HAIR

キレイな髪へ導く【ヘアケア方法】正しい順番・基本のやり方

2020/07/15

ヘアケアは、日々の積み重ねが肝心。トリートメントやオイルなど、あらゆるヘアケア商品も正しい順番で使うことが大切です。基本のやり方を見直し、ひと手間加えたお手入れ方法を取り入れて、パサパサのダメージヘアをツヤ髪へと近づけましょう。

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

  1. ヘアケアの正しい順番<5ステップ>
  2. 【シャンプー前】には、ブラッシングと予洗い
  3. 【シャンプー・コンディショナー】の基本の使い方
  4. 【トリートメント】はインバス・アウトバスのダブル使い
  5. 【ドライヤー】で早めに乾かして!自然乾燥はNG
  6. 【サロンでのケア】をプラスして、美髪をキープ
  7. 見落としがちな【紫外線対策】もしっかりと!
  8. 〈おまけ〉ヘアケア用品はプレゼントにもおすすめ

ヘアケアの正しい順番<5ステップ>

画像:MINE

みなさん予洗いはしていますか? トリートメントとコンディショナーの順番、間違っていませんか? トリートメントだけでなく、お風呂上がりにもオイルや洗い流さないトリートメントをつけるとなお効果的です! 今やっているヘアケアと、正しい順番を見直して答え合わせをしてみてください。

【シャンプー前】には、ブラッシングと予洗い

ヘアケアは、とにかく髪を優しくいたわってあげることが大切です。お風呂に入る前、シャンプーをする前、ブラッシングと予洗いで丁寧に髪を扱ってください。

まず、ブラシで髪をとかしておく

お風呂に入る前に、ブラッシングをして汚れや絡まりをほどいておくと、そのあとの行程がよりスムーズに。絡まりがひどい場合には、優しく毛先からとかしてあげてください。

「予洗い」で汚れの7割が落ちる!

思っている以上に重要なのが“予洗い”。髪全体を濡らす程度ではなく、約2分ほどお湯ですすいでください。これだけで汚れの7割が落ちるといわれ、また髪へのダメージも少ないのでとっても大切なんです。

【シャンプー・コンディショナー】の基本の使い方

ヘアケアの基本となるシャンプーとコンディショナー。その役割や使い方を見直して、ただ洗うだけのお手入れから卒業しましょう!

シャンプーとコンディショナーはセット使いが◎

シャンプーとコンディショナーは、セット使いがベター。相性を考えて作られているから、同じメーカーで揃いのセットを使うことをおすすめします。

《シャンプー》は指の腹を使って地肌を洗う

シャンプーは、地肌を中心に洗ってください。髪の汚れは、予洗いで約7割が落ちているので、指の腹を使い地肌をマッサージするように洗うのがポイントです。泡立った髪に数回手ぐしを通し、浮いた汚れを洗浄すればOK。

マッサージブラシで頭皮ケアも

髪のケアと合わせて、頭皮もケアすると結果的に髪へもいい影響が。頭皮の血行がよくなることで、抜け毛予防になり、また顔のリフトアップや肩こり改善の効果が得られることも。手軽に頭皮マッサージができる専用ブラシがあるから、ぜひ取り入れてみて!

▼この気持ちよさがクセになる!マッサージブラシ

ウカ(uka)

スカルプ ブラシ ケンザン(ソフト)

滑りにくいシリコン製で持ちやすい、マッサージブラシ。美容院でシャンプーしてもらったかのような気持ちよさで、洗いあがりの爽快感も抜群◎。お家で簡単に頭皮ケアができる、おすすめのアイテムです。

《コンディショナー》で髪をコーティング

コンディショナーは、髪の表面をコーティングし指通り滑らかに仕上げてくれます。そのため、トリートメントのように、つけたあと時間を置く必要はありません。髪全体にいき渡ったら洗い流してください。

「コンディショナー」「トリートメント」の違い

●コンディショナー:髪の表面をコーティングし、手触りをよくする
●トリートメント:髪の内部にアプローチし、内側へ栄養成分を浸透させ整える

【トリートメント】はインバス・アウトバスのダブル使い

ダメージの状態に合わせて、インバストリートメントをする頻度を変えたり、ときにはアウトバストリートメントとのダブル使いで積極的に髪をケアしましょう。日頃のセルフケアが、美しい髪を育みます。

インバストリートメントは『蒸しタオルでくるめば効果大』

インバストリートメントとは、お風呂の中で使う洗い流すトリートメントのこと。髪の水気をとり、毛先を中心にトリートメントをつけたら全体に馴染ませます。蒸しタオルでくるみ、5分ほどおくとより効果的!

▼深く傷んだ髪も内側から補修

集中ケアにも、デイリーケアにも使える洗い流すインバストリートメント。ドラックストアでも購入できる、実力派のヘアパックはリピートしやすいからおすすめ。2~3分おいてからすすげば、より効果を期待できます。

▼週に2~3回の特別ケア

ヘアパック・ヘアマスクは、より髪の修復にアプローチしやすくダメージへも効果的。特別なケアのため、週に2~3回などと頻度が限られているので、回数を確認して使いすぎに注意してください。キールズのヘアパックで、リッチなバスタイムを。

▼クセやダメージが気になる髪に

スルッと扱いやすい髪に整えてくれる、優秀ヘアマスク。普段のトリートメントを週に数回ヘアパックやヘアマスクに置き換えるのもおすすめ。

アウトバストリートメントは『乾かす前に塗って髪を保護』

アウトバストリートメントは、お風呂上がりに使用する洗い流さないトリートメントのこと。髪を乾かす前につけることで、ドライヤーの熱から髪を守ってくれます。

▼ハチミツをブレンドしたハニーオイル

アンドハニー(&honey)

EXディープモイスト ヘアオイル3.0(グランローズハニー)

蜂蜜瓶をイメージしたボトルデザインが可愛い、アンドハニーのヘアオイル。オーガニックモロッカンオイルに蜂蜜をブレンドした保湿効果で、スタイリング剤としても使えちゃう!

▼優しい香りで女子力アップ

保湿成分が髪に潤いを与え、パサつきや広がりの気になる髪を柔らかくしなやかにまとめてくれる、洗い流さないトリートメント。香りもよく、女子力アップ効果も期待できちゃう。

【ドライヤー】で早めに乾かして!自然乾燥はNG

髪は濡れた状態のままだと、雑菌が増えダメージの原因に。自然乾燥や濡れたまま眠ってしまうなんてもってのほか。ドライヤーで乾かすことが髪のケアに繋がります。

髪を乾かさないで寝ると、ダメージの原因に

髪は濡れていると、傷みやすく雑菌も増えてしまいます。しっかりと乾かしてから寝ることで、髪が絡まり摩擦で傷むのを防ぐことができます。また、翌朝起きたときの質感にも差がつくから、髪を洗ったら乾かすところまでをワンセットと思って、お手入れしてみてください。

《正しいブローのやり方》

髪を乾かす際、ブローのやり方を覚えておくと美容院帰りのような仕上がりに近づくことができます。タオルドライをしてからドライヤーで髪を一通り乾かしたあと、ブローをして毛流れを整えていきます。

画像:MINE
  1. 根元を中心に全体的に乾かしたら、ピンで髪の上辺部分2/3を留めておく。
  2. 残った髪に、根元からブラシを入れ内巻きになるようカーブを描きながら少しずつ動かす。
  3. [2]と同時に、ドライヤーの風を上から下へと毛先に向かって当てる。
  4. 形・毛流れを整えながら、分けておいた髪をおろし、同じ行程をくり返す。

ブラシとドライヤーのダブル使いは、初心者にはなかなか難しいもの。日々の実践から、少しずつ慣れていくしかありません。そのため、最初はドライヤーを置いて、髪にブラシを入れてからドライヤーの風を当てるなど、焦らず丁寧にやってみてください。

【サロンでのケア】をプラスして、美髪をキープ

ヘアケアは、定期的にサロンでのメンテナンスを取り入れると、より効果的です。ホームケアは“サロンで整えた髪の状態をキープし長持ちさせる”そんなイメージで。

定期的にカット

枝毛など傷んだ髪は、定期的にカットし整えることで、髪を健やかな状態に。髪を伸ばしたい人も、ただ伸びるのを待つより、定期的にカットを取り入れることでツヤ髪が育ちますよ。

ダメージの少ないカラー剤を使う

ヘアカラーは髪へのダメージが大変大きく傷みの原因に。そんななか、ダメージの少ないカラー剤で染めることで、傷みを抑えることができます。ぜひ美容師さんに相談してみてください。

サロンでのトリートメント

サロンでのトリートメントは、効果の高いトリートメントを使用してお手入れしてくれるから、より効果的! 1~2ヶ月単位で定期的にメンテナンスするのがおすすめです。

見落としがちな【紫外線対策】もしっかりと!

紫外線が肌へダメージを与えるように、髪も日焼けをすると傷みの原因に。見落としがちな髪の日焼けにも、今から対策を!

「日傘」で頭皮も日焼け知らず

ZOZOTOWN

普段から日傘を使っている人も多いと思いますが、日傘は髪の紫外線対策にも効果的。頭皮の日焼けが1カ所に集中しないよう、定期的に分け目を変えるなどの工夫も必要です。

「帽子やハット」でオシャレに紫外線対策

極力、帽子やハットをかぶり日差しから頭皮を守ってあげてください。おしゃれとしても取り入れやすいアイテムなので、楽しみついでに紫外線対策を。

髪用の「スプレータイプの日焼け止め」

ちょっとそこまでの外出や、仕事中の移動など、日傘や帽子などのアイテムに頼らず紫外線対策をしたいなら、スプレータイプの日焼け止めがおすすめ! サッとひと吹きするだけで、手を汚さずに使えます。

▼手を汚さずにササッと紫外線対策

肌だけじゃない! 髪にも使えるUVスプレー。人気のヘアケアシリーズ「エヌドット」を手がけるナプラから誕生した日焼け止めだから、髪の紫外線対策にぴったり。コンパクトサイズで持ち運びにも便利だから、気づいたときに対策を。

〈おまけ〉ヘアケア用品はプレゼントにもおすすめ

ヘアケア用品はプレゼントとしてもおすすめ。最近ではおしゃれで機能性の高いモノが多く、大変喜ばれます。ヘアケア用品といえど、贈り物にはドラックストアなど、普段見かけないこだわりの商品をチョイスしてみてくださいね。

乾燥予防にもなる《ヘアオイル》

人気のヘアオイルはアウトバスオイルとして使用したり、乾いた髪のスタイリング剤としても使えます。最近ではオーガニックでできているモノも多く、髪だけじゃなく手や体などマルチに使える商品が多数揃っているから、喜ばれること間違いなし!

▼デザイン性の高いおしゃれヘアオイル

ウカ(uka)

ウカ ヘアオイル ウィンディーレディ 50ml

パッケージもおしゃれなウカのヘアオイル。乾燥を防いでやわらかく扱いやすい髪に。トレンドのウェットヘアも作れちゃうから、流行りに敏感なあの人への贈り物にいかがですか?

髪を芯から整える贅沢《トリートメント》

日頃からトリートメントを使用する女性は多いもの。だからこそ、とびきり贅沢なトリートメントをプレゼントすれば、きっと喜んでもらえます。お世話になった方へ、ときには贅沢な贈り物を。

▼芸能人やモデルも愛用の極上トリートメント

効果も人気も高いケラスターゼのトリートメントは、信頼のおける1品。使うほどに髪が蘇る、極上のトリートメントは贈り物にうってつけ!

《ヘアブラシ》にもこだわりを

頻繫に買い替えることのないヘアブラシは、実は贈り物としてとってもおすすめ。こだわりのヘアブラシなら頭皮にも優しいから、抜け毛や切れ毛に悩みがちな産後ママへのプレゼントとしてもぴったり。

▼頭皮マッサージにも使えるヘアブラシ

今人気の高いヘアブラシといえばアヴェダのパドルブラシ。クッション性のあるブラシ部分で頭皮をポンポンと叩いたり押し付ければ、頭皮マッサージにも使えます。

この記事で紹介された商品の一覧
全10商品
商品画像
ブランド名 ウカ(uka) スティーブンノル(STEPHEN KNOLL) キールズ(KIEHL’S SINCE 1851) ルベル(LebeL) アンドハニー(&honey) フェルナンダ(FERNANDA) ナプラ(napla) ウカ(uka) ケラスターゼ(KERASTASE) アヴェダ(AVEDA)
商品名 スカルプ ブラシ ケンザン(ソフト) モイスチュアコントロール ヘアパック キールズ ヘアパック OFO 240g イオディープマスク EXディープモイスト ヘアオイル3.0(グランローズハニー) フレグランスヘアミルク マリアリゲル ミーファ フレグランスUVスプレー(マグノリア) ウカ ヘアオイル ウィンディーレディ 50ml CH マスク クロノロジスト パドルブラシ
特徴 - - - - - - - - - -
最安値※表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって異なります。 2,200 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 1,068 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 2,556 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 1,880 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 1,540 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 1,130 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 626 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 4,400 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 4,850 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 2,278 特定のストアに遷移します。 詳細を見る
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW