FASHION

レイヤードの達人が教える!ニットの重ね着コーデ【6style】

2020/03/12

レイヤードの達人、スタイリスト小嶋智子さんが提案する、一歩、二歩先を行くテクニックをお届け! ニット×パンツの基本形に「どんなアイテム」を「どうやって」レイヤードするかで、スタイリングの完成度は大きく変わるはず!

【1】ハイネック×ワイドデニムの上品カジュアル

▼BEFORE

▼AFTER

薄手のハイネックのニットに合わせたのは、70sライクなデニムワイドパンツ。ブルーの美しいグラデーションを活かすため、ニットに同系色のレースブラウスを重ねたコーデ。腕時計やブレスレットなどのアクセサリーを、ニットの上から着けてブラウスの下に忍ばせることで、透け感を思い切り楽しんで。

スタイリングの第二のカギになるのは、ボリュームのあるシルエット。デニムに重ねたロングデニムスカートに、ドロップショルダーのロングコート。存在感があるアイテムを重ねながら、バッグとスニーカーのキャンバス地が軽やかに仕上げてくれる。

▼アイテムと着こなしを動画で詳しくみる!

【SHOP LIST】
CARBOOTS/03-3464- 6868
クリフ/03-6416- 0619
トゥモローランド/0120-983- 511
トロ/03-6447- 4147
ルシェルブルー カスタマーサービス/03-3404- 5370
※表示価格は全て税抜

【2】異素材ミックスを楽しむ

▼BEFORE

▼AFTER

薄手のグハイネックのニットとセルヴィッチのアンクルデニムが基本。第一段階として、シンプルなニットに今どきなアクセントを加えてくれるのが、ビスチェとして使用したヴィンテージの下着。さらにシアーなナイロン素材のフードを羽織り、ヴィンテージのミンクのファーコートを重ねれば、素材を巧みに組み合わせた鮮度が高いスタイリングが完成。

ファーコートをよりデイリー仕様にアレンジするため、メッシュのスニーカーと、円形の遊び心があるバッグも忘れずに。

▼アイテムと着こなしを動画で詳しくみる!

【SHOP LIST】CARBOOTS/03-3464- 6868
カナダグース 千駄ヶ谷店/03-5860- 6518
ジャンティーク/03-5704- 8188
ディーゼル ジャパン/0120-55- 1978
トゥモローランド/0120-983- 511
ユニオンランチ/03-5412- 1937
ルシェルブルー カスタマーサービス/03-3404- 5370
※表示価格は全て税抜

【3】パリジェンヌ気分なネオ70'sスタイル

▼BEFORE

▼AFTER

鎖骨が覗くVネックセーターに、デニムのガウチョパンツが基本のコーディネート。レトロモダンなニットベストに、シルクスカーフを一巻きすれば顔周りが華やかに。春を先取りしたサンダルや巾着など女性らしいアイテムで仕上げて。

▼アイテムと着こなしを動画で詳しくみる!

【SHOP LIST】
CARBOOTS/03-3464- 6868
ザ・ウォール ショールーム/03-5774- 4001
トゥモローランド/0120-983- 511
トロ/03-6447- 4147 
※表示価格は全て税抜

【4】スパイスを効かせた、デニムonデニム

▼BEFORE

▼AFTER

袖口から指を通せるすっきりニットに、デニムのガウチョが基本のコーディネート。インパクトのあるレオパード柄のブラウスは、ふんわりと広がる素材がレイヤードにぴったり。

オーバーサイズのデニムシャツは、袖をロールアップしてバランスをとって。ボーイッシュになりすぎないよう、バッグやシューズなどの小物は女性らしいものを選ぶのがコツ。


▼アイテムと着こなしを動画で詳しくみる!

【SHOP LIST】
ザラ・ジャパン カスタマーサービス/03-6415- 8061
トゥモローランド/0120-983- 511
ユニオンランチ/03-5412- 1937
※表示価格は全て税抜

【5】隙をつくった遊び心あふれる、マニッシュコーデ

▼BEFORE

▼AFTER

やさしい風合いのベージュのセーターに、デニムワイドパンツが基本のコーディネート。深めのVネックのベストから、スパンコールのベアトップを覗かせて。セットアップのジャケットを羽織ったら、デザイン性の高いバッグやピアスなどで遊びゴコロをプラス。

▼アイテムと着こなしを動画で詳しくみる!

【SHOP LIST】
ザラ・ジャパン カスタマーサービス/03-6415- 8061
ジャンティーク/03-5704- 8188
トゥモローランド/0120-983- 511

【6】シンプルな白タートルニットに、ロマンティックな味つけを

▼BEFORE

▼AFTER

細リブの白タートルニットに、裾がアシンメトリーなブラックデニムが基本のコーディネート。すっきり体にフィットする同色のボディスーツを重ねたら、プルオーバータイプのコートを羽織って立体感を出す。レースのチュチュを裾から覗かせたら、足元はヒールで引き締めて。

▼アイテムと着こなしを動画で詳しくみる!

【SHOP LIST】
エンフォルド/03-6730- 9191
クリフ/03-6416- 0619
ディーゼル ジャパン/0120-55- 1978
トロ/03-6447- 4147
ユニオンランチ/03-5412- 1937

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW