定番!【パーマの種類】を徹底解説

まずは、韓国発のタンバルモリに似合うパーマの種類をご紹介。王道の「Cカール」や「Sカール」から、最旬パーマまで徹底解説! 同じ長さ、シルエットでもパーマでグッと印象様変わりするんです。なりたい雰囲気に合うパーマを見つけて、タンバルモリを素敵にアップデートして

Cカール

「タンバルモリといえば」な元祖・タンバルモリスタイル。毛先を重めかつ均一に切り揃えて、くるっと内側にカールされたパーマ。「おかっぱ」をイメージした丸いフォルムが可愛らしいですよね。

Sカール

Cカールの次に定番となった「Sカール」は、日本でいう外ハネスタイルのこと。顎先のタンバルモリはもちろんですが、おすすめなのは肩につくくらいの「ミディアムタンバル」でのSカールがとってもキュートでおすすめ。外ハネなのにフェミニンもいけちゃう万能ヘアスタイルです!

ビルドパーマ

ゆるっと中間までをCカール、毛先をSカールにして美人度を底上げしてくれる「ビルドパーマ」。即韓国アイドルヘアになれちゃうとあって人気が広がっていますよ。

プリーツパーマ

顔まわりはCカール、毛先はSカールでハネさせた韓国でも最近トレンドの「プリーツパーマ」。顔まわりに動きをもたせるので小顔効果が抜群。

ムルギョルパーマ

ムルギョルとは日本語で「波」のこと。波打つふわふわウェーブパーマがオルチャンっぽさ満点のお洒落ヘア。タンバルモリのレングスでぜひやりたいおすすめパーマ!

【トレンド】2020年は“スリークパーマ”で原点回帰!

最近じわじわと韓国でトレンドになりつつあるのが「スリークパーマ」。はじめて耳にする人も多いですよね。「スリーク」とは“撫で付ける”という意味で、撫で付けるようなストンとしたナチュラルなカールが特徴。リラックスムード溢れるスタイルに。王道のCカールやムルギョルなどカールの強い髪型が流行した韓国では今、まさに原点回帰ともいえるナチュラルブームが起こっているんです……!

“シースルーバング”で愛されスリークヘアに

相性のいいシースルーバングで、ナチュラルな雰囲気をグッと底上げ。派手めなカラーでも少女のようなあどけなさを演出できるんです。

ぬけ感のある“ふわウブ”バングでニュアンス顔に

ふわっとウブな雰囲気の前髪に、大人なスリークパーマを合わせて絶妙なアンバランスさがお洒落。フェミニンもクールもきまるので着る服を選ばず、さまざまなスタイリングが楽しめますよ。

こなれスリークはクールな服装にもマッチ

ノームコアな雰囲気ただよう、飾らない印象のスリークパーマはシンプルなスタイリングとも相性抜群。「元から美人」をかなえる落ち着いたヘアスタイルは万人ウケ間違いなし。

【前髪ありorなし】で印象CHANGE

いつも悩むのは「前髪」ですよね。なりたい雰囲気や前髪の種類など考えなくていけない要素がたくさんあるのでいつも迷いがち。ここからはそんな前髪迷子さんに向けて、スタイリングをご紹介! 前髪ありなら前髪ありでフェミニンに、前髪なしでグッと美女感高めに。前髪を変えて、旬なグッドガールになりましょう♪

『前髪あり』でCUTEな印象に

▼黒髪でも垢ぬけるイルチャベン

シースルーバングをパツっと切り揃えた「イルチャベン」は、韓国ヘア初心者さんでもマネしやすい前髪。王道のCカールやSカールとの相性がばっちり。黒髪でも、重くならず田舎っぽくならない!

▼きちんとスタイルもきまるシンプルタンバル

短いレングスは幼く見えがちですが、タンバルモリは幼くみえすぎないところも魅力。ジャケットを羽織るシーンでもきちんと感をキープできるシンプルなタンバルモリなら、どこへいっても恥ずかしくない!スリークパーマなら飾らない印象を与えることができますよ。

『前髪なし』でCOOLにきめて

▼潔くおでこを出して色っぽいシルエット

本場韓国では前髪なしのスタイルが主流。潔くおでこを出して、風になびく前髪は目の下あたりで流せば女性らしさがグッと出て、美人度をあがるスタイル。横顔もとっても色っぽく決まる。

▼横顔美人になるにはエギョモリ必須!

顔まわりに愛嬌を感じる「エギョモリ」。エギョモリの“エギョ”とは「愛嬌」のこと。エギョモリを取り入れることは、韓国美女ヘアスタイルにおいてはマスト。明るいカラーでもグッとエレガントさが増すので、ぜひ取り入れて!

【カラー別】で今すぐマネしたくなるヘアカタログ

続いては、カラー別に最旬スタイルをご紹介。最近の韓国トレンドは明るめカラーがポイント。パーマの雰囲気や、普段のメイク・ファッションに合わせたカラーでトータルコーディネートしてチョアなオルチャン女子に変身しましょう!

黒髪

韓国でも黒髪の韓国美女は多いですよね。どんなパーマとも相性がいいのがこの黒髪。学生さんや仕事で髪を染めにくい人でも、黒髪でオルチャンっぽさを楽しめるんです。お手入れを欠かさず、黒髪ならではのツヤ髪を維持して。

アッシュベージュ

日本で人気のアッシュベージュですが、韓国でもじわじわと人気になりつつあるカラー。やわらかなガーリーなスタイルがお好きな方は「Cカール」とあわせるのがおすすめ。

カシス

トレンドのカシスカラーは韓国でも定番になりつつあるカラー。人気の韓国アイドルがカシスカラーにしていてマネする人が続出。お洒落なのに可愛らしい雰囲気も出て、カジュアルにもきまる万能カラー。スリークパーマのカジュアルな雰囲気にとってもよくマッチしますよ!

ネイビー

韓国美女がこぞってカラーチェンジしているのが「ネイビー」。黒より垢抜けて見えるのに、ブルーよりおしゃれ。そんなネイビーに今みんなが夢中。即大人顔になれる大注目のカラー。

【番外編】オーダーで失敗しない方法とは?

ここまでタンバルモリにあうパーマを解説してきました。しかし日本のボブとはっきりした違いがあるために、「オーダーがうまく伝えられなかった……」と悩む人もいるのではないでしょうか? そこで、ここでは番外編として上手にオルチャンな雰囲気を伝えられるオーダーのポイントをご紹介します!

大前提!正しく「タンバルモリ」にカットしてもらう

  • レイヤーは入れずに重ためカット
  • 毛先はパツっと均一にカット

日本で定番のボブとは、全体のシルエットがかなり異なるので、しっかり特徴をおさえたカットにしてもらう必要が。上のポイントをきちんと伝えて正しくカットしてもらいましょう!

一番ニュアンスが伝わるのは「韓国人」の写真!

日本でもボブの長さで可愛らしい有名人がたくさんいますが、タンバルモリにカットしてもらいたいときは、韓国のアイドルやモデルの画像を見せましょう。より確実に日本のボブとの違いや全体のニュアンスが伝わりますよ。

どうしても伝わらないときはオルチャンヘアが得意なサロンへ!

どうしてもうまく伝わらない……というときは、オルチャンヘアを専門にしている美容師さんのもとへ行くのもあり。インスタなどのSNSで「#タンバルモリ」などで検索してみて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW