「Tシャツにジーンズ」ダサ見えしない4つのコツ!おすすめコーデ【28選】
FASHION

「Tシャツにジーンズ」ダサ見えしない4つのコツ!おすすめコーデ【23選】

2020/06/12

Tシャツとジーンズのコーデはシンプルでラフさが際立つので、「ダサく見えちゃうかも……?」「モデルや美人しか似合わないのでは……?」と心配しがち。でも実は、ダサくならないコツや、スタイルよく見せる着こなし方があるんです。押さえるべきポイントやお手本コーデを参考に、思いどおりのオシャレを叶えちゃいましょう。

「Tシャツ×ジーンズ」ダサくならない【4つのポイント】

まずは、「Tシャツ×ジーンズ」でダサくならないための4つのポイントをご紹介。このポイントを押さえれば、即こなれ感が出てオシャレに見えます。

  1. 素材がしっかりとしたTシャツを選ぶ。
  2. 大人女子はシンプルコーデが◎。
  3. シャレ見えする着こなし方を取り入れて。
  4. 小物をプラスしてコーデを格上げする。

1:素材がしっかりとしたTシャツを選ぶ

▼厚みのある素材

厚みのある素材のTシャツコーデの画像

薄い生地のTシャツはチープ感が出てしまうので、大人女子は避けたいところ。ほどよい厚みのTシャツであれば、襟元や袖口にもハリ感が出てだらしなく見えないので◎。

▼上質なオーガニックコットン

上質なオーガニックコットンのTシャツコーデの画像

着心地が抜群によいオーガニックコットンTシャツは、見た目にもやわらかく上質な雰囲気を醸し出します。ラフなのに上品な「Tシャツ×ジーンズ」コーデにしたいときは、ぜひ取り入れてみて。

2:大人女子はシンプルコーデが◎

▼シンプルな黒Tシャツで大人カジュアル

シンプルな黒Tシャツで大人カジュアルのコーデ画像

大人女子のカジュアルスタイルは、品よく仕上がるシンプルコーデを目指して。黒で色味を合わせれば、子どもっぽさを回避できるとともに、クールな印象も与えられます。

3:シャレ見えする着こなし方を取り入れて

▼シャツインしてこなれ感を

シャツインしてこなれ感を出したコーデ画像

Tシャツの裾を、ラフにフロントインした着こなし。ハイウエストジーンズの場合は、Tシャツの裾を全部入れてすっきり脚長効果を狙うのが今っぽい。

▼ビッグシルエットTシャツにはスリム黒ジーンズを

ビッグシルエットTシャツにはスリム黒ジーンズを合わせたコーデ画像

ビッグシルエットのTシャツは裾をインする着こなしもおすすめですが、ボトムスが細身だとお腹まわりがもたついてしまう場合が。そんなときは思いきってトップスをアウトしてみて。引き締め効果のあるスリム黒ジーンズでバランスよく仕上げるのがポイント。

4:小物をプラスしてコーデを格上げする

▼イヤリング&スカーフをプラス

イヤリング&スカーフをプラスしたコーデ画像

ベーシックな「Tシャツ×ジーンズ」コーデに小物をプラスして、一気に女性らしく。イヤリングとスカーフ、パンプスの3点投入でコーデを簡単に格上げできちゃいます。小物は、同系色でまとめるのがセンスよく見せるコツ。

▼胸元にサングラス

胸元にサングラスのコーデ画像

「Tシャツ×ジーンズ」にスニーカーを合わせた、カジュアルの王道スタイル。ロングヘアの人はおくれ毛を出してアップにするなど、さりげない色気をアピールしてみてもGOOD。胸元のサングラスがシンプルコーデのアクセントに。

▼大きめバッグが主役

大きめバッグが主役のコーデ画像

コーデの主役を決めると、全体がぼやけずにシャレ見えします。メンズライクの大きめバッグを斜め掛けして、視線を集中させつつ、差し色の赤リップで女らしさをひとさじ。

▼ニット帽&ボディバッグ

ニット帽&ボディバッグのコーデ画像

サマーニット帽とボディバッグのオレンジカラーがフレッシュな印象。「Tシャツ×ジーンズ」コーデがシンプルなので、明度の高いカラーも楽しめます。足元はレディライクなサンダルではずして、意外性をプラス。

スタイルよく見える!無地Tシャツコーデ

ゆったりシルエットをベルトでウエストマーク

ゆったりシルエットをベルトでウエストマークしたコーデ画像

「Tシャツ×ジーンズ」にスニーカーを合わせた鉄板コーデは、キュッとウエスト部分を絞り込んでメリハリを。ハイカットスニーカーに合わせるジーンズの裾は、ロールアップしてヤボったさをゼロに。

ベルトを長めに垂らして

ベルトを長めに垂らしたコーデ画像

こちらはウエストマークしたベルトがポイントの、スタイルUPコーデ。ベルトはフロント部分に長めに垂らして、縦長効果を狙って。Iラインが強調されるので、ゆったりとしたサイズ感でも細見えが叶います。

Tシャツの裾をフロント結び

Tシャツの裾をフロント結びしたコーデ画像

Tシャツの裾を結んで内側に入れ込みギャザーを作って、上半身に視線を集中させて。ハイウエストのジーンズで腰の位置も高く見えるので、脚長効果が狙えます。高さのある靴を合わせれば、よりスタイルUP。

白ロングTシャツ×濃いめジーンズ

白ロングTシャツ×濃いめジーンズのコーデ画像

白のロングTシャツの場合、ボトムス選びは濃いめの色が正解。ぼやけがちな白の分量が多いところを、ボトムスの濃い色が引き締めてくれます。着やせ効果を期待するなら、濃色ジーンズがおすすめ。

【ロゴ・キャラクターTシャツ】の大人っぽい着こなし

ロゴ入りTシャツは、文字の意味にも注意

ロゴ入りTシャツは、文字の意味にも注意のイメージ画像

Tシャツにプリントされているロゴの意味は、意外と他人に注目されがち。グローバル時代にタブーなロゴTシャツは、大人なら避けたいところ。濃色ジーンズに、ストローハットをかぶって、軽快に。

モノトーンのキャラクターTシャツ

モノトーンのキャラクターTシャツのコーデ画像

大人になっても大好きなキャラクターをファッションにも取り入れたい! と思ったら、モノトーンでデザインされたTシャツがおすすめ。遊び心のある大人っぽい着こなしが実現します。

【カラーTシャツ】で簡単に印象をチェンジ

大人っぽく落ち着いたボルドーカラー

大人っぽく落ち着いたボルドーカラーのコーデ画像

シックで大人っぽい印象になる、落ち着いたボルドーの「Tシャツ×ジーンズ」コーデ。重めカラーのTシャツは薄色のハイウエストジーンズにインして、明るさとフレッシュさを。

ジーンズになじむ青色Tシャツ

ジーンズになじむ青色Tシャツのコーデ画像

青色Tシャツは、同系色のジーンズになじみやすいので、カラーTシャツ初心者向け。ロイヤルブルーが、上品なレディの印象に瞬時にシフトしてくれます。フレンチスリーブのTシャツは、肩を華奢に見せてくれる効果も。

「ユニクロ(UNIQLO)」で叶えるコーデ

「ユニクロ(UNIQLO)」で叶えるコーデの画像

「ユニクロ」の豊富なカラーラインナップのなかでも、落ち着きのある深みグリーン。カラーTシャツは、必ず顔映りを鏡でチェックして、自分に似合う一枚をゲットして。個性的な色を選べば、まわりと差をつけたオシャレな印象に。

【春夏】「Tシャツ×ジーンズ」さわやかシンプルコーデ

ジーンズは、表情豊かで季節を問わずに活躍するアイテム。
ここでは、さわやかな春夏の「Tシャツ×ジーンズ」コーデをピックアップしてみました。

白Tシャツ×薄色ジーンズで季節感を

白Tシャツ×薄色ジーンズで季節感を出したコーデ画像

白のTシャツ×薄色ジーンズで、軽さと清涼感を出した春夏コーデ。足元はサンダルでより季節感を加速させて。バングルやイヤリングなど、重厚感のあるアクセサリーの投入でコーデに奥行きを。

ガウン風にさらりと羽織って

ガウン風にさらりと羽織ったコーデ画像

ガウンにもなるワンピースは、春夏に一枚あると便利。「Tシャツ×ジーンズ」コーデの上にさらりと羽織って、ナチュラルな空気感を。透け感のあるタイプなら、羽織るだけで春夏の旬コーデへと昇華してくれます。

白Tシャツ×白パンプスは春夏におすすめ

白Tシャツ×白パンプスは春夏におすすめのコーデ画像

春夏の白パンプスは、コーデに季節感とトレンド感をもたらしてくれます。シンプルコーデに白Tシャツと白パンプスを投入すると、モノトーンでスタイリッシュな着こなしが加速。

【秋冬】「Tシャツ×ジーンズ」に羽織りものをON

インナーとして、秋冬にも活躍するTシャツ。肌寒い季節には羽織りものをONして「Tシャツ×ジーンズ」コーデをアップグレードさせて。

テーラードジャケットを羽織って大人っぽく

テーラードジャケットを羽織って大人っぽくしたコーデ画像

「Tシャツ×オーバーオールジーンズ」の組み合わせに、きっちり感のあるテーラードジャケットを羽織ったスタイル。子どもっぽくなりがちなコーデは、大人っぽいアイテムをONして、気取らないカッコよさを足し算するとGOOD。

ニットカーディガンでやさしい雰囲気をまとって

ニットカーディガンでやさしい雰囲気をまとったコーデ画像

厚みのあるカーディガンは、やさしい雰囲気を醸し出すホワイトベージュを採用。ワントーンでそろえた配色が、顔映りを明るくきれいに見せてくれます。寒い季節はTシャツ×カーディガンで乗りきってしまいましょう。

【Tシャツ×ジーンズ(デニム)スカート】で大人かわいく!

女子力高めのカジュアルコーデが気分の日は、ぜひジーンズ(デニム)スカートをボトムスにチョイス。女子だけの特権、「Tシャツ×ジーンズスカート」のコーデを大人かわいく魅せてみて。

ロゴTシャツ×ロングデニムスカート

ロゴTシャツ×ロングデニムスカートのコーデ画像

どんなTシャツにも合わせやすく、着まわしやすいロングデニムスカート。女っぽさを演出するイヤリングをONすれば、一瞬でオシャレ上級者に。

小物は黒で統一

小物は黒で統一したコーデ画像

黒Tシャツ×デニムスカートのシンプルコーデのなかに、ちりばめられた小物テクニックが秀逸。黒で統一したイヤリング、小さめバッグ、スニーカーで一気に着こなしを格上げ。

おすすめの【Tシャツメーカー】は?

「ヘインズ(Hanes)」

「ヘインズ(Hanes)」のTシャツのコーデ画像

白Tシャツは、シーズンや流行に左右されない定番アイテムです。そのなかでも「ヘインズ」の『ビーフィー』はタフで洗濯よれがしにくく、着心地のよさも抜群のロングセラー。胸ポケットがさりげなくアクセントになっているところが小粋。

「チャンピオン(Champion)」

「チャンピオン(Champion)」のTシャツのコーデ画像

ソフトな生地感と適度な厚みのある「チャンピオン」のTシャツ。袖口にある「チャンピオン」のロゴで、さりげなくブランド感をアピール。ぴったりの自分サイズを探せば、ヘビロテ間違いなし。

「ジーユー(GU)」

「ジーユー(GU)」のTシャツのコーデ画像

生地にハリ感のある「ジーユー」のTシャツ。リーズナブルなのにトレンドを意識したデザインやシルエットで、旬な着こなしを作るのに一役買ってくれます。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW