HAIR

2020年は《デザインカラー》で旬顔に!長さや種類別にオススメの入れ方をお届け

2020/04/09

デザインカラーとは、単色ではなく複数の色を組み合わせてつくるヘアカラーのこと。お気に入りの髪色、理想の髪色にしたいなら断然デザインカラ―がおすすめ! カラフルなカラーを入れられるインナーカラーや透明感のある髪色をつくるダブルカラーなど種類別のデザインカラーと長さ別、カラー別のデザインカラーをお届けします♪

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

  1. デザインカラーの魅力って?
  2. オススメの入れ方は5種類
  3. 【長さ別】おすすめデザインカラ―をチェック
  4. 【人気カラーは?】お気に入りの色でイメチェン!
  5. 【黒髪】さんもおしゃれにイメチェン
  6. 【ヘアアレンジ】でおしゃれにアップデート
  7. 【セルフカラー】でもチャレンジできる!

デザインカラーの魅力って?

デザインカラーとは、1色だけでなく複数の色を使ってヘアデザインするヘアカラーのこと。1色だけではなくさまざまな色を組み合わせるので、人と被らないヘアカラーを楽しめるのが特徴です。ヘアカラーでおしゃれを楽しみたいときはデザインカラで髪を彩りましょう♪

髪のアクセサリーのようにデザインを楽しめる

アクセサリーカラーなんて言葉があるように、ポイントでいれるカラーは髪のアクセサリーのように輝く。さりげなく見えるポイントカラーがとても可愛いんです♪

オフィスでもこっそり楽しめる

落ち着いた色を組み合わせれば、オフィスでもオシャレを楽しめる! ダブルカラーで透明感のある暗髪にしたり、インナーカラーで内側に色を忍ばせればプライベートでも仕事でもオシャレな髪色を楽しめます。

ブリーチなしでもおしゃれにアップデート

デザインカラの多くはブリーチが必要です。しかし部分的に細かいハイライトを入れれば最小限のブリーチで髪へのダメージも抑えられます。単色に飽きたときはハイライトを重ねて立体感を生み出しましょう。

個性を出せてマンネリ知らず

お気に入りの色でつくる自分だけの髪色は「個性」が魅力。組み合わせ次第で楽しみ方は無限大。世界にひとつのヘアカラーで個性を発揮して。

部分的なブリーチなので髪へのダメージが少ない

ヘアカラーをしたいけど髪が傷むから……という理由でカラーをあきらめた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか? しかし! インナーカラーや毛先カラーなど部分的なカラーリングならダメージを最小限に抑えてのヘアカラーが可能です。憧れのヘアカラーにトライしてみて♪

オススメの入れ方は5種類

デザインカラーとひと言でいっても種類はさまざま。とくにおすすめの人気デザインカラー5選をピックアップしました。素敵な魅力と一緒にどのようなデザインカラーがあるのかご紹介していきます!

ダブルカラーで理想のお色味

ダブルカラーとは2回カラーをすること。ブリーチ+カラーの組み合わせで行われることが多いのが特徴です。1回目にブリーチやライトナーで髪を明るくして、2回目で色味を入れていくというカラーリング方法です。1回のカラーでは出せない色味を出すことができ、髪の色は暗めから明るめまで透明感のある理想のヘアカラーができるので、とても人気のあるヘアカラー方法です!

ハイライトカラーで立体感をプラス

ハイライトカラーとは髪全体ではなく、ポイントで毛束に明るいカラーを入れることで立体感を出すスタイルのこと。ブリーチ必須ですが、ポイントで少量のブリーチとなるので髪へのダメージも気になりません。ヘアスタイルに軽やかな毛動きをつけたい時や立体感、透明感を出したいときにおすすめのカラーリング方法です。

ローライトカラーで奥ゆきを深めて

ローライトカラーとは、部分的に暗い色を入れるカラーのこと。ハイライトとローライトを一緒に入れることで奥行きがぐんと高まって、より動きのあるスタイリングに変化します。ハイライトとローライトを組み合わせるヘアスタイルは3Dカラーと呼ばれることもあります。さらにメリハリをつけたヘアスタイルに挑戦したい方におすすめ。

インナーカラーでさりげないかわいさ

インナーカラーとは、髪の内側を染めるカラーのこと。耳にかけたときや髪を結んだとき、風に吹かれたときにさりげなくチラ見えする可愛さが魅力的。 好きな色を髪の内側に忍ばせて気分も上がりそう♪

グラデーションカラーは色落ちもキレイ

グラデーションカラーとは毛先にいくにつれて色が濃くなったり、色が変化していくカラースタイルのこと。ワンカラーとは違ったあか抜け感やおしゃれさが出るのが特徴。ヘアアレンジをするとかわいさが倍増します♪

【長さ別】おすすめデザインカラ―をチェック

ショートヘアからロングヘアまでどんな髪の長さで取り入れてもかわいいデザインカラー。年代も問わず、誰でも自由に気軽にヘアカラーを楽しめるのがいいところ! 長さ別で、より魅力を引きだすデザインカラ―をお届けしていきます。

ショート×重ねハイライト

ショートヘアさんにおすすめのデザインカラ―は「ハイライト」。このように大胆にハイライトカラーを重ねるのもよし。細かく繊細なハイライトを散りばめるのもよし。ハイライトをプラスすることで立体感がでてとても可愛いんです♪

ボブ×インナーカラー

ボブヘアさんはインナーカラーでさりげなく色をプラスしてみて。耳にかけたときにさりげなく見えるデザインカラーに目を奪われそう。「大人だしカラフルなカラーをするのは勇気がいる……。」と思っていた方もインナーカラーなら挑戦しやすい!

ミディアム×ダブルカラー

ダブルカラーで仕上げた、透明感たっぷりのクリアベージュ。たっぷり空気を含んだリラクシーな大人の女性の余裕が感じられます。とくに人気なのがミルクティー系やアッシュ系カラー。ダブルカラーであなたの理想の髪色を叶えて♪

ロング×グラデーションカラー

グラデーションカラーをたっぷり楽しめるのはロングヘアさんの特権! グレーのハイライトと毛先になるにつれて明るくなるグラデーションが素敵です。ベースの色と違う色でグラデーションをつくることで奥行きがでて立体感が生み出されます。

【人気カラーは?】お気に入りの色でイメチェン!

デザインカラーは色を組み合わせてつくるカラー。トレンドのカラーや季節によって人気のカラーもあります。そこで、季節問わず人気のある「人気のヘアカラー」をピックアップ! お気に入りの色がみつかるかも?

「ピンク」は人気No1の派手カラー

定番の人気カラー「ピンク」。女性なら一度は憧れたことがあるのではないでしょうか? こちらは2回ブリーチをした髪に重ねたピンクミルクティーカラー。女性らしくやわらかさ抜群のカラーです。ブリーチを重ねた髪にカラーをいれるとここまでキレイに発色されます

くすんだ「アッシュ」ならシーンを選ばない

アッシュとは英語で「灰、灰殻、燃え殻」を意味します。このイメージからヘアカラーでいう「アッシュ」はくすんだ灰色のこと。落ち着いたグレーアッシュカラーなら年代問わず取り入れやすい。角度や光の加減によって色味も変わります◎。

エフォートレスな「ベージュ」グラデーション

いつでも人気のカラー「ベージュ」。ダークトーンのベージュから毛先になるにつれて明るいベージュカラーに。女性らしいナチュラルなグラデーションカラーの完成です♪

毛先にフレッシュな「オレンジ」カラーを

はっきり発色したオレンジは明るく活発なイメージ。コントラストがあってファッションとの相性もいい◎。大人っぽさが欲しい方はインナーカラーでさりげなくくすんだオレンジをいれてみて。

パールをまとったような「ラベンダー」

光が当たるとよりつやめくラベンダーカラー。こちらはピンクの色味がプラスされたラベンダーカラー。寒色が好きな方はグレーやブルーの色とラベンダーを混ぜてみて。ミステリアスで儚げなラベンダーカラーも定番人気カラーです。

周りと差をつけるトレンド「ブルー」

じわじわと人気がでているブルーカラー。特にポイントで入れるのがかわいい♪ ブルーのグラデーションがとてもきれいです。色落ちも楽しめるのがブルーカラーの魅力!

スモーキーな味わい「グリーン」

人気の定番ヘアカラーを一通り試した人は、グリーンカラーにトライしてみては? 木や森などの自然の色でもあるので気持ちを穏やかにし心をリラックスさせてくれます。ブルーと混ざった明るいグリーンやスモーキーで味わいの感じられるグリーンもおすすめです。

【黒髪】さんもおしゃれにイメチェン

黒髪は清涼感があり、上品な人気の髪色です。地毛が黒髪の人もいれば、カラーリングでおしゃれな黒髪にする人、就活や仕事で黒髪にする人などさまざまな理由があるはず。そこで、少し髪色に飽きを感じてしまったときにおすすめのポイントカラーをご紹介します!

ハイライトで動きをつける

黒髪のまま、地毛のまま、印象を変えたいならハイライトがおすすめ! 全体カラーではないので挑戦しやすく、髪も傷みにくい。実はハイライトが一番映えるのは黒髪なんです。なぜならコントラストがあるから。地毛を残したまま重ねられるハイライトにトライしてみては?

インナーカラーを忍ばせる

「仕事や就活で髪色に規制がある……。」という方におすすめなのが、インナーカラー。髪の内側にカラーを忍ばせられるので、自分だけのおしゃれが楽しめる! 髪を結んだときに見える可能性があるので、ヘアスタイルはボブヘアがおすすめ。

グラデーションカラーで変化をつける

初めてのヘアカラーには、グラデーションカラーもおすすめです。こちらはチェリーレッドですが暗めのカラーだとここまでなじみます。赤やピンク、青などのカラーに挑戦してみたい方は暗めのグラデーションから入れてみるのもいいかも。色落ちは明るくなっていくので長くヘアカラーを楽しめますよ♪

【ヘアアレンジ】でおしゃれにアップデート

ポイントカラーの魅力を知ったなら、ヘアアレンジでもっとかわいく進化させて。簡単にアレンジするだけで表情がうまれるので難しい技は必要なし◎。

ハーフアップでしっかり見せる 

インナーカラー自体がアクセントになるので、ゆるっとハーフアップにするだけでこなれ感が手に入る。お団子にしてまとまれば、インナーカラーが隠れずはっきり見えて存在感アップ。

三つ編みでグラデーションが映える

グラデーションカラーにおすすめのヘアアレンジはゆるい三つ編み。グラデーションの色が見えやすい。さらに光に当たると毛先になるにつれて色が明るくなり透け感も増すのがとても可愛い♪

ねじり巻きでインナーカラーをチラ見せ

ポイントカラーには編み込みやねじり巻きアレンジもおすすめ。途中でチラ見えするポイントカラーが魅力的。ポニーテールをしたときに結び目をインナーカラー部分で巻くのもとってもオシャレですよ◎。

【セルフカラー】でもチャレンジできる!

気軽にカラーを楽しめるのが魅力のポイントカラー。手軽にトライするならセルフカラーもいいかもしれません。 理想の色味をだしたりダメージを抑えたい方、ムラなく染めたい方には美容院でカラーリングすることをおすすめします。 憧れのカラーをセルフでもキレイに仕上げるコツを伝授します!

  • 髪が均一に乾いている状態で塗る
  • 室温は20~30度に温めておく
  • ミディアム~ロングヘアの人は薬剤を2箱用意しておく
  • ムラなく染めるためにブロッキングする(髪を分けて染める)
  • 染まりにくい部分から順番に染める
  • お湯の温度は38度前後のぬるま湯で流す
  • 乳化する(少しお湯で頭を濡らして3分ほど手袋をつけた手で優しくもみこむ)

▼好きなトコだけ好きに染める!

ホーユー(hoyu)

ビューティーン ポイントカラークリーム(ファイアレッド)

部分的に色を入れたいときにおすすめ。カラーバリエーションは5色展開されています。トリートメントタイプだから髪をいたわりながら染めれるのが一番の魅力ポイント!

▼1日だけ、イメチェン!

エマジニー(EMAJINY)

ヘアカラーワックス (ミステリアス・ブルー)

シャンプーでさっと洗い流せるカラーワックス。気分やイベントなどで1日だけ派手髪にしたいときに活躍します。染める成分は化粧品に使用される顔料がベースとなっているので、髪を染めるよりダメージが少なく頭皮と髪にやさしい使用感です。

▼お家でブリーチ

フレッシュライト(FRESHLIGHT)

メガメガブリーチ

ポイントカラーを入れるときに発色をよくしたい方は、ブリーチをしてからダブルカラーで色を入れるのをおすすめします。サンフラワーオイルといううるおい成分が配合されているのでつやつやでやわらかい質感を保ちながらブリーチができる髪にやさしい製品です。 

この記事で紹介された商品の一覧
全3商品
商品画像
ブランド名 ホーユー(hoyu) エマジニー(EMAJINY) フレッシュライト(FRESHLIGHT)
商品名 ビューティーン ポイントカラークリーム(ファイアレッド) ヘアカラーワックス (ミステリアス・ブルー) メガメガブリーチ
特徴 - - -
最安値※表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって異なります。 861 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 2,722 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 438 特定のストアに遷移します。 詳細を見る
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW