HAIR

【マジェステの使い方】5秒でアレンジが見違える!お手本アレンジもお届け

2020/06/02

ヘアアレンジがマンネリ気味……。凝ったアレンジは苦手だけどお洒落に見せたい! そんなお悩みを解決してくれる「マジェステ」というヘアアクセサリーをご存じですか? シンプルなヘアレンジでもお洒落に簡単にキマると今大注目されているんです! 今回はそんなマジェステの使い方から最新ヘアアレンジまでたっぷりご紹介。しっかりCHECKしていつものヘアアレンジを格上げしましょう!

5秒でおしゃれなまとめ髪に⁉《マジェステ》ってなに?

【マジェステとは】

バレッタとかんざしが組み合わさったようなデザインで「かんざしのようにスティックを差し込んで留めるヘアアクセサリー」のこと。 

マジェステは、結び目やくるりんぱの隙間を隠したり、お団子ヘアのアクセントにできると今大注目のアイテムなんです。デザインも豊富で最近は100円ショップなどでもかわいいデザインがたくさんあるので、お洋服やシーンに合わてチョイスできるのも魅力。お洒落女子ならひとつは持っている「マジェステ」を今すぐGETしちゃいましょう♪

【基本の使い方】抜けにくくするコツもレクチャー

マジェステってかわいいけど抜け落ちてしまいそうで心配……。この使い方であってるのかな? なんてお悩みの方も多いはず。 ここではマジェステの使い方&抜けにくくするコツをご紹介します! 時間をかけずにお洒落になれちゃう便利なアイテムなので、正しい『使い方』をマスターしてヘアアレンジを存分に楽しんで。

「穴あり」タイプの場合

【基本の使い方】

  1. マジェステ本体をつけたい箇所に押し当てる
  2. モチーフの穴に地肌に沿うようにスティックを差し込む

マジェステの使い方はたったコレだけ! 最初は束ねた髪の結び目につけるのが1番簡単でおすすめです。慣れてきたらくるりんぱの隙間を埋めたり、お団子へアなどのアレンジの好きな位置につけてみましょう。 

「穴なし」タイプ

【基本の使い方】

  1. マジェステ本体をつけたい箇所に押し当てる
  2. モチーフの上にスティックをあてる
  3. 髪をすくってマジェステに引っかける

スティックを差し込む穴がないタイプはマジェステの上にスティックを引っかけ、髪をしっかりすくいます。針で布を刺してすくうような感覚をイメージしてみてください。そのまますくったスティックをマジェステに引っかけばしっかり固定されます。思っているより実際はとても簡単なので是非TRYしてみてくださいね。 

抜けにくくするためは?

【抜けにくくするコツ】

  • アレンジ前にワックスをもみ込む
  • 髪を事前に巻いておく
  • 留める位置にあった大きさの物を選ぶ
  • 地肌に沿うようにジグザグに差し込む

髪がサラサラしている状態だとマジェステは留まりにくく、抜けやすい原因になってしまうので事前の準備が大切。ワックスをもみ込んだり、髪を巻いたりしてスティックがひっかかりやすいベースを作りましょう。また、差し込み方が甘いと抜けやすくしてしまうので、地肌に沿うようにしっかり差し込むように心がけて使ってみてくださいね! 

【レングス別アレンジ】マジェステを使えばいつものアレンジが見違える!

ベースのヘアアレンジによってマジェステの魅せ方は様々。ここではレングス別にマジェステを使ったアレンジをご紹介します! マジェステを使った自分好みのヘアアレンジを見つけて、いつものアレンジを格上げしましょう!

「ボブ・ミディアム」編

▼「ハーフアップ」でガーリーな印象に

女性らしさたっぷりの三つ編みハーフアップなら大事なデートのアレンジにピッタリ。ハートのマジェステでアクセントをプラスしたらより甘くガーリーな雰囲気に仕上がります。髪が短くてなかなか女の子らしいアレンジができない……。なんて方は是非試してみて! いつもと違う自分に出会えちゃうかも。

【やり方】

  1. 左右のこめかみ辺りの毛束を少しとり三つ編みをつくる
  2. 左右のこめかみ辺りの毛束を少しとり三つ編みをつくる
  3. ゴムを隠すようにマジェステを当て、スティックを差し込む
  4. コテで毛先に動きをつけたら完成

▼「ロープ編み×フィッシュボーン」で垢ぬけアレンジ

トレンドの波ウェーブに、ロープ編みとフィッシュボーンを組み合わせたアイデアアレンジなら、周りと差のつく格上スタイルに。エフォートレスな雰囲気がセンスのよさを光らせます。アクセントに上品なマジェステを添えて素敵な1日を楽しみましょう。

【やり方】

  1. 全体を26mmのコテでしっかり巻く
  2. こめかみ辺りの両サイドの髪をとり、それぞれロープ編みにする
  3. 後ろ中心まで編んだらゴムで結んでおく
  4. おろしてある毛束でフィッシュボーンを作る
  5. ロープ編みを終えた辺りにマジェステをつける
  6. 全体をほぐしてニュアンスをつけたら完成

▼ロープ編みがよく分からない!!

▼「編み込みアレンジ」なら華やかさUP!

キュートで華やかな魅力溢れる編み下ろし。髪を大胆にほぐし、後れ毛をたっぷり残すことで気取らない大人の魅力が溢れます。ハンドメイドのゴールドのマジェステを纏えば華やかさが一層引きたち、目を引くワンランク上のアレンジに。

【やり方】

  1. 髪全体をコテで巻き波ウェーブにする
  2. 中心まで編んだら結び、くるりんぱをする
  3. 中心の毛束を編み下ろす
  4. 全体をぼぐして雰囲気を整えたら完成

「セミロング・ロング」編

▼「玉ねぎヘア」も最旬スタイルで大人っぽく!

あえてベースを巻かず仕上げたリラクシーな大人のスタイル。ローポニーを基本に「巻く・結ぶ・ほぐす」だけでできちゃう見た目より簡単なアレンジでなんです。べっ甲柄のマジェステをプラスして大人の魅力を高めて。

【やり方】

  1. 低めの位置でポニーテールをつくる
  2. くるりんぱをしてほぐす
  3. 毛束の端を少し取り、残りの毛束に巻きつけ細いゴムで結ぶ
  4. さらに5cm下で一度結ぶ
  5. 3を繰り返す
  6. 髪を巻きつけていない箇所を大胆にほぐす
  7. ゴムを隠すようにマジェステやバレッタをつけて完成

▼「三つ編みポニーテール」ならかわいさたっぷり

女の子をとことん楽しめる「三つ編み×ポニーテール」ならガーリーでアクティブな印象に。たっぷりほぐして空気感を纏った三つ編みが媚びないかわいさを演出します。目に留まりやすい位置にハートのマジェステをプラスして甘さを最大限に引き出して!

【やり方】

  1. 高めの位置でポニーテールにする
  2. ふたつに分けてそれぞれ三つ編みにする
  3. 2本の三つ編みをねじり合わせて結ぶ
  4. 2本の三つ編みをねじり合わせて結ぶ毛先にバレッタ、ポニーテールの結び目にマジェステをつけたら完成

▼「ゆるお団子」で落ち着いた雰囲気に

品が良く落ち着いた印象をきちんと纏えるゆるふわお団子ヘアなら、どんなシーンでも好感度抜群! 首元をしっかり出し、清潔感を保てる上品なスタイルなのでお洒落のできないオフィスシーンにもおすすめ! マジェステでアクセントをプラスして、さりげなく自分の個性を光らせて。

【やり方】

  1. 全体をコテやアイロンで波ウェーブにする
  2. ハーフアップにしてトップをほぐす
  3. おろしてある両サイドの毛を少しとりロープ編みにする
  4. ハーフアップのゴムが隠れる位置で結びくるりんぱをする
  5. おろしてある毛束を左右に分け三つ編みにする
  6. それぞれの三つ編みを巻きつけてピンで留めお団子にする
  7. 三つ編みお団子をほぐし、その上にマジェステをつけたら完成

試すならここから♪人気のデザイン〈4選〉

豊富なデザインが魅力のマジェステ。形や素材も様々でかわいいデザインがたくさんあるのでどれにしようか迷ってしまいますよね。ここではデザイン別に旬のヘアレンジとともに人気のマジェステをご紹介します。お気に入りのマジェステに出会えたらきっとアレンジの幅が広がりますよ!

「三角」でスタイリッシュにまとめて

シャープなデザインが特徴の三角形のマジェステは、お洒落に敏感な大人の女性にも大人気のデザイン。こちらは3連タイプのデザインですが、スティックを差し込む箇所によって表情を気軽に変えられるのが魅力。たっぷりほぐしたお団子ヘアにトレンドの三角マジェステがアクセントに。

「丸形」なら女性らしい柔らかい雰囲気に

優しく朗らかな印象を保てる丸い形のマジェステは年齢を問わず人気のデザインですが、穴なしタイプが多いのが特徴。ゴム隠しに使うよりはお団子ヘアやまとめ髪におすすめのデザインです。ゆるふわのニュアンスお団子に和柄モチーフを添えてレトロにまとめるのも素敵♪

「ハート型」でかわいらしく

スティックが矢のモチーフになっているデザインが女心をくすぐる大振りのハートのマジェステ。アンティークゴールドの華奢なハートモチーフだから甘くなり過ぎず、大人の女性にも使いやすいアイテムです。ハートを射貫くマジェステにパワーをもらったら素敵な恋に巡り合えるかも。

「金属」マジェステなら上品パーティスタイルに

シックで上品な印象が纏える金属のマジェステは、結婚式などのパーティースタイルにおすすめのデザイン。悪目立ちすることなく、そっと華やかさをプラスしてくれます。ドレスのデザインやカラーを選ばず、季節感も感じさせないデザインなのでひとつ持っておくと重宝しますよ♪

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW