MAKEUP/COSMETICS

マスクでメイクが【落ちる・崩れる】を解決!3つのポイントで快適に

2020/05/11

【マスクでメイクが崩れる原因・解決法】メイクをしている状態でマスクをつけると、「メイク崩れ」や「肌への負担」が気になりますよね。また、「どこまでメイクしたらいいんだろう」なんてお悩みも。今回はそんなお悩みを解決するため、アンケート結果やメイク方法をご紹介。メイクが崩れる原因やマスクメイクのポイントを覚えて明日から“マスク美人”になりましょう!

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

  1. マスクをつけるとき、メイクをする人が多数
  2. マスクをつけているときにメイクが崩れる原因は?
  3. 《マスクメイクのポイント3つ》をおさえて、崩れ知らず!
  4. 【ベースメイク】はファンデーション要らず
  5. 【アイメイク】は“明るさ”と“清潔感”がカギ
  6. 【アイブロウ】はふんわり明るめカラーで垢ぬけ眉に
  7. 【チーク】は固めのクリームチークでマスクへの色移りを防ぐ
  8. 【リップ】はティントタイプやマットタイプを
  9. 【ハイライト&シェーディング】でマスク小顔をゲット
  10. 【スプレー/ミスト】を仕上げにシュッとかけてメイクキープ

マスクをつけるとき、メイクをする人が多数

約300人に「マスクをつけているとき、どこまでメイクする?」という質問を仕事とお休みのシーンに分けて調査したところ、フルメイクやアイメイクだけする人が多いことが発覚しました! そんなメイクをしてからマスクをする派に聞いた、絶対に崩れないメイク方法をご紹介していきます。

マスクをつけているときにメイクが崩れる原因は?

マスクをつけているときのメイクが崩れる原因はこの3つ! 原因を知ると対策が立てやすくなるので見逃さないで!

肌とマスクの摩擦

肌とマスクが触れ合って摩擦でメイクが崩れてしまうのが一つ目の原因。マスクをしているとマスクにファンデーションがついてしまい、そこだけファンデーションが取れてしまうなんて経験ありますよね。

ムレや湿気

マスクをしているとき、マスクの中は呼吸をしたときの蒸気で湿ってしまいます。二つ目の原因はそんなマスクの中のムレや湿気です。ファンデーションがヨレてしまったり皮脂でテカってしまったり、ムレや湿気はマスク美人の大敵!

マスクを外したときの乾燥

三つ目は、蒸れたマスクの中を乾かそうとマスクを外したときに発生するお肌の乾燥です。乾燥するとかゆくなってしまったり、赤くなってしまったりすることも。乾燥は肌荒れにもつながるので対処は必須ですね。

《マスクメイクのポイント3つ》をおさえて、崩れ知らず!

原因を知ったら、次は対策です。マスクメイクを崩さないポイントと、血色が良く見えて健康的な印象をゲットできるポイントをご提案。ぜひ参考にしてみて。

【1】乾燥や湿気でも崩れにくい肌・ベース作り

ベースメイクは下地やコントロールカラーでカバーし、なるべく薄付きに仕上げるのが崩れを防ぐコツ! 日中乾燥が気になる人はメイクの上からミストなどでしっかり保湿してあげるのが◎。また、水蒸気が発生しにくい綿やガーゼ素材のマスクをチョイスしてみるのもおすすめです。

【2】摩擦などによる肌の負担を軽くするコスメ・マスク選び

肌の負担を和らげるにはオーガニックコスメや肌に優しいコスメをセレクトしてみて。また、ピッタリサイズのマスクやマスクのメーカーによって摩擦を防ぐことができます。マスクの肌に触れる部分にベビーパウダーをまぶしておくのも、すぐにできる摩擦対策です

【3】マスク姿でも疲れて見えない健康的な血色メイク

マスクをしていると血色が悪く疲れて見えたり、不健康そうに見えたりすることがあります。そんなときは目元に華やかなピンクやオレンジを使ったり、マスクから見える位置にチークを入れたりすると顔色がぐっと明るくなり健康的な印象に。

【ベースメイク】はファンデーション要らず

崩れを防ぐならベースメイクが肝心。摩擦や湿気でもよれないように薄く仕上げることを意識しましょう。

<下地>で肌悩みをカバーして

【混合肌】…皮脂崩れ防止タイプ(Tゾーン)保湿タイプ(全体) 
【脂性肌】…皮脂崩れ防止タイプ 
【乾燥・敏感肌】…薬用タイプや保湿タイプ 
【普通肌】…トーンアップタイプ 

下地はファンデーションよりも密着度が高くマスクメイク向き。肌質に合わせて下地を使い分けると、さらに崩れにくさがアップしますよ。

<コントロールカラー>で色ムラをフラットに

コントロールカラーは、くすみや赤みをフラットにしてくれるお助けアイテム。人によってお悩みは違うので下の表を参考に取り入れてみて。今回はTゾーンとあごにハイライト効果があるパープル、顔の内側にトーンアップして立体感をだしてくれるブルー、ほほの真ん中に赤みを打ち消すグリーンを使用しました!

▼コントロールカラーの色別効果

コントロールカラーは何種類もカラー展開があり、色によって効果が違います。自分の肌悩みに合わせて部分使いしたり、全体に塗ったりして組み合わせていくのがおすすめです

<コンシーラー>でとくに気になる点をカバー

コンシーラーはニキビ跡やシミを隠す以外にもクマを薄くしたり、小鼻に赤みを抑える役割もしてくれます。口角にのせると唇の端の色素をぼかしてくれてキュッと上がったような印象になり、マスクを取ったときに疲れて見えないので試してみて。

<ファンデーション>をつけるなら密着するリキッドを薄付け

基本のマスクメイクは、ファンデーションの工程を飛ばして「下地+パウダー」だけでOK!

もっとカバー力が欲しい人はファンデをのせても大丈夫。しかし、厚塗りするとヨレてしまう可能性が高いので、リキッドファンデーションを薄くベールをまとうくらいにつけるのがポイント。

<パウダー>をのせてマスク摩擦を防ぐ

ペタペタするのが気になる人はパウダーを薄く全体にのせてみて。乾燥しやすい人はTゾーンとマスクが顔に当たる面だけパウダーをまぶしましょう。このときにマスクの肌に当たる部分にもパウダーをはたくとマスクにファンデがつきにくくなるんだとか。

▼《ファンデをしたい人》は、この方法を試してみて!

【アイメイク】は“明るさ”と“清潔感”がカギ

アイメイクはマスクしていても見えるのでしっかり仕上げたいところ。マスカラベースやアイシャドウベースで「いつものメイク+崩れ対策」を心がけてみて。

<アイシャドウベース>で崩れ防止

パウダータイプのシャドウを塗るときはアイシャドウベースを仕込むとヨレにくく発色がクリアになります。いつもより目元の印象を引き立てたい、長時間崩したくないというときに取り入れてみて。クリーム、リキッドタイプのシャドウはベースなしでもOK。

<アイシャドウ>はツヤのある明るめカラーを

アイシャドウはピンクやオレンジなど暖色系のカラーで血色良く見せて。またラメやツヤのあるシャドウを選ぶと目元がぐっと華やかになるので部分的に取り入れるのもおすすめ。下まぶたにラメをいれると瞳がきらっと輝いて見えるとか。

<アイライナー>はウォータープルーフ

アイライナーは湿気に強いウォータープルーフタイプをチョイス。目尻にさらっと引くだけで目力アップが期待できそう! シャドウが華やかなのでアイラインなしでもキマります。書くか書かないかは好みに合わせて。

<マスカラ>はカールキープ力が命

マスカラをキープするにはマスカラ下地が必須! 湿気に負けないくるんと上がったまつ毛は、下地+ウォータープルーフマスカラの組み合わせがおすすめです。根本からしっかりまつ毛をあげて、マスクしていてもパチッとした目元を作りあげて。

\湿気に強い!おすすめのマスカラ下地はコレ!/

ケイト(KATE)

ラッシュマキシマイザーN(EX-1)

今回の撮影でも実際に使用したケイトのマスカラ下地。まつ毛をしっかり上げてくれるだけではなく、繊維入りでまつ毛を自然と伸ばしてくれるという優れもの。くるっと上がったまつ毛が印象的な目元に仕上げたら、マスクしていても可愛いと言われちゃうかも。

【アイブロウ】はふんわり明るめカラーで垢ぬけ眉に

アイメイクと同じく眉毛は顔の印象に関わってくる重要なポイント。眉毛をしっかり描かないでマスクをするとヤンキー感が出るのでしっかりめに書いてあげて。

<アイブロウパウダー>で大まかな形を決める

まずはパウダーで自眉毛の隙間を埋めるように補う。ある程度隙間が埋まったら、なりたい眉毛の形を思い浮かべながら大まかに形を決めていって。パウダーはいつもより少しだけトーンの明るいカラーをチョイスして顔色を明るく見せるのがおすすめ。

<アイブロウペンシル>で自然な毛流れを作る

細かい眉尻や眉頭を毛流れを意識しながら足していく。このとき、輪郭を囲むようにして書いてしまうと、眉毛だけ浮いたような仕上がりになってしまうので毛流れの自然さを忘れないで書いてみましょう。

<眉マスカラ>で明るさを調節

ふんわり眉になる眉マスカラは垢ぬけアイブロウメイクの必需品です。パウダーやペンシルで暗めのカラーしかない場合でも、眉マスカラが少し明るいと一気に眉毛全体がトーンアップします。地肌につかないように気を付けて!

【チーク】は固めのクリームチークでマスクへの色移りを防ぐ

マスクするときはチークをしないという人も多いですが、顔色が明るくなるのでチークはぜひ取り入れてほしい工程です。

<クリームチーク>をポンポンのせ♪

チークはマスクしていても見えるCラインに入れると健康的なメイクになります。パウダーチークだとマスクとこすれて取れてしまうので、クリームチークでトライ。チークをした後にパウダーをつけるとさらにマスクにつきにくくなりますよ。

\マスク摩擦でも落ちないクリームチークをCHECK/

オンリーミネラル(ONLY MINERALS)

N by ONLY MINERALS ミネラルソリッドチーク コンプリート(01 YES!)

ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんがディレクターを務めるクリームチークは肌に優しく潤いを与える質感と柔らかな色合いが魅力的。クリームチークはつけすぎてしまう失敗が多いなか、このチークは柔らかい色合いだから少しづつ調整できるうれしいアイテム。

【リップ】はティントタイプやマットタイプを

マスクに色移りしてしまうため、つけるのを避けがちなリップ。色が移りにくいティントタイプやマットタイプで賢く解決してみては? ティッシュオフするとさらにつきにくくなりますよ。

<ティントリップ>は内側からピュアな色付きに

内側からにじむような血色感がお好みの人にはティントリップ。唇の内側にのせて外に向かってとんとんと広げると、グラデーションのようなかわいい発色が手に入ります。乾燥が気になるときはその上から無色のリップクリームをつけてケアして。

\じんわり色付くティントリップはこれ!/

アピュー(A’pieu)

ウォーターライトティント(#RD07 赤い頬のイチゴ)

ティントリップはやっぱり韓国コスメが見逃せない! オピュのティントリップはうるつやテクスチャーがポイント。軽いつけ心地なのに密着度が高いのでマスクの下でも違和感無く使うことができます。

<マットリップ>で大人っぽくハイセンスなメイクに

可愛いメイクより大人っぽいメイクが好き! という人はマットリップを取り入れて。マットリップは乾燥しやすいイメージがありますが、選ぶアイテム次第かも。モードに仕上げたいならリップラインをしっかりめに、ナチュラルに仕上げたいなら指でポンポン塗りがコツ。

\乾燥しにくいマットリップはこれ!/

シャネル(CHANEL)

ルージュ アリュール インク(168 セレニティ)

上品なカラーと乾燥しにくいテクスチャーが人気のシャネルのマットリップ。コロンとしたかわいいフォルムと高級感溢れるデザインが女性の心をくすぐります。マットリップでは珍しいメタリックカラーもあるので自分好みのカラーを見つけて。

【ハイライト&シェーディング】でマスク小顔をゲット

マスクをしていることで小顔効果が期待できそうですが、もっと小顔を目指すならハイライトとシェーディングが必須! 顔ののっぺり感もカバーできるのでメリハリのついた小顔になれちゃうかも。

<シェーディング>はノーズシャドウがマスト

メリハリ小顔を目指すならノーズシャドウが決め手。眉頭から鼻筋のラインと鼻頭の鼻筋にいれるとツンととがったような鼻に見えます。濃すぎると不自然なのでしっかりぼかしてあげましょう。

<ハイライト>で顔色をパッ明るく

ハイライトは「Cゾーン、鼻筋、あご」がマストで入れてほしいポイント。もっとうるつやに仕上げたいときは、目頭のくぼみと上唇のキューピッドラインに入れてみて。細部までつやっとしたみずみずしい肌に。

【スプレー/ミスト】を仕上げにシュッとかけてメイクキープ

最後にメイクキープ用のスプレーやミストを吹きかけるのが大切。少しでもメイク崩れを防ぐため、このひと手間は欠かせない!

<ミスト>はしっとり仕上げで乾燥が気になる人向け

乾燥が気になる人は水分量が多いミストタイプがベスト。花粉症の人は花粉から守ってくれるメイクキープミストもあるので要チェックです。朝のメイク後や乾燥が気になるときにもシュッと一拭きしてみて。

\ミストでしっかり保湿しながらメイクキープ/

コーセー(KOSE)

メイク キープ ミスト

コスパがいいと話題のコーセーのメイクキープミスト。ウォータープルーフなのでマスクからの湿気にも強く、まつ毛が下がったり化粧が汚く崩れる心配もありません。近くの薬局などでも手に入りやすいのでお試しあれ。

<スプレー>はさらさら仕上げで皮脂が気になる人向け

皮脂が多く出てしまう人はスプレータイプをチョイスしてみて。スプレーがピタッと肌に密着してドロドロに崩れるのを防いでくれます。マスクでのメイク崩れはもちろん、夏場の汗や皮脂によるメイク崩れ防止にも活躍しそう!

\スプレーで皮脂を抑えながらメイクキープ/

シュシュパ(shushupa!)

メイクキープスプレー(ノーマルタイプ)

さらっとした質感で湿気による崩れや、皮脂崩れを防いでくれるスプレー。「皮脂崩れをおさえる」と聞くと乾燥してしまうのでは? と思ってしまいますが、シュシュパはうるおい保湿成分が入っているので乾燥によるテカリも防止できるお助けアイテム。

この記事で紹介された商品の一覧
全6商品
商品画像
ブランド名 ケイト(KATE) オンリーミネラル(ONLY MINERALS) アピュー(A’pieu) シャネル(CHANEL) コーセー(KOSE) シュシュパ(shushupa!)
商品名 ラッシュマキシマイザーN(EX-1) N by ONLY MINERALS ミネラルソリッドチーク コンプリート(01 YES!) ウォーターライトティント(#RD07 赤い頬のイチゴ) ルージュ アリュール インク(168 セレニティ) メイク キープ ミスト メイクキープスプレー(ノーマルタイプ)
特徴 - - - - - -
最安値※表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって異なります。 1,035 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 4,150 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 1,430 特定のストアに遷移します。 詳細を見る
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW