(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

カジュアルや綺麗めに大活躍!深まりゆく初秋にピッタリのパンツコーデ

2017/08/04

日が落ちる時間も早くなり、日増しに空気も冷たくなる初秋に向けて、皆さんはどんなコーディネートを考えますか?カジュアルだけではなく、綺麗めやフォーマルなど何かと使えるパンツは、足をすっぽりと隠してしまうことから涼しさを感じる秋口から徐々に穿いている方も増えてきます。そんなパンツだからこそ、他の人とは差を付けたオシャレを楽しみたくもの。今回は初秋に穿きたいパンツコーデをご紹介します。

ゆったり穿けるストレートパンツコーデ

出典元:Instagram

数多くあるストレートタイプの中でも、ゆったりとした穿き心地のパンツは今の季節こそ使い勝手のいいアイテムです。特に日の高い日中だとまだ暑く感じることもある秋口は、足を締め付けるパンツは蒸れてしまうことも。余裕がある分昼と朝夕の寒暖差にも使いやすいパンツコーデですよね。

出典元:Instagram

ゆったりとしたストレートのパンツコーデは、フィットしていない分体型カバーにも打ってつけですよ。ただストンと落ちる形が着こなしによっては野暮ったく感じることも。そんな時におすすめなのがトレンド感のある切りっぱなしデニムです。今風な着こなしがこなれた印象を与えてくれます。

秋にも大活躍、動きやすいジョガーパンツコーデ

出典元:Instagram

夏に大活躍してくれたジョガーパンツは引き続き秋もトレンド。動きやすく軽い素材なのでカジュアルなパンツコーデにはもちろんのこと、裾が絞られた形がゆったりとしているのに細身に見せてくれるので美しいシルエットが手に入れることができますね。

出典元:Instagram

キュッと絞られた裾部分が足を細身に美しく見せてくれるジョガーパンツ。秋に穿くならチラリと足首が覗く丈を選ぶのがポイントです。秋が深まるにつれ重いコーデになりがちですが、足首の肌見せをプラスすることで重過ぎない女性らしさも演出したパンツコーデになります。

トップスに悩まない万能スキニーパンツコーデ

出典元:Instagram

ゆったりとしたトップスやボトムスがトレンドですが、足にフィットしたスキニーパンツコーデも秋の着こなしには欠かせません。特に秋は重みのあるゆっとりとしたトップスを着用しがち。そんな時はコンパクトなスキニーにすることでメリハリの効いた女性らしいシルエットに。

出典元:Instagram

ゆったりとしたトップスだけでなく、細身のスッキリとしたトップスに合わせてもスキニーパンツは相性◎。全体的にコンパクトなパンツコーデになるので、クールな装いにピッタリですね。足にフィットする分スキニーにはなかなか手が出せない方は、締め色である黒を選ぶのがおすすめ。

ワイドパンツコーデでスタイルアップ

COCOさん(@rococo39)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

スキニーパンツと違い、裾が広がったワイドパンツコーデは締め付けがない分楽ちんでゆったりとした穿き心地が特徴です。また末広がりの形が脚長効果に最適なので、スタイルアップにも繋がります。グレーのワイドパンツを秋色のボルドーに合わせると季節感のある着こなしに。

出典元:Instagram

脚長効果が期待できるワイドパンツコーデでさらなるスタイルアップを目指すなら、トップスはボトムスにインしてメリハリを作るのがポイント。ブラウンとカーキの組み合わせは秋色同士の組み合わせなので相性のいい、落ち着いた上品な仕上がりになりますね。

メリハリの効いたハイウエストパンツコーデ

COCOさん(@rococo39)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

ワイドパンツの他にもスタイルアップ効果に使えるパンツコーデをチョイスするならハイウエストパンツがおすすめです。普通のパンツよりも股上に余裕のあるハイウエストパンツなら、腰の位置が高く見える分スラリとしたシルエットを手に入れることができますよ。

出典元:Instagram

せっかく腰の位置が高く見えるハイウエストパンツを穿くならトップスはボトムスにインするのが基本、隠してしまっては効果も半減してしまいます。低身長なのでパンツコーデは手が出にくいという方も、ハイウエストタイプならバランスよく見せることができるのでおすすめです。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡
みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW