MAKEUP/COSMETICS

色選びで、変わる!ファンデーションを正しく選べばメイクが見違える

2020/09/16

【ファンデーションの色選びのポイント】ファンデーションの色選びって難しいですよね。肌より明るめを使うか、暗めを使うか。または赤みをおさえるか、黄みをおさえるか……。正しく自分の肌色にあったファンデーションを選ぶことができると、普段のメイクが見違えるんです。この記事では、自分にぴったりのファンデーションカラーの見つけ方と、プチプラ・デパコスなど人気ファンデーション12ブランドを徹底比較していきます。ぜひこの機会に”マイベストファンデーション”をみつけてくださいね!

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

【ピンク・ベージュ・オークル】基準色3つの違いとは

ファンデーションを選ぶ際に、基準となる「ピンク・オークル・ベージュ」。この三つのカラーの大きな違いは「色味」です。

ピンク・・・赤みが強い。血色感を感じない肌に馴染みやすい。
オークル・・・赤み寄り。ブルーベースの肌に馴染みやすい。
ベージュ・・・黄み寄り。イエローベースの肌に馴染みやすい。

この色味の考え方をベースに明るさや細かい色味、質感などの要素でファンデーションの色を選んでいくことになります。ほとんどのブランドから1種類のファンデーションが3色以上展開されているので、何色を選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そんなときは、これからご紹介する方法で自分に合った色を選んでみましょう! 

【色の選び方】失敗しないコツ

ここからは、実際に選ぶ際の色選びの基本をおさらいしていきます。タッチアップをする場所や、試しに肌に乗せた後の過ごし方など、ファンデーションを選ぶときの選び方のポイントをしっかりおさえておきましょう! 

タッチアップは「フェイスライン」でする

まず、迷ったときは店頭で美容部員さんにタッチアップをしてもらうのがおすすめ! 手に取ってみたのと、実際に肌にのせたときの色味は異なってきます。そして、やりがちなのが手の甲にファンデーションをのせること。手の甲と顔では受けている紫外線量や肌状態がまったく異なるんです。なので手の甲にのせて馴染んでいるようにみえても、実際に購入して顔にのせると浮いてしまう……なんて事態も。

そうならないようにするためには手の甲ではなく、フェイスラインにファンデーションをのせましょう! 複数の色で悩んでいるときは、フェイスラインに沿って悩んでいる色を並べてのせて比較します。そうすることで一番自分に合う色を一目で決められますよ! 

さまざまな光のもとで一日過ごして確認する

じっくり悩む余裕のある人は、タッチアップをしたその日一日はさまざまな光のもとで過ごしてみましょう。自然光と人工の照明のもとでは見え方が全然ちがいます。「お店ではいい感じだったのに……」といったことを避けるためにも、じっくり選ぶことが大切です

選ぶポイントは【肌の色・悩み】の2つ!

肌の色・・・色白 or 色黒
悩み・・・赤みがつよい or 黄ぐすみが気になる

肌の色と悩みによってファンデーションの選び方が変わってくるので、この先で詳しく説明していきます!

「色白さん」の場合

透明感のある澄んだ肌の持ち主である色白さん。しかし、その反面でメイクをすると厚塗りにみえたり、作りこみすぎた肌にみえたりしがちな一面も。選ぶ際は肌の色と極力同じ色で、伸びのいいテクスチャーのものをチェック

「色黒さん」の場合

色黒さんのファンデーション選びは難しいといわれています。まずは、色幅を多く展開しているファンデーションのなかから選びます。さらに、選ぶ際にはマットなものをチョイス。ラメやパールが入っているものは白浮きしやすいのでNG

「赤みがつよい」場合

寒暖差やお肌の不調などで起こりやすい赤み。カバーしきれないと何も塗ってないようにみえてしまいますよね。しかし、厚塗りはメイクよれのもとに……。赤みが強くでやすい頬などの部分にはカバー力が高く、ワントーン明るめかつ黄みの強いファンデーションを薄く2~3度重ね塗りしてみて。一度に大量のファンデーションを塗るとメイクよれの原因になるので注意!

「黄ぐすみが気になる」場合

健康的な肌色の色黒さんや、イエローベースさんに多い黄ぐすみは肌にのせたファンデーションの酸化とお肌の乾燥によって起こりがち。じつは思い込みで買っている「ベージュ系」の色味に問題がある場合も……! 保湿をしっかり行っても黄ぐすみが治らない場合は、ピンク系のファンデーションにチェンジしてみて! 店頭でのタッチアップで違いを比べてみるのが大事。

シーンに合わせて肌より「明るめ」or「暗め」を選ぶのもアリ!

TPOに合わせて洋服を選ぶのと同じように、シーンやなりたい印象によってファンデーションを変えてみるのも、メイクテクのひとつ。「明るめ・暗め」それぞれ注意点に気を付けて、印象を変えてメイクを楽しんで! 

▼華やかで若々しくみせたいときは「明るめ」

本来の肌色より明るくみせてくれる明るめのファンデーション。美白にみせるため、全顔に塗りたくなってしまいますが、それはご法度。明るめのファンデーションは光が集まるTゾーンや、頬の高い位置に塗るのが◎。フェイスラインを引き締めたいときは、ローライトのシェーディングなどを有効活用して。

▼ヘルシーで健康的にみせたいときは「暗め」

「ファンデーションを選ぶならワントーン暗め」と聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。本来の肌色よりも暗めのファンデーションは、ヘルシーで健康的な印象を与えます。しかし、夕方のくすみなどが気になりますよね。暗めのファンデーションを使うときはハイライトなどをうまく使うことと、ベースメイク前の保湿をしっかりと行って黄ぐすみ対策を念入りに! 

\編集部おすすめファンデーション/

ツヤ肌『形状記憶(※)』ファンデ

【アテニア(Attenir)】フュージョンスキンファンデーション ラスターフィニッシュ

※メイク効果でツヤ肌が続くこと

スフレのような軽さの新質感クリームファンデーション
特別価格:2,300円(税込)

アテニアのラスターフィニッシュは、40代の肌特有の複雑な肌の凹凸をカバーして、ツヤ肌を形状記憶(※メイク効果でツヤ肌が続くこと)。
光沢のあるジェルが均一に広がり、時間がたっても表情の伸縮に沿って動くので、つけたての美しさが続きます。

【プチプラ編】ブランド別ファンデーションの色比較

どのように自分にあうファンデーションを選べばいいかが分かったところで、実際に自分の肌色にぴったりあうファンデーションを選んでみましょう。ここからはブランドごとの人気ファンデーションをカラーチャートにわけてわかりやすくご紹介。まずは気軽に試せるプチプラコスメから。気になるものがあったら今すぐ店頭へGO♪

《ちふれ》モイスチャー パウダー ファンデーション(スポンジ入り)

【23】・・・「ピンクオークル」やや赤みより
【33】・・・「オークル」標準色
【34】・・・「オークル」やや濃いめ
【43】・・・「イエローオークル」やや黄みより

シンプルでわかりやすい4色展開のファンデーション。プチプラで近くのドラッグストアなどで買えるのでメイク初心者におすすめ! 

ちふれ(CHIFURE)

モイスチャーパウダーファンデーション (33 オークル系)

ケース・鏡・スポンジ付きで驚きのプチプラ価格!

ケースがついてコンパクトなお直しコスメとしても人気。紫外線吸収剤無添加でお肌への負担も少ないのに、カバー力は◎。なくなったら詰替えリフィルもあるので、コスパもいい!

《インテグレート》プロフィニッシュファンデーション

【オークル00】・・・特に明るい肌色
【オークル10】・・・やや明るめの肌色
【オークル20】・・・自然な肌色
【オークル30】・・・濃いめの肌色

肌に優しい使い心地のミネラルファンデーション。オークル4色での展開ですが、赤みや黄みよりも明度で選ぶタイプなので、パーソナルカラー関係なく使えるのが嬉しいポイント! 

インテグレート(INTEGRATE)

プロフィニッシュファンデーション(レフィル)

プロが仕上げたような毛穴レス×透け感美肌が演出できるパウダーファンデーション。「ドラッグストアで買えるミネラルファンデーション」としても人気。

《KATE》シークレットスキンメイカーゼロ(リキッド)

【00】・・・明るく透明感のある肌
【01】・・・やや明るめの肌
【02】・・・標準的な肌
【03】・・・ややベージュよりの肌
【04】・・・やや濃いめの肌
【05】・・・小麦色の肌

プチプラでも豊富な色展開が魅力。赤みを多く含ませているので、黄ぐすみが起こりやすい人にもおすすめ。ただし、一般的なファンデーションに比べると明るめの設定なので、悩んだらワントーン下げて購入すると◎

ケイト(KATE)

シークレットスキンメイカーゼロ リキッド(02 標準的な肌)

ドラッグストアで買えるファンデーションとは思えないカバー力の高さが人気。伸びがよく薄づきなのにしっかり膜を張るようにカバーしてくれます。「ほかのプチプラファンデーションに比べてもヨレにくい」とキープ力も高評価!

【デパコス編】ブランド別ファンデーションの色比較

つづいては、デパコスブランドのファンデーションをチェック。デパコスのファンデーションは、美容部員さん直々にタッチアップをしてもらえるのが醍醐味。カラー展開の豊富なブランドがほとんどなのでじっくり試して、じっくり選んで、納得のいくベストカラーに出会って♪

《資生堂》シンクロスキン セルフリフレッシング ファンデーション

脂性肌さんでも使いやすい「ランコム」のリキッドファンデ

やや硬めですが、伸びのよいテクスチャーでカバー力もお墨付き。数々のベストコスメ受賞のリキッドファンデーション。豊富のカラー展開と、とにかく崩れない持ちのよさが魅力。

《Dior》ディオールスキン フォーエヴァー クッション

【0N】・・・ニュートラルな非常に色白な肌
【1N】・・・ニュートラルなアンダートーンの色白の肌
【1W】・・・イエローのアンダートーンの色白な肌
【2N】・・・ニュートラルなアンダートーンの明るい肌
【2W】・・・イエローのアンダートーンの明るい肌
【3N】・・・ニュートラルなアンダートーンの標準の肌

まんべんなく選びやすいカラー展開になっているディオールスキン フォーエヴァー クッション。標準色となる2Nがやや黄みが強め。黄ぐすみが起きやすい人はタッチアップをして様子をみて

ディオール(DIOR)

ディオールスキン フォーエヴァー クッション(標準色:2Nニュートラル)

肌表面の凹凸や毛穴をしっかりカバーしながら、極細粒子が肌に馴染んでトレンドの「ルミナスマット」な肌へ仕上げる。朝のつけたての状態をロングキープ!クッションタイプなのでお直しも簡単。

【ミネラル編】ブランド別ファンデーションの色比較

洗顔料で落とせて、お肌への負担が少ないミネラルファンデーション。最近SNSでも使ってる人が多く、お肌の悩みも増えがちなこの季節に買い換えてみようと考えてる人も多いのではないでしょうか。

しかし、ミネラルファンデーションは通常のファンデーションに入ってる「油分」が入っていないってご存知でしたか? お肌の上の皮脂が油分となってファンデーションの粒子と混ざることで密着します。なので、ファンデーションをのせてから時間が経つとワントーン暗くなるようにできています。つまり選ぶ際は、肌に乗せたときに「やや明るいかな?」と思うくらいがベスト! 

《ETVOS》マットスムースミネラルファンデーション

【#20】・・・ピンク系の明るめの肌色
【#30】・・・イエロー系の明るめの肌色
【#35】・・・明るめの標準的な肌色
【#40】・・・標準的な肌色
【#50】・・・オークル系の健康的な肌色

シンプルで選びやすく、ヘルシーでナチュラルな肌になれるカラー展開。先述のとおり、時間が経つとワントーン暗くなるので、選ぶ際は気持ち明るめを選んで!

エトヴォス(ETVOS)

マットスムースミネラルファンデーション(#35 明るめの標準的な肌色)

洗顔料で落とせる、肌への負担が少ないミネラルファンデーション。塗っているだけで肌を保湿し、乾燥から肌を守ります。ふわっと軽く、詰まった感じのしないつけ心地が人気。

《MiMC》ミネラルリキッドリーファンデーション

【101】・・・《アイボリー》やや明るめのオークルカラー
【102】・・・《ニュートラル》標準的なニュートラルカラー
【103】・・・《ベージュ》健康的なベージュカラー
【104】・・・《オークル健康的なオークルカラー
【205】・・・《ピンクブライト》明るめのピンクカラー

MiMCのリキッドファンデーションは、ほかのミネラルファンデーションよりもやや明るめ。基本ジャストトーンを選び、不安な場合は店頭でタッチアップしてもらうのがおすすめ!

エムアイエムシー(MiMC)

ミネラルリキッドリーファンデーション (102 ニュートラル)

「メイクしながらスキンケア」を体現するリキッドファンデーション。美容液のように肌に溶け込み、長時間ツヤ感をキープ。最後まで空気に触れさせない設計や、手を汚さずメイクなど、こだわりがたくさん詰まったファンデーション。

《ニールズヤード》ミネラルファンデーション

【01】・・・ライトベージュ
【02】・・・ピンクベージュ
【03】・・・ナチュラルオークル

シンプルなカラー展開。ナチュラルな肌色にしたいときは03番、明るく若々しい印象にみせたいときは02番、光を飛ばしたい箇所には01番を塗るのがおすすめ!

ニールズヤード(NEAL'S YARD REMEDIES)

ミネラルファンデーション(02 ピンクベージュ)

ほわっと軽いつけ心地でナチュラルな仕上がりに。自然由来成分が99%配合でお肌への優しさをいちばんに考えられたファンデーション。パウダーなのに撥水力がよくて汗水にも強い。

【韓国コスメ編】ブランド別ファンデーションの色比較

最後はここ数年でじわじわと人気継続中の韓国コスメのファンデーション。圧倒的なカバー力とツヤっと色白な水光肌が手に入るクッションファンデーションが人気。

韓国コスメのファンデーションは一般的なファンデーションに比べると、明るめのカラー展開のことが多いですが、日本未発売のものやバラエティショップやドラッグストアで販売されてるものはタッチアップができないものも。迷ったときや、不安なときはワントーン暗めで様子をみてみるのが◎

《エチュードハウス》ダブルラスティング セラムファンデーション

【ウォーム(イエローベースに馴染む色)】・・・アイボリー、ベージュ、ハニーサンド
【クール(ブルーベースに馴染む色)】・・・ロージーピュア、ライトバニラ、ペタル
【ニュートラル(どちらにも馴染む色)】・・・ピュア、ニュートラルバニラ、ニュートラルベージュ、サンド、タン、アンバー

明るさとパーソナルカラーで選ぶファンデーション。店頭であればタッチアップもできるので、迷ったときはぜひ店頭まで出向いて実際に試してみて。

エチュード(ETUDE)

ダブルラスティング ファンデーション(アイボリー)

ロングラスティングとハイカバー力で人気のファンデーションがリニューアル。さらに持ちと質感がグレードアップ。マット寄りの陶器肌を作り上げてくれる。ツヤ肌が好みの場合は、グロウ系ベースを仕込んで。

《MISSHA》グロウ テンション

【とても明るい肌色】・・・アイボリー
【明るい肌色】・・・フェア、バニラ
【自然な肌色】・・・ベージュ、サンド
【健康的な肌色】・・・テン

K-POPアイドルのような水光肌が手に入るクッションファンデーション。明るめファンデで若々しい印象に。ただし、タッチアップができないので注意しながら選んで

ミシャ(MISSHA)

グロウ テンション(ベージュ)

肌に溶け込み、パッと華やかな水光肌になれるファンデーション。発売から瞬く間に人気になったアイテムです。

《Innisfree》マイファンデーション

【C13】・・・ライトベージュ
【C21】・・・ピンクベージュ
【N21】・・・ナチュラルベージュ
【N22】・・・ミディアムベージュ
【N23】・・・トゥルーベージュ

「色」「質感」「カバー力」で選ぶファンデーションですが、色味はシンプルで選びやすい5色展開。日本人の肌に合いやすいカラーで幅広い女性の肌にマッチ! 

イニスフリー(innisfree)

マイファンデーション(N21 ナチュラルベージュ)

「色・質感・カバー力」から選ぶ「なりたい肌」を叶える新感覚ファンデーション。自然由来のミネラル成分が入っています。くすみを防ぎ透明感のある肌を演出してくれます。

この記事で紹介された商品の一覧

全11商品
商品画像
ブランド名 ちふれ(CHIFURE) インテグレート(INTEGRATE) ケイト(KATE) ランコム(LANCOME) ディオール(DIOR) エトヴォス(ETVOS) エムアイエムシー(MiMC) ニールズヤード(NEAL'S YARD REMEDIES) エチュード(ETUDE) ミシャ(MISSHA) イニスフリー(innisfree)
商品名 モイスチャーパウダーファンデーション (33 オークル系) プロフィニッシュファンデーション(レフィル) シークレットスキンメイカーゼロ リキッド(02 標準的な肌) タンイドル ウルトラ ウェア リキッド(BO-02) ディオールスキン フォーエヴァー クッション(標準色:2Nニュートラル) マットスムースミネラルファンデーション(#35 明るめの標準的な肌色) ミネラルリキッドリーファンデーション (102 ニュートラル) ミネラルファンデーション(02 ピンクベージュ) ダブルラスティング ファンデーション(アイボリー) グロウ テンション(ベージュ) マイファンデーション(N21 ナチュラルベージュ)
特徴 ケース・鏡・スポンジ付きで驚きのプチプラ価格! - - 脂性肌さんでも使いやすい「ランコム」のリキッドファンデ - - - - - - -
最安値※表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって異なります。 - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 1,280 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 4,758 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 5,995 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 2,530 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 8,250 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 1,490 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 1,410 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る
商品リンク 楽天で見る ¥880(税込) Yahoo!で見る ¥880(税込) Amazonで見る ¥880(税込) 詳細を見る ¥1,430(税込) 楽天で見る ¥1,381(税込) Yahoo!で見る ¥1,280(税込) Amazonで見る ¥1,760(税込) 楽天で見る ¥4,758(税込) Yahoo!で見る ¥5,500(税込) Amazonで見る ¥8,197(税込) 楽天で見る ¥5,995(税込) Amazonで見る ¥6,445(税込) 楽天で見る ¥2,805(税込) Yahoo!で見る ¥2,530(税込) Amazonで見る ¥3,300(税込) 楽天で見る ¥8,250(税込) Yahoo!で見る ¥8,580(税込) Amazonで見る ¥8,800(税込) Yahoo!で見る ¥3,960(税込) Amazonで見る ¥3,960(税込) 楽天で見る ¥1,750(税込) Amazonで見る ¥1,860(税込) 詳細を見る ¥1,490(税込) 楽天で見る ¥3,080(税込) Amazonで見る ¥1,410(税込) 楽天で見る ¥2,640(税込) Amazonで見る ¥2,640(税込)
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW