HAIR

とびきり可愛い【リボンを使ったヘアアレンジ22選】やり方解説つきで誰でも簡単に!

2020/06/09

今、おしゃれ女子のあいだで旬のリボンを使ったヘアアレンジ。「手っ取り早く可愛くなりたい!」なんて方は今すぐリボンをプラスして! 今回は、簡単にできるアレンジからショートからロングまでのレングスに合わせたアレンジをご紹介します。結婚式やライブなどのシーンにぴったりなアレンジも合わせてご紹介しているので、リボンでヘアアレンジをもっと楽しんじゃいましょう!

ヘアアレンジに《リボン》を加えると、こんなにかわいいんです♪

今とっても旬のリボンを使ったヘアアレンジ。リボンを使えばシンプルなヘアアレンジもかわいらしさ満載のヘアスタイルに早変わりするんです! 「難しそう……」なんて思っている方もいるかもしれませんが、リボンアレンジは簡単にできるのが魅力。初心者さんや不器用さんもこの機会にぜひトライしてみて♪

【超簡単】ゴムに巻きつけるだけでおしゃれさんに変身!

「不器用だから上手くできるか心配」なんて方でも簡単にできるゴムに巻きつけるだけアレンジ! ヘアアレンジ初心者さんや不器用さんでもテク要らずで簡単にできるので、この機会にヘアアレンジにリボンを取り入れてみて。

「ポニーテール」もリボンで地味見え回避!

【やり方】

  1. ワックスを手にとり、ざっくりと髪をひとつにまとめる
  2. リボンをゴムの結び目にくるくると巻きつけ、リボン結びすれば完成

シンプルで地味になりがちなポニーテールも結び目にリボンを巻きつけるだけで一気におしゃれになって◎! トップの髪を引き出したり後れ毛を出せばこなれ感もプラスされるのでぜひ試してみて。

「ハーフアップ」なら大きめリボンで存在感を加えて

【やり方】

  1. 耳の上あたりから髪の毛をとり、後ろで結ぶ
  2. リボンを結び目に巻きつけトップでリボン結びにすれば完成

オフィスヘアからお呼ばれヘアまで大活躍なハーフアップ。落ち着きすぎてしまうハーフアップも大きめリボンで結べば存在感抜群のヘアになります。

「編みおろし」ならドラマチックなスタイルに

【やり方】

  1. 髪全体を巻き、ワックスを髪に馴染ませる
  2. 髪全体を3等分に分け、毛先まで三つ編みをする
  3. 毛先をゴムで留め、リボンを巻きつける
  4. トップの毛や三つ編みをほぐせば完成

編みおろしは、髪自体にもボリュームが出て華やかな印象を演出できるアレンジ。デートや結婚式などちょっぴり特別な日に挑戦してみて。

【ショート・ボブ】ならひと手間加えてマンネリ回避

なかなか凝ったアレンジができないショート・ボブ。でもリボンがひとつあれば大丈夫! 簡単におしゃれになれちゃいます。いつものセットにひと手間加えてマンネリ回避しちゃいましょう♪

「ひとつ結び」で周りと差をつける

【やり方】

  1. 髪の毛をざっくりとりひとつに結ぶ
  2. トップの毛や後れ毛を引き出してこなれ感をプラス
  3. ゴムの結び目から毛先を少し残し、リボンをぐるぐる巻けば完成

普段サッと適当に結んでいるひとつ結びも、リボンを使うだけで今っぽいヘアに早変わり! リボンをぐるぐると巻きつけるときは、少しきつめにしっかりと巻くのがポイントです。ちょこんと出た毛先とのバランスがとってもかわいくて周りと差をつけられること間違いなし!

「ハーフアップ」はふんわりさせて女の子らしさ全開ヘア

【やり方】

  1. 髪全体を巻き、ワックスを髪に馴染ませる
  2. 耳のあたりからざっくり髪をとり、ゴムで結ぶ
  3. ゴムの結びにリボンを巻きつければ完成

女の子らしさ全開で楽しみたいときはふわふわハーフアップがおすすめ。ショートやボブの長さでハーフアップするときはゴムをきつく結び過ぎないのがポイント! 結んだあとに少し結び目をたるませることで毛先が浮きにくくなります。

「ツインお団子」で今旬のチャイナ風ヘア

【やり方】

  1. 髪にワックスを馴染ませる
  2. 髪を真ん中で分け、三つ編みをする
  3. 三つ編みをくるっと丸めてお団子にしたらピンで固定する
  4. お団子の付け根にリボンを巻き、結べば完成

今旬のチャイナ風ヘアはショート・ボブでも再現可能! ショート・ボブならではの小ぶりでかわいらしいお団子がとっても今っぽくてかわいく仕上がるので、ぜひ挑戦してみて。

【ミディアム】はリボンで大人かわいい愛されヘアに

アレンジの幅が広いミディアムさんはリボンを使わないなんてもったいない! アレンジにリボンを加えて、大人のかわいい愛されヘアを加速させちゃいましょう。

「ハーフアップ」は2種類のリボンで目の惹くヘアに

【やり方】

  1. こめかみあたりから髪をとり後ろで結ぶ
  2. トップの毛を引き出し、こなれ感をプラス
  3. 結び目に細さやカラーの違うリボンを結べば完成

ハーフアップは大人かわいい愛されヘアの代表! 簡単にできるので日頃からやっている方も多いのでは? 結び目にカラーやタイプの違うリボンを重ねれば、パッと目の惹くヘアになって凝った雰囲気も出るのでぜひ試してみて。

「たまねぎヘア風アレンジ」でゆるふわを武器に

【やり方】

  1. 髪の毛を手ぐしで整えポニーテールをし、リボンを通したゴムで結ぶ
  2. リボンを数回ゴムに巻きつけ、軽く結ぶ
  3. 毛先にリボンを前後交互に巻き、毛先で結ぶ
  4. トップの毛や毛束の毛を軽くほぐせば完成

「しっかり髪をまとめたいけどやりすぎたくない」なんて日もありますよね。そんなときにおすすめなのがたまねぎ風ヘア。今、おしゃれ女子あいだで話題のたまねぎヘアをリボンでつくるとゴムでつくるよりもゆるふわになってとってもかわいいんです!

「編み込みツインテール」で量産型ヘア

【やり方】

  1. ベースの髪をコテで巻き、まとまりやすくするためにワックスを髪に馴染ませる
  2. 髪をセンターで分けてこめかみあたりから髪をすくい、編み込みをする
  3. 耳のあたりまで編み込みをしたら残っている毛と一緒に結ぶ
  4. (2)~(3)の工程をもう片方の髪にもする
  5. ツインテールをしたゴムの結び目にリボンを巻きつけ、蝶々結びをすれば完成

最旬の量産型ヘアをつくるなら編み込みツインテールがおすすめ。リボンはシフォンを選ぶとよりガーリーでかわいくなります。仕上げに編み込み部分を軽くほぐせば抜け感が出たり、細めのリボン選べば甘くなりすぎないのでファッションや場所に合わせて楽しんでみて。

【ロング】長さを活かしたアレンジで上級者見え

長さが十分にあるロングはアレンジも自由自在! ですが、めんどくさくていつも同じアレンジになってしまったり、ダウンスタイルのままなんてことも多いのでは? この機会に、リボンでいつものヘアを上級者に見せしちゃいましょう。

「ローポニー」でスタイリッシュにキメる

【やり方】

  1. 髪の毛をまとめ、下で結ぶ
  2. ゴムの結び目を隠すようにリボンを巻きつけリボン結びする
  3. 表面の髪をスティックワックスで整えれば完成

甘くなりがちなリボンですが、スタイリッシュな雰囲気を出すことも可能。あえて後れ毛やトップの毛を引き出さず、表面をつるんと綺麗に仕上げればスタイリッシュなローポニーになります。とっても簡単で、ストレートが活きるスタイルなのでぜひ試してみて。

「ギブソンタック」でキレイめ大人ヘア

【やり方】

  1. ワックスを髪になじませ、リボンを通したゴムでローポニーをつくる
  2. ローポニーにした毛束をくるりんぱする
  3. 毛先を3等分にし、毛先をゴムで留める
  4. 毛先をくるりんぱした部分に入れ込み、ピンで固定する
  5. リボンを整えれば完成

リボンを使ってキレイめの大人ヘアを演出したいならギブソンタックがおすすめ! ギブソンタックはセルフでも簡単にできるのに、結婚式などのお呼ばれヘアとしても大活躍する髪型なんです。リボンは派手すぎないシンプルなものを選ぶと◎。

「編みおろし」ならロングを活かしてガーリーな雰囲気をゲット

【やり方】

  1. まとまりやすくするためにワックスをなじませる
  2. トップの髪をとり3等分に分けてざっくり髪をとりながら編みおろす
  3. トップの毛や三つ編みを軽くほぐす
  4. ゴムを隠すようににリボンを巻きつけ、蝶々結びすれば完成

長さを活かしてかわいらしくなりたい方におすすめなのが編みおろし。黒髪さんや髪が暗めの方は編みおろした部分が目立ちにくて「イマイチ……」なんてこともあるのでは? そんなときは、三つ編みの束をあえてきっちり分けず編みおろしてみて。ほぐしたときに抜け感が出るので存在感のある編みおろしが完成します。リボンを結べばファッションがシンプルなときや何か足りないなんてときにも一気にかわいらしくなれるので、ぜひ試してみて。

【シーン別】結婚式やイベントでも“リボン”は大活躍!

結婚式や体育祭などいつもとは違う特別な日にもおすすめのリボン。普段と同じアレンジでもリボンをつけるだけで一気にシーンに合うスタイルになるんです! 特別な日はリボンをプラスしてとびっきりかわいくなっちゃいましょう♪

結婚式

▼「ねじりハーフアップ」で簡単お呼ばれへア

【やり方】

  1. 髪全体を巻き、ワックスを髪に馴染ませる
  2. こめかみあたりから髪をとり、周りの毛と巻き込みながらねじり後ろで結ぶ
  3. 結び目にリボンを巻きつけ、蝶々結びすれば完成

簡単なのにしっかりお呼ばれヘアに仕上がるねじりハーフアップ。ショートからロングまでレングス問わずできるアレンジなのも◎。仕上げにトップの毛を引き出すとこなれ感もプラスされるのでぜひ試してみて。

▼「ギブソンタック」ですっきりまとめ髪

【やり方】

  1. リボンを通したゴムで髪の毛をひとつに結び、くるりんぱをする
  2. 毛束を3等分し、毛先をゴムで留める
  3. 毛先をくるりんぱのなかに上から入れ込み、毛先をピンで固定する
  4. リボンを結び、整えたら完成

髪の毛をすっきりまとめたい方はギブソンタックがおすすめ! 首やうなじを出すことで顔周りがすっきりするので小顔見せも叶います。

ライブ

▼「ツインお団子」なら1日中崩れる心配ナシ!

【やり方】

  1. 髪にワックスを馴染ませる
  2. 髪をざくざくと分け、三つ編みをする
  3. 三つ編みをくるっと丸めてお団子にしたらピンで固定する
  4. お団子の付け根にリボンを巻き、結べば完成

「ライブだから高い位置でセットできないけど、思いっきりかわいくなりたい!」「推しに気づいてもらいたい!」なんて方におすすめなツインお団子。「かわいい・崩れ知らず・周りに迷惑をかけない」の三拍子なのでライブにぴったりなアレンジなんです。遠くからみても存在感たっぷりなので推しに気づいてもらえるかも……⁉

▼「ツインテール編みおろし」でライブ中もかわいさをアピール

【やり方】

  1. 髪を真ん中で分け、リボンを通したゴムでふたつ結びする
  2. 髪を3等分にし、左右の毛束と一緒にリボンを持ち三つ編みをする
  3. 毛先をゴムで留め、ゴムを隠すようにリボンを巻きリボン結びすれば完成

ふたつ結びしたときにトップの毛を引き出せばトップに程よいボリュームが出て◎。もっとかわいくなりたい方はツインテールの結び目で髪の毛をリボン結びするのがおすすめです! 低めで結ぶことで周りの人にも迷惑かけないライブヘアなのでぜひ試してみて。

体育祭・運動会

▼レースアップスタイルでお嬢様風に

【やり方】

  1. うなじのから上の髪を少量残して髪をふたつに分けて耳の上で結ぶ
  2. (1)で残した髪を三つ編みしてふたつに分けて結んだ髪と一緒に結ぶ
  3. (2)で結んだみつあみに下から交差するようにリボンを通す
  4. (3)を繰り返して余ったリボンは(1)で結んだ毛束に巻きつける
  5. 大きめのリボンで結び目を隠して完成

後ろ姿がかわいくて人気のレースアップツインテールはお嬢様風を醸し出せるアレンジ。しっかりと固定できるので動き回る体育祭や運動会にもぴったりなんです。体育祭や運動会は後ろから見られることも多いのでぜひレースアップスタイルで注目を浴びてみて。

▼「ポニーテール」にリボンを巻いてふんわりかわいく

【やり方】

  1. ゴムにリボンを通す
  2. ワックスを髪に馴染ませ、好きな位置でポニーテールをする
  3. 毛先にリボンを前後交互に巻き、毛先で結べば完成

リボンを巻いた隙間から髪をほぐすとボリュームがでてとってもかわいくなるのでおすすめ! リボンを巻くときに崩れてしまう方は、毛先をゴムで留めておくとリボンを巻きやすくなるのでぜひ試してみて。

入学式・卒業式

▼リボンを巻いて女性らしさをゲット

【やり方】

  1. 耳のあたりから髪をとり、お団子をつくる
  2. リボンをカチューシャのようにつけ、結べば完成

入学式や卒業式で女性らしさや上品さを演出したい方におすすめのアレンジ。どのレングスの方でもできて、リボンを使っているのに甘くなり過ぎなくて◎。テク要らずでできるので不器用さんもできるはず!

▼紐をリボン結びすれば着物にも◎

【やり方】

  1. 髪全体を巻き、ワックスを馴染ませる
  2. こめかみあたりから髪をとり、ハーフアップにする
  3. トップの髪を引き出し、こなれ感をプラス
  4. 髪飾りにする紐をリボン結びにしてサイドにピンでつければ完成

紐を使えば着物との統一感も出るのでとってもおすすめ! いつもやっているハーフアップも紐をプラスするだけで一気に特別がアップします。ハーフアップに限らず、まとめ髪や編みおろしでも簡単にできるので、ぜひ参考にしてみて。

【おまけ】髪の毛だけでリボンにする方法もあります…!

「手元にヘアアクセサリーがない」「髪の毛だけでかわいくしたい!」なんて方もいるのでは? そんなときは髪の毛でリボンをつくってみてください。難しそうに見えて意外と簡単なので、不器用さんでもできるはず!

大きめリボンのやり方

【やり方】

  1. 耳上くらいまで髪をとり、毛先を下に向けて輪っかお団子をつくる
  2. お団子を2等分し、左右に分ける
  3. 輪っかをピンでそれぞれ固定し、輪っかを両端に少しずつ広げながら形を整える
  4. (1)で下に向けた毛先を下から上に向かって結び目の内側に入れ込む
  5. 入れ込んだ毛先をピンで固定すれば完成!

「リボンをつけると目立ちすぎてしまう……」「アクセサリーを使わずに特別なヘアに挑戦したい!」なんてときにぴったりな髪の毛だけでつくる大きめリボン。存在感たっぷりなのにやり過ぎ感がなく、とってもかわいいので特別な日は髪の毛でつくるリボンに挑戦してみて。

小さめリボンのやり方

【やり方】

  1. リボンをつくりたい部分をゴムで結ぶ
  2. 真ん中を残し、両サイドに細めの毛束をとる
  3. 真ん中の毛束を挟むように蝶々結びする
  4. 結び目をピンでしっかり固定すれば完成

手元にリボンなどヘアアクセサリーがないときは髪の毛で小さめリボンをつくるのも◎。意外と簡単にできるので不器用さんでも挑戦しやすいんです! 目立ちすぎず、さり気ないのがとってもかわいいのでぜひトライしてみて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW