HAIR

大人の魅力たっぷり【カーキグレージュ】で髪色を楽しんで!

2020/06/11

今回はブリーチなしでもキレイに染まる髪色「カーキグレージュ」の魅力をご紹介! 暗め・明るめ別の色見本のなかから、理想のカーキグレージュを探しみて♪ 気になる色落ちの過程や誰でも似合わせる方法、ブリーチなし・ありの印象の違いなど徹底レクチャー。ハイライトやグラデーション、インナーカラーの合わせ方も要チェック! また、セルフで染めたい人向けに市販オススメカラー剤も紹介するので気になる人は参考にしてみて♪

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

  1. カーキグレージュって、どんな髪色?
  2. 【ブリーチなしorあり】の違いとは
  3. 【明るめカラー】ならひと味違う、オシャレな髪色に
  4. 【暗めカラー】なら落ち着きがある、やさしい暗髪に
  5. 【ハイライト】は“筋の太さ&量”で印象CHANGE
  6. 【グラデーション・インナーカラー】は“位置&範囲”が決め手!
  7. 【セルフでカラーリング!】おすすめ市販カラー剤〈4選〉

カーキグレージュって、どんな髪色?

その名のとおり「グレージュ」に「カーキ」の色みをのせたカラー。カーキグレージュはグレーを多く入れて寒色系のカラーにしたり、ベージュを多く入れて暖色系のカラーにしたり、またカーキの濃さを変えたりすることで幅広い色みを楽しめる髪色なんです。

色落ちがキレイな理由は「緑が赤みをおさえる」から

@takuromatsu

@narisawa_taiki

@hideto_momota

染めてから時間がたつと気になりだす「赤み」は、反対色である「緑」を入れておさえることで柔らかい髪色になり上品な印象をつくれます。カーキは茶色っぽいスモーキーな緑なので肌なじみがよく、ナチュラルな赤み補正をしてくれます。

自分のパーソナルカラーを意識して、似合わせ!

カーキグレージュは暖色と寒色の中間色なのでイエベ・ブルべどちらにも合わせられるカラー。ですが、カーキはくすみ系のカラーなので選び方を間違えると肌が白い人ほど顔色が悪くみえてしまいがち……。そんなカーキグレージュの似合わせる方法はパーソナルカラーを意識すること! ポイントを紹介するので、ぜひ取り入れてみて。

イエベ春・・・明るめトーンのカーキをほんのりいれて
イエベ秋・・・どんなカーキでも相性◎。いれたい色をいれて
ブルべ夏・・・グレーをつよめにいれて寒色に寄せて
ブルべ冬・・・ダークなカーキでくっきりみせて

肌が明るい人は明るいカーキか、ほんのりとしたカーキを入れたグレージュにするのがオススメ。肌が白い人は寒色が似合うのでグレーを多めに入れたカーキグレージュに仕上げると肌なじみがよくなります。

【ブリーチなしorあり】の違いとは

カーキグレージュはブリーチなしとありでは透明感や色みのみえ方に差がでます。またブリーチをすることになると施術料が変わってくる美容室がほとんどなので、ブリーチが必要か美容室にいく前にここでチェックしておいて♪

ブリーチなしは「なめらかなブラウン」に

ブリーチなしだと濃く深いカーキに仕上がります。ツヤっぽいスモーキーなブラウンが落ち着きのあるオトナっぽい雰囲気を演出♪

ブリーチありは「カーキの色みを調整しやすく」なる

ブリーチをするとカーキや緑の色みを調整しやすくなります。ほんのりとカーキを感じるグレージュから、しっかりと緑みがみえるグレージュまで、みせたい色みの幅を広げられます♪

【明るめカラー】ならひと味違う、オシャレな髪色に

明るめのカーキグレージュは先にブリーチするのが定番ですが、美容師さんや使うカラー剤、髪質によってはブリーチなしでも染められる場合があるのでサロンにいったら染める前にいちど相談してみましょう。 ここではなりたい色みをチェックしておいて♪

深みのある色合いに

カーキが濃いと、柔らかさがありつつもクールなカラーに仕上がります。フワッとセットして少し甘さを足してみても◎。

クリーミーで透け感たっぷり

明るさがあがると透け感もUP。グレーをしっかり入れてほんのりとカーキをのせることで、色白さんにもあう透明感のある優しいグレージュに。

ゴールドっぽい光沢のカーキグレージュ

ベージュをしっかり入れると黄み強めのゴールドっぽいツヤカラーに。あたたかみのあるカーキグレージュで柔らかい髪を演出。

クリアなカーキできめて

緑みがしっかりみえるクリアなカーキグレージュ。ゆるく巻いて動きを出すと、透明感あるカラーをより軽やかにみせてエアリーなスタイリングが叶います。

くすみたっぷりの落ちつきカラー

赤みをしっかりおさえた、くすみたっぷりのカーキグレージュ。ダークシルバーっぽい絶妙な色みを楽しめます♪

【暗めカラー】なら落ち着きがある、やさしい暗髪に

暗めのカーキグレージュはブリーチなしでできるのがうれしいポイント! ここでは会社や学校でもOKであることが多い6~8トーンくらいの色や、落ち着きのある色をピックアップしたので参考にしてみて♪

空気感のあるグレージュ

暗いカーキグレージュは赤みをしっかりおさえた黒髪のような色に。暗髪でも軽やかにみせたい人にオススメ。

甘さを感じるカーキグレージュ

光に当たるとやわらかく透けるカーキグレージュ。ベージュをつよくいれると暖色寄りのカーキになるのであたたかみのある色になります。

ほんのりと色みを感じさせて

色みが濃いグレージュにはほんのり入れた優しいカーキが◎。暗髪ロングでも透明感が出て重たくみえないカラー。

マイルドなカーキグレージュに仕上げて

色白さんにも似合うまろやかな色みのカーキグレージュ。グレーを多めにいれて寒色に寄せるのが似合わせるポイント。

しっかりマットできれいが続く

マットとは緑のヘアカラーのこと。マットを最初にしっかり入れると、時間がたつにつれてどんどんキレイなカーキグレージュになっていきます。

濃い緑で派手めなカーキに

「グリーン系の派手髪に挑戦したかったけどなかなか勇気が出ない」という人でも、濃いめのカーキグレージュなら落ち着いた印象に仕上がるので試しやすい♪

【ハイライト】は“筋の太さ&量”で印象CHANGE

ここではカーキグレージュに合うハイライトをご紹介。ハイライトは筋の太さや量によって仕上がりの印象が変わるんです。ポイントをおさえて、なりたい雰囲気作りのヒントにしてみて♪

細い筋をたっぷり入れてナチュラルに

ナチュラルに仕上げたい人におすすめ。ベースの色とハイライトの色の「トーンの差」を少なめにするのも自然に馴染ませるポイント。

立体感をみせたいなら色んな太さの筋を入れて

派手な髪色にみせたい人にオススメ! 明るいカーキグレージュのベースにカーキホワイトの筋をたっぷり入れるとストレートでもボリューミーにみえます。毛が細い人やゴージャスにみせたい人に◎。

ハイライトの色をカーキグレージュにするのもあり

頭皮が弱いなどで全頭ブリーチするのが苦手な人は、明るいハイライトをまばらに散らすことで明るい髪色にみせるのがオススメ。ベースの色が暗いほど明るいハイライトが目立って奥行きがある髪色に仕上がります。

【グラデーション・インナーカラー】は“位置&範囲”が決め手!

グラデーションやインナーカラーを入れるときは色だけでなく「入れ始める位置・入れる範囲」も意識して。ポイントをチェックして参考にしてみて♪

グラデーションは「入れる高さ」によって印象が変わる

▼低めの位置にいれるとクッキリ目立たせられる

低い位置から入れると入れる範囲が狭くなるので毛先の色がクッキリ目立つ仕上がりに。毛先の色はベースの髪色とトーンに差があるほどツートーンっぽく仕上がります。

▼高めの位置から入れると抜け感を出せる

高めの位置から入れると濃淡のみえる範囲が広くなって抜け感が出ます。筋をいれながらグラデーションにして、より抜け感アップするのもあり!

インナーカラーは「入れる範囲」で印象が変わる

▼ワンポイントのグレーで透け感オン

カーキグレージュにグレーを一束いれたインナーカラー。ふとした瞬間にチラッとみえるくらいのさりげなさが自然で◎。

▼緑つよめのカーキは広めに入れて派手みせ

暗髪に映えるすこし派手めなカーキ。暗めカーキなら広く入れても落ち着いた印象をキープできます。

【セルフでカラーリング!】おすすめ市販カラー剤〈4選〉

「黒髪から染める場合」と「ブリーチやカラーですでに明るくなっている髪に染める場合」では選ぶカラー剤を変えるのがオススメ。今までセルフできれいに染まらなかったという人はぜひ参考にしてみて!

黒髪から染める場合

黒髪から染める場合「黒髪用」と表記のあるものを選ぶのがオススメ。緑っぽさや透明感をしっかり出したい場合は先にブリーチをしてから好きなカラーを入れましょう。

▼ブリーチなしで染められる!ナチュラルカラー

黒髪からワンカラーでカーキグレージュに染められるカラー剤。暗めで自然な仕上がりにしたい人にオススメ。

▼つよい色みのカラー剤なら暗めの髪からでもOK

暗い髪に使うと少し明るめでスモーキーなカーキグレージュに仕上がります。しっかり緑感をみせたいならいちどブリーチしてから使うのがオススメ♪ 

すでに明るい髪から染める場合

すでにカラーやブリーチで髪が明るい場合は、自分の髪色の状態をしっかり把握してからカラー剤を選びましょう。髪が明るいほどカラーの色みがハッキリみえやすくなります。

▼明るめに仕上げたいならコレ!

フレッシュライト(FRESHLIGHT)

ミルキーヘアカラー(ミントアッシュ)

明るいグレージュにほんのりカーキが入ってキレイな中間色に。ハイトーンでも上品に仕上がるカラー。

▼明るめだけどオトナっぽい仕上がりに

ビューティーラボ(BeautyLabo)

バニティーカラー(カーキグレージュ)

深みのあるカーキでオトナっぽいグレージュに仕上げるカラー剤。明るめで透け感ある髪色にしたい人にオススメ。

この記事で紹介された商品の一覧
全4商品
商品画像
ブランド名 リーゼ(Liese) ビューティーン(Beauteen) フレッシュライト(FRESHLIGHT) ビューティーラボ(BeautyLabo)
商品名 泡カラー(フォレストカーキ) メイクアップカラー(マットカーキ) ミルキーヘアカラー(ミントアッシュ) バニティーカラー(カーキグレージュ)
特徴 - - - -
最安値※表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって異なります。 - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 538 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 458 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 593 特定のストアに遷移します。 詳細を見る
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW