LIFE STYLE

『若輩者』の意味とは?正しい使い方やシーンを知って好感度アップ

2020/04/01

『若輩者』は、挨拶やスピーチなどビジネスの現場でよく使われる表現です。

謙遜する意味が込められた言葉ですが、使い方を誤ると相手に不愉快な思いをさせてしまうこともあります。正しい使用方法や言い換え表現などを解説します。

『若輩者』の【意味】を知ろう

『若輩者』(じゃくはいもの)には、二つの意味が込められています。それぞれについて、より深く理解しましょう。

年齢が若いこと

『若輩者』には、『若』という文字が含まれていることからも分かるように、「年齢が若い」という意味があります。しかし、年齢の若さを表現するために、『若輩者』という言葉が使われる場面はほとんどありません

また、年齢が若い人のみに使用が限定されるわけでもなく、基本的には何歳であっても使えます。

経験が浅いこと

『若輩者』には、年齢が若いという意味に加え、「経験が浅い」という意味もあります。ほとんどの場合は、経験が浅いことを示す表現として使われます。

『若輩者』は『若輩』と『者』に分解できますが、若輩も同じように二つの意味を持ち、たいていの場面では経験が浅い様子を示す言葉として使用されます。

  • 若輩ながら謹んで任務に邁進いたします。
  • 「若輩な自分は嫂(あによめ)の涙を眼の前に見て」(夏目漱石)

このように、若輩は名詞・形容動詞として使用でき、後ろに者を付けた場合も、文法的には同じような使い方が可能です。

また、『若輩者』は同様の意味と読み方で『弱輩者』と表されることもあります。『若い』『弱い』といった意味から、経験が浅いことを暗に連想させる言葉だともいえるでしょう。

ビジネスでの『若輩者』の【使い方】

『若輩者』という表現は、主にビジネスシーンでよく使われます。新入社員が自己紹介するときに使用するのは適当でしょうか?

使用にあたり注意すべきポイントや、具体的に使いやすい場面を紹介します。

未経験の若者や地位の高い人には不向き

『若輩者』は、それなりに経験を重ねた人や、割と高い地位にいる人が、謙遜する意味で使う言葉です。

そのため、新入社員など全く経験のない人が使っても、謙遜の意味を成さないことになるため、相手に違和感を与えたり、礼儀を欠いた態度ととられたりする恐れがあります。

逆に、相当な経験のある人や、社長・会長などかなり高い地位に就く人が使うと、自分では謙遜しているつもりでも、相手にとっては嫌味や皮肉に聞こえる可能性もあります。

スピーチの場などで、自分が一番年上であったり、参加者のほとんどが部下であったりする場合も、同様の理由により使用を避けるのが無難です。

このように、自分の経験・年齢・地位だけでなく、相手や周囲との相対的な要素も考慮する必要があるため、迷う場合は簡単な表現への言い換えなどで対処しましょう。

『若輩者』が使えるシーンとは

『若輩者』は、自分の役割や立場に対し、経験不足かつ未熟であると謙遜する意味で使われます。したがって、異動先や転勤先で自己紹介をする場面なら、それなりの経験や役職に対して謙遜しても違和感はないでしょう。

また、基本的に他人を表現する言葉としては使われませんが、人となりや能力をよく知る身近な部下などを紹介するシーンで使えば、部下のよい点をアピールしつつスマートに謙遜の意を示せます。

部下の結婚式でスピーチを頼まれた場合も、同じような使い方ができるでしょう。

会社の飲み会などで乾杯の音頭をとる場合や、取引先などから招待された接待の場でお礼をする場合
にも、参加者と自分の関係性によっては使うことが可能です。

『若輩者』の【例文】

四つのシーンに分けた例文を紹介します。自分の立場や経験を踏まえた上でへりくだる状況を確認しましょう。

乾杯の挨拶

職場の飲み会などで、乾杯の挨拶をするよう指名されるケースがあります。このような状況で使う場合は、飲み会の席に自分より目上の人も数人いる状況が理想的です。

  • ただ今社長よりご指名に預かりました○○でございます。『若輩者』ではございますが、乾杯の音頭をとらせていただきます。

参加者に目上の人が多い場合は、以下のような文にすればより印象がよくなります。

  • 多くの先輩方がいらっしゃる中で、私のような『若輩者』がご指名をいただき大変恐縮ではありますが、乾杯の音頭をとらせていただきます。

結婚式での挨拶

結婚式で新郎新婦の立場として挨拶をする場合は、仕事とは関係ないため、『若輩者』を使っても失礼にはあたりません。

  • なにぶん『若輩者』ではございますが、共に協力し合い、幸せな家庭を築いてまいりたいと存じます。
  • まだまだ『若輩者』であり、これからもご迷惑をお掛けすることがあろうかとは思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。

また、部下の結婚式で上司としてスピーチを依頼された場合や、新郎新婦の親として謝辞を述べる場合にも、『若輩者』を使えば謙遜しながら新郎新婦を評価してあげられます。

  • まだまだ『若輩者』の二人ではございますが、どうぞこれからも皆様方のお力添えを賜り、温かく見守っていただければと思います。

異動や転勤をする場合

異動・転勤先の自己紹介では、『若輩者』を使用した言い回しが多く使われます。

「新しい部署に赴任し、業務に関しては分からないことが多い状態ですが、これまで培った知識や経験を存分に活かせるよう頑張ります」といったような気持ちを表す状況で使うのが適切といえます。

  • この度部長に任命された○○です。まだまだ『若輩者』ではございますが、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。
  • この度△△支店から異動してまいりました○○と申します。『若輩者』にてご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが、精一杯努めさせていただきますのでよろしくお願いします。

部下などを紹介する場合

部下など目下の立場にいる人を紹介する際にも、『若輩者』を取り入れた言い回しを使用できます。

  • ○○君はまだまだ『若輩者』ではございますが、仕事に対する熱意は誰よりも強く、実績も着実に積み上げております。

この場合、相手にしっかりと伝えるべきことは、部下を評価する後半部分です。『若輩者』であることだけを強調し、褒める部分が何もない文章にならないよう気をつけましょう。

「若輩者ですが」と一言添えることで、紹介する相手に謙遜の気持ちを示しながら、目下の立場である部下の評価を引き立たせることが可能です。

『若輩者』の【類義語】や【言い換え表現】

『若輩者』の使い方に迷った場合は、似た意味の言葉や表現に置き換えてみましょう。代表的な類義語や言い換えを紹介します。

浅学非才

『浅学非才(せんがくひさい)』とは、知識が浅く才能にも乏しい様を表す言葉です。自分の知識や才能をへりくだって表現する場合に使います。

「自分にはまだまだ知識や才能が足りないため、もっと勉強すべきである」との意味合いを込めて、お礼や挨拶をする場合に使うのが一般的です。

ただし、それなりに能力のある人が謙遜するニュアンスを含んだ言葉であるため、本当に自分の知識が浅いと考える場合は、使用を控えたほうがよいでしょう。

  • 浅学非才な私にこのような機会をご用意していただき、誠にありがとうございます。
  • 浅学非才を顧みず、今後とも皆様の期待に応えられるよう精進してまいりたいと思っております。

未熟者

『未熟者』とは、学問や技術などがまだ十分身についていない人のことを指す言葉です。『若輩者』とほぼ同じ意味であり、同じような使い方ができるため、言い換えに適した類似語といえます。

ただし、未熟者は十分な状態に達していないことをストレートに表現する意味合いが強く、自分を謙遜するニュアンスをほとんど含んでいません。

そのため、経験のない新入社員や年齢の若い人が挨拶などをする際には、未熟者の使用が適しています。

  • 何分にも未熟者ですので、折にふれいろいろとご協力を賜りますようお願い申し上げます。
  • まだまだ未熟者で至らぬ息子ではございますが、何卒ご教導いただきますようよろしくお願いします。

駆け出しですが

「若輩者ですが」という言い回しは、遠慮する気持ちを相手に分かってもらう表現です。自分を謙遜し相手に遠慮するフレーズなら、それほど違和感なく言い換えられます。

「駆け出しですが」「力不足ですが」などの表現に置き換えれば、経験のなさや若さを前面に出したい新人でも使えるうえ、口語表現としても馴染む言い回しになります。

  • まだまだ駆け出しですが、皆様にご迷惑をお掛けすることのないよう、一生懸命頑張ります。

他にも、「至らない点が多々ありますが」「若僧ですが」「新米ではありますが」「まだまだ適いませんが」など、どの表現も謙遜の気持ちが示され、未熟である点を強調できます。

  • こちらの部署に入ったばかりの新米ですが、皆様のお役に立てるよう精進いたします。
  • はじめまして、広報部から異動してきた〇〇と申します。至らない点が多々あるとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

『若輩者』の【対義語】や【英語】も紹介

『若輩者』に対し反対の意味を持つ言葉や、英語で表現する方法はあるのでしょうか。予備知識として覚えておきましょう。

若輩の対義語

『若輩』の対義語としては、『老輩(ろうはい)』という言葉があります。老輩には、『年をとった人々』や『老人たち』を指す言葉としての意味と、老人が自分のことをへりくだって言う言葉としての意味があります。

しかし、『老輩者』という言葉は存在しません。したがって、『若輩者』の対義語も無いということになります。

『若輩者』の英語

『若輩者』を英語で表現する場合は、新人を意味する『new』が最も適しているといえるでしょう。

『inexperienced(経験が浅い)』『naive(うぶな・世間知らずの)』などの形容詞も候補として考えられますが、ネガティブなニュアンスを含むため、避けたほうがよいでしょう。

まとめ

『若輩者』は、ある程度経験を積んだ人や、ある程度地位の高い人が、自分を謙遜する意味で使う言葉です。異動・転勤時の挨拶や部下の紹介など、主にビジネスシーンで使用されます。

自分の立場や相手との関係性を考慮する必要があるなど、使い方が比較的難しいため、類義語や言い換え表現も選択肢に加え、場面に合った表現を心掛けましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW