間延びしてしまうので注意が必要です。前髪なしさんは、チークラインに動きをつけると全体のバランスが整うのでスタイリングのときは意識してみて。

【ゴムだけ】ミニボブだから可愛い簡単アレンジ

「いつもダウンスタイルでマンネリ……」「ミニボブでもできる簡単アレンジを知りたい」なんて方も多いのでは? そんな方にぴったりなゴムだけでできる簡単アレンジをご紹介します! 時間のない朝でもパパッとできて一瞬でかわいくなれるので是非試してみて。

「ひとつ結び」のちょこんと出た毛先がキュート!

【やり方】

  1. 手にワックスをとり、髪になじませながらまとめる
  2. 低めの位置でひとつに結ぶ

マンネリしがちなミニボブさんでもひとつ結びならシンプルにキマります。髪が短くてまとまりにくいなんてときはしっかりとワックスを馴染ませてから結べば大丈夫! ちょこんと出た毛先がキュートなアレンジに、トレンドのカチューシャをプラスすればおしゃれ偏差値もアップしちゃいます♪

「ハーフアップ」で媚びないかわいさをGET

【やり方】

  1. こめかみ辺りから髪を取り、後ろで結ぶ
  2. トップの毛をほぐせば完成!

ハーフアップは、ミニボブさんと相性抜群! 簡単でサッと結べるのにとってもかわいらしくなれるのでとってもおすすめなんです。でも髪が短いのできつく結び過ぎてしまうと毛先がぴょんと浮いてしまうことも。低めに緩く結ぶと浮かなくなり、大人っぽい落ち着いた雰囲気も醸し出せるので意識してみて。

「ハーフアップ×ロープ編み」で周りと差がつくオシャレヘア

【やり方】

  1. こめかみ辺りから髪を取り、後ろで結ぶ
  2. 毛束を2つに分け、2つの毛束をクロスしながらねじっていく
  3. 毛先のほうまで編んだらゴムで結び、トップの髪を引き出せば完成!

マンネリしやすいハーフアップアレンジも、ロープ編みを組み合わせれば一気にこなれた印象に。難しそうに見えますが、ねじっていくだけなのでとっても簡単なんです。学校で周りと差をつけたい! なんて方にもおすすめ♪ 毛先を外巻きにするとさらに動きがでてオシャレ度がアップしますよ。

「輪っかお団子」で落ち着きのある雰囲気に

【やり方】

  1. 髪をひとつにまとめ、ゴムで結ぶ
  2. ゴムで結ぶときに最後まで毛先を抜かず、輪っかをつくる
  3. 後れ毛を出し、トップをほどよく引き出せば完成!

不器用さんでも簡単にできる輪っかお団子はミニボブさんでも可能! 髪が短い分コンパクトにまとまってしまうので、トップの髪を引き出したり顔周りの髪を残してニュアンスを出すとバランスが整います。ストレートのままでもできるのでちょっと外に出るときや首元をすっきりとさせたいときにおすすめです。

【巻き髪】コテを使った巻き髪アレンジでマンネリ回避!

ダウンスタイルでも変化をつけたい方におすすめなのがコテを使った巻き髪アレンジ。ここでは、初心者さんや不器用さんでもチャレンジできる巻き髪アレンジをご紹介します。簡単にできるのにいつもと雰囲気がガラリと変わるのでぜひ試してみて。ちなみに、ミニボブさんは19mmや26mmのコテがおすすめ!

「内巻きワンカール」でナチュラルにかわいく

【やり方】

  1. 髪を熱から守ってくれるスタイリング剤をつける
  2. コテを地面と平行に持って毛束を挟み、3~5秒髪に熱を与えながら内側に向かって巻く

ナチュラルでかわいい内巻きは、ミニボブとの相性抜群! どこから見ても美しく、ころんとしたシルエットがとってもキュート。髪に熱を加えたら熱が冷めるまで触らず放置するのがカールを長持ちさせるためのポイントです。

「外ハネ」でおしゃれさんに変身!

【やり方】

  1. 髪を熱から守ってくれるスタイリング剤をつける
  2. コテを地面と水平に持ち、毛先を挟んで外向きに巻けば完成

今っぽいヘルシーな印象をゲットするなら外ハネで決まり! しっかりめに巻けばレトロっぽい印象に、サッと滑らせるように巻けば飾らないナチュラルな印象になるので、シーンやお洋服に合わせて巻き方を変えてみて。難しいテクニックは必要ないので忙しい朝にも◎!

「ニュアンス巻き」でこなれ感をGET!

【やり方】

  1. 髪を熱から守ってくれるスタイリング剤をつける
  2. 毛先をすべて外ハネにする
  3. 表面の髪を細くとって緩めに内巻き・外巻きをつくる
  4. ワックスやスプレーでセットすれば完成

ニュアンス巻きとは、“巻いた感”がないくせ毛のようなスタイルを表現できる巻き方。最初に毛先をしっかり外ハネにしたら、あとは表面の髪を細くとってランダムに巻いていくだけ! 巻き残しがあるくらいがちょうどいいので、初心者さんや不器用さんでも挑戦しやすい巻き髪です。

【シーン別アレンジ】お仕事や結婚式におすすめのアレンジはコレ!

お仕事や結婚式などシーンに合ったアレンジに悩んでいる方も多いのでは? ダウンスタイルももちろん可愛らしいですが、ひと工夫するだけでいつもと違ったおしゃれを楽しめるので是非トライしてみて。

「お仕事」編

▼「ローポニー」はふんわり感がカギ!

【やり方】

  1. ワックスやオイルを髪に馴染ませる
  2. 低い位置でひとつに結ぶ
  3. トップの髪を引き出し、後れ毛を巻けば完成!

お仕事にぴったりな髪型といえばローポニー。ともすれば地味見えしてしまうアレンジですが、耳のあたりから後れ毛を出したり、トップの毛を引き出すだけで一気にこなれ感がでて◎!後れ毛をゆるめに巻くことで小顔見せも叶います♪

▼「たまねぎヘア」で遊び心満載のおしゃれヘアに

【やり方】

  1. 髪をひとつにまとめる
  2. 毛束をゴムで等間隔に留めていけば完成!

オフィスでも可愛らしくおしゃれなアレンジをしたいときはたまねぎヘアがおすすめ! 遊び心満載のかわいらしいおしゃれな髪型なので、その日の気分やファッションに合わせると◎。ほぐしを加えずにきっちりまとめればシックなお洋服にもぴったり合いますよ。

「結婚式」編

▼「ピン」でスタイリッシュなおしゃれヘアに

【やり方】

  1. 毛先を内巻きワンカール・外ハネにランダムで巻く
  2. 毛先にワックスをつけ、毛流れをはっきりさせる
  3. 片方の耳に髪をかけ、ゴールドやシルバーのピンをランダムにさせば完成!

セルフで簡単にオシャレなお呼ばれヘアに仕上げたいときにおすすめなのがピンを使ったアレンジ。ヘアスタイルがシンプルでもピンをざくざくと留めていくだけでおしゃれに変身。ワックスを多めにつけてウェット感を出すのがポイントです。

▼「たまねぎヘア×サイドツイスト」で周りと差がつくお呼ばれヘアに

【やり方】

  1. 毛先を外ハネにする
  2. トップの毛をとり、結ぶ
  3. (2)の毛先を等間隔にゴムで留め、たまねぎヘアをつくる
  4. こめかみあたりからサイドの毛をねじりたまねぎヘアの下で結ぶ
  5. たまねぎヘアを軽くほぐし、ヘアアクセサリーをつければ完成!

カジュアルなたまねぎヘアもサイドツイストと組み合わせるだけで一気にお呼ばれヘアに大変身! セルフとは思えない凝った仕上がりになるので、いつもよりしっかりキメたいときはぜひ挑戦してみて。毛先は外ハネにして動きを出すのがおすすめです。

「浴衣・着物」編

▼「ダブルくるりんぱ」でミニボブを活かした可愛らしい印象に

【やり方】

  1. 毛先を外ハネにする
  2. こめかみのあたりからハーフアップをつくりくるりんぱする
  3. 耳のあたりからハーフアップをつくりくるりんぱする
  4. トップの毛を等間隔に引き出し、アクセサリーをつければ完成

ミニボブのかわいらしさを活かしたダブルくるりんぱハーフアップは浴衣とも相性ばっちり。大胆な花飾りも映えるのでアクセサリー選びも自由に楽しめますよ♪ トップの髪を引き出せばさらに華やかに見えて◎。

▼「ひとつ結び」はアクセサリーで華やかに盛って

【やり方】

  1. 髪全体をランダムに巻き、ワックスを馴染ませる
  2. 髪を低めの位置でひとつにまとめ、トップの毛や後れ毛を出す
  3. スプレータイプのワックスを全体にかけ、ヘアアクセサリーをつければ完成!

うなじ見せで女性らしさが香るひとつ結びは、アクセサリーで華やかに盛るのがおすすめ! トップは大胆にほぐしてエアリー感をもたせると◎。

【前髪なし派さんもOK】前髪アレンジで大胆に印象チェンジ!

アレンジに飽きてきてしまった方は前髪アレンジをしてみて。前髪に少し変化を加えるだけでもガラリと印象が変わるので、マンネリしてきたときにとってもおすすめなんです。不器用さんでも簡単にできるものばかりなので前髪アレンジでもっとミニボブを楽しんじゃいましょう!

「オールバック」でキュートさを加速させて

【やり方】

  1. 髪を濡らしてヘアオイルをつける
  2. ドライヤーを使い、髪の根元からかきあげるようにして乾かす
  3. ピンで留めたり、アレンジした髪と一緒にゴムで留めれば完成

思い切っておでこを出すとどこかやんちゃでかわいらしい印象に。ピンはゴールドのものやカラフルなものをチョイスするとより今っぽく仕上がります♪ オールバックにするときは、いつもより念入りに眉メイクをすると◎。

「ポンパドール」でふんわり華やか前髪に

【やり方】

  1. 前髪をとり毛束を2~3回ねじる
  2. ねじった部分をピンで留めれば完成

前髪がキマらないときや、おでこを出してすっきりとした印象をゲットしたいときにおすすめなポンパドール。ねじるときはきつくねじりすぎないことでふんわりとナチュラルな印象に仕上がります。ふんわりとしたポンパドールが顔周りを華やかに見せてくれるので、結婚式などのお呼ばれヘアにもぴったりです。

「ツイスト」アレンジはかなり万能!

【やり方】

  1. 前髪をセンターで分ける
  2. 分けた前髪をそれぞれねじってピンで留めれば完成

ちょっとした変化をプラスしたいときや、ファッションに合わせて上品さを演出したいときにぴったりなツイストアレンジ。デイリーからお呼ばれヘアまで万能なので覚えておくととっても役立つ前髪アレンジです。ねじった毛束に対してピンを平行に留めればピンが隠れるのでぜひやってみて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW